ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

住良木うつつ

すめらぎうつつ

住良木うつつ(Sumeragi Utsutsu)とは、ソーシャルゲーム『きららファンタジア』に登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

私なんて、きっと虫けらみたいなものよ。 存在が小さすぎて、誰の記憶にもないんだ……


概要

きららファンタジアのメインクエスト第2部『断ち切られし絆』から登場する主要人物の一人。


ある日突然に空から落ちてエトワリアに現れた日本の女子高校生。

エトワリアに来るまでの記憶がなく、どの「聖典」にも登場しない謎の少女で、彼女自身エトワリアに来るまでの記憶がない。

うつつの故郷を捜す為にきらら達と一緒に旅に出て、きらら達との冒険を経て、徐々に自分の居場所を見つけていく。


プロフィール


容姿

髪型はロングヘアーでやや紫っぽい髪色をしており、服装は上には制服をしており、その下にはワンピース服を着用している(イラストレーションズ3巻で判明)。

下半身には黒タイツとその上にサイハイブーツを履いている。


体格については「な体」をしており、後述の水着衣装における召喚台詞から当の本人はコンプレックスを抱いているようだ。


人物

恐ろしいほどのネガティブ思考の持ち主。口癖は「死にたい」「死のう」。

所謂コミュ障であり、筋金入りの陰キャ


ピンチになれば普段は「逃げよう」など、諦めの速さの持ち主ではあるが、誰かを助ける際は勇気を持って行動をする事はできる。

自分の居場所はないときらら達と初めて出会った当時は思い、孤立する事が作中で多かったが、きらら達との冒険を経て徐々に自分の居場所を見つけていく。

結構なツンデレで、素直になれなかったり照れ隠しもしている。


対人恐怖症で、特に陽キャに関しては大の苦手で、陽キャ相手に対して卑屈で自虐的な態度をとるが、突っかかっていくなど能動的な行動はとらない。

また、明らかに陽キャにはみえない人物を相手に陽キャ扱いすることもある。

……とはいえ、うつつ自身もきらら達やメディア、そしてクリエメイト達と出会ったことで成長していき、6章の放課後ティータイムのことを「陽キャ全開の音楽も悪くない」と発言し、興味を示していた。


戦闘能力があるきららとランプと比べて「自分は助けられてばかりで何の力もない」と焦っていたが、7章できららを助けるために強くなることを決意し、2章でメディアから貰った菫色のペンが大きく杖みたいになり、きららとランプみたいに戦闘能力を得ることになり、共に戦えるようになった。


人間関係

新たな出会い

最初はきららとランプのことを陽キャ扱いし、仲良くなれないと思い孤立することが多かったが、旅を続ける度にきらら達とうつつの絆を深めていき、7章ではうつつがきららに対して「きららがいれば大丈夫なんだって!」と絶大に信頼していた。


1章までは前述の口癖と共に自殺を仄めかす台詞を言ってきららとランプが止める立場であったが、2章以降は口癖は言うものの自殺を仄めかす台詞はほぼ無くなった。旅を続ける度にランプはうつつの影響を受けたのか、7章でランプがきららを一度忘れてしまったことに「死んでお詫びします……!」と発言し、当の本人は自分とキャラが被ると困惑していた。


マッチの事は「変な生き物」と呼び(4章では一度だけ名前で呼んでいる)、出会った当初は「嫌い」と言うほどの明確な苦手意識を持っていたが、シナリオが進むにつれて苦手意識がなくなっていく。

マッチは「変な生き物」呼びに対して反論していたが、いつの間にか気にしなくなった。


センシティブな作品

ポジティブなメディアとネガティブなうつつと真逆の関係。そのため、うつつはメディアと出会った当時は苦手意識を持っていた。

しかし、メディアのボディーガードをしている際や菫色のペンを貰うなどによって仲良くなっていき、今では特別な関係になっている。


ハイプリスは混沌の使者と出会って、うつつの一部の力を手にしており、うつつの知識や感情の一部を共有している。

本編では彼女からうつつの存在を否定し絶望へと陥らせようとしていた。

しかし外伝イベントでは、絶望してもなお前へ進み続けるうつつの姿を見て、ハイプリスは希望を抱き聖典や神殿も変われると考えを改めている。

その後は、真実の手達をナイトメアウツカイから解放するために共に行動し、彼女が辺境の地へと旅立ってからも友好関係を築いている。


出会った2章当時は後述のウツカイとの関連性から疑われ、全く信用されていなかった。

しかし、うつつとメディアとの関係を見て信用されるようになる。

7章ではうつつ自身が成長したことによって「出会った頃とはまるで別人」とまで称されていた。


陽キャ扱いではあるものの、野田ミキがあまりにもポジティブ過ぎた影響なのか、ナミコさんに関してはちょっと話しやすいタイプのようだ。

作中での絡みは多く、うつつの事を励ましたり、暗い絵を肯定されたり、更にうつつが描いた絵を見てみたいと思っていた。ナミコさんと別れた後はスケッチブックを購入し、6章ではうつつが描いた素敵な表情をしたナミコさんの絵をメディアに見せている。


第2部で初めて陰キャ扱いしたキャラクター。

どちらも引っ込み思案な性格で、うつつにとってはきらら達やメディア、チノにとってはココアが特別な存在である。ただしうつつと異なり、チノは引っ込み思案な性格を克服できている為、その様子を見たうつつからは「しっかりしてる」と称しショックを受けていた。

とはいえ、その後の「(陽キャなクリエメイトと比べて)でも、あのチノって子は――」と思ったりするなど、自分とチノを重ねている場面は多い。


作中でのチノとの絡みは非常に多く、真夜中のコーヒータイムで特別な人について語り合ったり、要塞みたいなカフェの潜入時でココアとのパスを切られてしまってもなお、一歩でも前へ進みココアを助けるチノを諭したりしている(うつつもまた、2章でメディアを助けるために行動したこともあった事から状況が酷似している)。そして、うつつはかつてのメディアがしてきたように、チノの手を握って励ます。手を握られたチノは決して嫌がらず「うつつさんの手は温かく、ちょうどいい温度です」と安心して勇気がわいた。

別れの際は次に会うまではもっと成長するとお互いに意気込んでいた。


かおすと初めて会った時は似た者同士だからか陽キャ扱いせず、親近感を抱いていた。

そのためか、8章の他のこみっくがーるず主要が元の世界に帰っていくのに対してかおすと編沢だけは帰ることができなかった。

そして後述の正体にて大きな役割を見せることになった。


また編沢に関しては、明確には陰キャ扱いしてないものの、愚痴った際に共感された事によって、「まさか私の気持ちわかってくれるなんて……」と感服していた。


正体

最終章でうつつの正体が明らかになり、聖典の仕組みも判明。

ソラが聖典に記すために観測している無数の異世界は「神々の世界」と呼ばれ、ソラが観測することができないのが生まれたての世界「世界の素」である。

ただし、すべての「世界の素」が観測できるようになるとは限らず、観測されるようになるにはその世界が「特殊なエネルギーを有していること」が条件で、それがない世界は聖典にはならず、エネルギーに欠けた世界はやがては消える。


そして、うつつは消滅する世界の中の一人のクリエメイトで、本来は消えるはずの存在だったが、混沌の使者を名乗るものから救われ、うつつの一部の力をハイプリスに与えることになった。


自身の出自ときらら達を苦しめてきたこと、そしてハイプリスに存在を否定されてしまい、絶望して能力を暴走させてしまい、巨大な黒い剣を発現させる。

世界のパスが斬られかねない危機になったがかおすの「発表できない原稿は沢山あったが、一度作った物語は誰かにとって必ず特別で、あなたも……あなたの物語も……絶対に無価値じゃないです」とうつつの存在を肯定する言葉でわずかに正気を取り戻す。

そしてうつつは、「(自分は)かおすが描いた漫画の主人公だったんじゃないか」「でも私が面白くないからボツになったんじゃないか」と推測していたことを告白する。

しかしかおすはそれを否定し、「自分の描いたネームのキャラは全部覚えているが、うつつみたいな主人公はいなかった」「世には出せなかったけど、没になったネームのキャラもみんな私は大好き」「だからうつつも誰かからの「大好き」から生まれてきたはず」と諭す。


そして、かおすと編沢以外の3人もまた……


うつつが無価値なんて……そんな悲しいこと言わないで そんな悲しい顔をしないで

あなたが無価値だったなら今までの旅はなんだったんですか? あなたはここにいる

聖典の世界じゃなくていい 帰らなくていい あなたにここにいてほしい


きららちゃん達!【イラストまとめ】

きらら達やかおすを見て希望を見出したことによって絶望のクリエが白く輝きだし、きららに流れ込んだことによってきららが第2部衣装へと変化する。そして、きららとのパスを強くしたことによって巨大な黒い剣は砕け散り、その衝撃でサンストーンを言の葉の樹から落とすことに成功する。

砕け散った絶望のクリエを吸収したハイプリスとの激闘の末、勝利する。


リアリストが壊滅して数日後、帰る故郷がなく「ぼーっ……」と言ってふぬけていたが、メディアから「しばらく私と一緒に暮らしませんか?」と提案され、うつつは今の自分より良い奴になりたいとその提案を承択して、共に暮らすようになった。


そして、うつつの新しい日々はこれから始まるのだ。


その後のイベントでは性格面は相変わらずなものの、里の人達やクリエメイト達とは楽しく遊んでいる。


余談

  • 故郷

きらら達と共にうつつの故郷を探している。

名字、7章で「東京でリベンジする人なの?」の発言から少なくとも日本出身だと思われる。

また、序盤ではクリエメイトかどうかは不明だったが(女神ソラは「少し似た気配を感じるけどクリエメイトではなく、彼女が出てくる聖典に心当たりはない」…と言っているが、メディアからは「ソラですら知らない新たな聖典の世界から来たのでは?」と言われている)、混沌の使者によって消滅する世界から拾い上げられたクリエメイトと判明した。


また、最終章配信前にそれを示唆する場面が存在し、イベント「歩き続ける君のために」で何もない真っ暗な世界をひたすら落下していった(うつつ曰く、ずっと死にたかったけど、こんな死に方はいや!)。

エトワリアにやってきた際は記憶喪失で名前と年齢くらいしか分からなかったが、最終章を見ると実際は記憶喪失ではなく、没作品みたいに設定が固まっていなかっただけだったと思われる。


ちなみにうつつの能力やウツカイ、作中の扱いなどが原典から来ているとすると、原典は「ウツカイや触手を召喚する陰キャの絵描き少女が主人公」という中々尖った作品という可能性がある。


ウツカイの持っている謎の文字を読むことができ、エニシダによってクリエメイトの記憶を操作されている時に付けてある黒いモヤみたいな首輪を見れていた。

また、うつつがネガティブになるとナイトメアウツカイを生み出すことができ、4章で映像越しで見ていたロベリアからはハイプリスのお気に入りであるためか、嫉妬された。実は序盤から安全な所(女神ソラの神殿、スクライブギルドなど)でもうつつがネガティブになった同時に現れたことからきらら達もうっすらと感づいている様子はあったが、7章でアルシーヴからうつつとナイトメアウツカイの関係は高いと推測した。


最終章で莫大な絶望のクリエがうつつの中に眠っており、それがウツカイを作り出し、コントロールができる唯一の存在と明らかになった。また、ハイプリスが同じことができたのは前述通りうつつの能力を共有しているに過ぎなかった。

そのため、うつつが作り出したナイトメアウツカイこそが真のオリジナルで、通常のウツカイや郵便ウツカイ、ガーディアンウツカイなどはハイプリスがナイトメアウツカイの実験体・プロトタイプウツカイから派生させ、開発された魔物であった。


  • パス

真実の手の一人サンストーンの「パスを切る能力」を7章でのきららのパスを切り、他のみんなはきららのことを忘れてしまったのに対し、うつつだけは何故が切ることができず、きららのことを覚えていた。

しかし、きららの「あなたは……!?」発言から明らかにうつつのことを忘れているような描写がある。


パスに関しては特に明らかにはならなかったが、推測だが「実際にパスは切られていたが、うつつの消滅する世界が故に没キャラみたいな存在なので、うつつだけは覚えていた」と思われる。


  • 声優

うつつの声優を担当している前田佳織里氏は、きらら作品では『球詠』の武田詠深を演じたことがある声優であり、きらら作品以外の作品でも、例えば『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』の桜坂しずく、『アサルトリリィ』の今叶星などで有名な声優である。

前田佳織里氏が演じる殆どのキャラの性格は、ネガティブな性格であるうつつとは正反対で、明るい性格をしているキャラになっていることが多い。そのため、前田佳織里氏が、ネガティブな性格であるキャラを演じるという事例はかなり珍しいと思えるだろう。

なお、一緒に冒険したことがあるきらら中の人とは『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』で一緒にしていた。また、前述した通り、うつつは、チノ萌田薫子に対して親近感を感じたこともあるのだが、その二人の中のとは『アサルトリリィ』でしたことがある。


プレイアブル化

住良木うつつ【第2部/期間限定】


「ちょ、ちょっとぉ。ゴミみたいな能力しかない

 私なんかを、どうして引いちゃったわけぇ……?

 どうせ爆死したって思ってるんでしょぉ……。

 うう…… 召喚されてきてごめんなさい。」


7章追加の2022年4月13日にサポートNPCとして選択可能となり、4月20日にピックアップ召喚されたことによって入手可能になる。

月属性のアルケミストで、第2部ではメディアと同じく専用モーションとなっている。


とっておきのスキルは敵全体に魔法の特大ダメージと月属性を中ダウンさせる「勇気を出して」。

その他のスキルは敵全体に魔法の特大ダメージを与え、味方全体のSPDを大アップさせた後、自身に弱気と孤立を付与する「うう……!メチャクチャ怖い……!」、味方単体の魔法攻撃が一度だけ大アップと狙われやすさが大ダウンさせる「あ、足だけは引っ張らないようにしないと……」を使用する。


メディアとは非常に相性はよく、うつつの弱気と孤立はメディアが、メディアのヘイトアップはうつつがそれぞれ打ち消せる。


住良木うつつ【水着/期間限定】

👒🦑


「貧相な体だって思ってるんでしょぉ……。

 わかるもん。そういう目してるもん。

 こんな格好じゃ紫外線も視線も防げない……。

 もうやだ。やっぱり水着になるんじゃなかった。」


2022年8月10日に実装された月属性のナイト。

実質的にこのイベントで初登場となる。


とっておきのスキルは敵全体の月属性耐性を大ダウンさせ、月属性の特大ダメージを与える「夏の友達……?」。

その他のスキルは敵全体に大ダメージと自身のATKが大アップさせる「邪魔はさせないんだからぁ……!」、自身の狙われやすさが大アップと三度だけ攻撃を大きくカットするバリアを張り、自身に弱気と孤立を付与する「心が折れそうになっちゃうでしょ……!」を使用する。


関連イラスト

【きららファンタジア】うつつちゃんうつつちゃんガチャ待ってますの絵

第2部はじまりましたねメディうつ


関連タグ

きららファンタジア 断ち切られし絆

陰キャラ ネガティブ コミュ障 引っ込み思案 ぼっち元ぼっち


主人公と旅のお供

きらら ランプ マッチ


関係者

メディア ウツカイ ハイプリス 混沌の使者


表記揺れ

佳良木うつつ


カップリング

メディうつ


関連・類似キャラクター

  • チノご注文はうさぎですか?):似た者同士繋がり。前述の通り、5章でこの2人の絡みは非常に多い。
  • 萌田薫子こみっくがーるず):チノと同じく似た者同士繋がり。前述の通り、最終章でかおすの励ましによって終止符へと導いた。それ以前にリアルイベント「4th ANNIVERSARY FES.」の朗読会で共に登場し、他のクリエメイト達に対して苦手意識を抱く一方で、かおすに関しては「この子が一番安全そう」と思っていた。「サマーフェスタ2022」でも登場している。
  • 村上椎奈ステラのまほう):ネガティブ思考の人見知り繋がり。イベント『ビーチシャークパニック』では両者共に心の中で「なんにしても、グイグイこないのは助かる……」と思い、安心していた。
  • 後藤ひとりぼっち・ざ・ろっく!):ネガティブ思考の人見知り、そして物語の中で様々な経験を通じて成長していくキャラクター繋がり。「ぼっち・ざ・ろっく!」参戦イベント『ぼっち・ざ・路上ライブツアー』でうつつとひとり以外にネガティブ思考の仲間と一緒に友達部として組まされた。
    • ぼっち・ざ・ろっく!の編集担当者が千葉先生のうつつのイラストを見て「ぼっち・陰キャっぽいキャラを上手く描いていただけるのでは?」と考えてオファーされ、公式アンソロジー1巻において表紙を担当した。
  • 武田詠深球詠):中の人繋がり。それ故にリアルイベントの「4th ANNIVERSARY FES.」「サマーフェスタ2022」で共に登場している。性格自体は正反対ではあるが。

関連記事

親記事

きららファンタジアのキャラクター一覧 きららふぁんたじあのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130283

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました