2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

その絆はとうに『切れて』います。 我が心はすべてハイプリス様の下に

ちっ……その友情への幻想が、私たちを苦しめるんだ!
やはり、その絆は断ち切るしかない! 我らは、所詮、孤独でしかないのだから……!

※この記事にはネタバレ情報を含んでいます。

プロフィール

キャラクターデザインはりかも
CV大橋彩香


概要

アプリゲーム『きららファンタジア』の第2部『断ち切られし絆』から登場する人物。
ハイプリスに仕えるリアリストの幹部「真実の手」の一人で、「右手」の異名を持つ。

左半分の白髪と右半分の黒髪二色髪、太陽と月の髪飾りをした少女で、褐色の肌で、水着のような恰好をしている。

主要人物の一人であるため第2部OPムービーで登場しており、ハイプリスとウツカイと共に映るシーンとけいおん!平沢唯と戦うシーンがある。

人物

冷徹で寡黙な性格。
絆や繋がりに対しては「人を縛る鎖」として誰よりも否定している。

主君のハイプリスから絶大な信頼を得ている実力者で、彼女の側近として振る舞う等、リアリスト側のNo2・右腕のポジションにいる。
ハイプリスの命令は絶対的で忠実に従う。その忠誠心は極めて高く、外伝でハイプリスが今までの行動を捨てたことにもあっさりと受け入れている。
そのため、サンストーンは聖典やクリエメイトの憎悪は特にないと思われ、あくまでハイプリスの命令を最優先にしている。サンストーンには他のとは違いナイトメアウツカイは憑りつかれていない(ある一名には別の強力なウツカイが憑りつかれているが)。

ハイプリスに執着し右腕になることを渇望しているロベリアからは実力を認めながらも一方的に嫌われている。しかし、サンストーンは「アレは、あなた(ハイプリス)に認められることだけが存在意義ですから」「自らの存在意義を他者に依存するなど、惰弱……」と(いつも通りの絆否定ではあるが)見下しているものの、ロベリア個人としては特に嫌ってはおらず、彼女の策略について高く評価していた。ただ、毎日靴紐が切れるように呪っているロベリアに対して、本人は「最近よく靴紐が切れると思った」と呪いに対しては困っている様子で、ルームアクションから解呪する方法を探している様子だった。
それ以外の真実の手達にも面倒見の良い様子がみられた。しかし、リコリスに対しては駄々をこねてハイプリスを困らせたり、ヒナゲシに理不尽な体罰には流石に嫌悪感を抱いた。

ハイプリスの発言から主人公・きららとは深い関係があるようで、サンストーン曰くその絆は既に「切れて」いると述べているようだが…?

能力

  • パスの感知

人と人の絆などの繋がりを「パス」と呼称しており、きららと同じく感知することができる。
そして感知したパスを、パスを切る能力で糸を断ち切っている。

  • パスを切る能力
サンストーン最大の能力。パスを切られた人はお互いに記憶から抹消され完全に他人と同じようになる。
切られた本人の周りにも影響を与えており、リリスとどう知り合ったのかは覚えてなく、リゼシャロの関係がココアと出会う前の憧れでやたら遠い関係性になったりなどしている。
また、パスを切る能力はサンストーンでしかできないため、他の真実の手に「クリエメイトを捕まえて自分の元に連れてこい」と命令している。
パスを切る能力と禁呪「リアライフ」とは相性が良く、パスを切られた人はリアライフで容易く絶望に墜ちやすくなる。
また、人と人との絆だけでなく、人と「その人物が愛用していた物」との繋がりまで切れることができると6章で判明した一方で、住良木うつつのパスを切ることはできないことが7章で判明した。
あまりにもえげつないせいか、パスを繋ぐ能力を保有するきららからは怒りを見せている。

戦闘

初戦闘は第2部4章31節。武器は月と太陽を合わせたような特徴的な装飾の施された黄金の棟と黒い刃の刀。属性は陽。攻撃は全て物理で統一されている。
当初は暁光の名を冠する技のみを使用していたが、2部8章2節からは落日と白夜の名を冠する技を使用するようになる。「夜が明ける頃に差す日の光」を意味する暁光から「沈みゆく太陽」を意味する落日、「日の出前、日没後のかなり長い時間にわたって薄明が続く現象」を指す白夜へと変わり、また暁光に戻ってくるという流れは朝昼夜の太陽の運行と合致しており、サンストーンの名に相応しい構成になっている。
2部8章に入ってからようやく本領を発揮し始めたということだろうか?

使用した技

  • 暁光【絶】

 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用するチャージ技。敵単体に物理の大ダメージを与える。暁光の構えを使用した後のチャージ技として使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 落日【絶】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用するチャージ技。敵単体に物理の特殊ダメージを与える。落日の構えを使用した後のチャージ技として使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 白夜【絶】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用するチャージ技。敵単体に物理の大ダメージを与え、敵単体に10%の確率で孤立を付与する。白夜の構えを使用した後のチャージ技として使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 振り抜き
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与える。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 暁光の構え
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。自身に1回だけ攻撃を完全カットするバリアを張り、自身に5ターンの間だけクイックドロウを付与する。

  • 暁光【一刃】
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、自身のATKを4ターンの間だ特大アップする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 暁光【二襲】
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、自身のLUKを3ターンの間だけ大アップする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 暁光【三破】
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、自身のクリティカル時ダメージを2ターンの間だけ中アップする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 暁光【四撃】
 2部4章31節、2部7章17節、2部7章19節、2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、自身の物理攻撃を一度だけ小アップする。2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節では次のチャージ技を使用した時に落日の構えを使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 落日の構え
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。自身に1回だけ攻撃を完全カットするバリアを張り、自身に5ターンの間だけクイックドロウを付与する。

  • 落日【一刃】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、スタンゲージに10%のダメージを与える。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 落日【二襲】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、スタンゲージに20%のダメージを与える。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 落日【三破】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、スタンゲージに40%のダメージを与える。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 落日【四撃】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、スタンゲージに70%のダメージを与える。次のチャージ技を使用した時に白夜の構えを使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 白夜の構え
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。自身に1回だけ攻撃を完全カットするバリアを張り、自身に5ターンの間だけクイックドロウを付与する。

  • 白夜【一刃】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、敵単体のDEFを4ターンの間だけ大ダウンする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 白夜【二襲】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、敵単体の陽耐性を3ターンの間だけ大ダウンする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 白夜【三破】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、敵単体の狙われやすさを2ターンの間だけ中アップする。ナイトの目標を優先的に狙う。

  • 白夜【四撃】
 2部8章2節、2部8章30節、2部8章【試練】撫子のスクロールを求めて、2部最終章4節で使用する通常技。敵単体に物理の小ダメージを与え、敵単体の状態異常抵抗率を1ターンの間だけダウンする。ナイトの目標を優先的に狙う。次のチャージ技を使用した時に暁光の構えを使用する。ナイトの目標を優先的に狙う。

物語での動向

メインシナリオ第2部『断ち切られし絆

プロローグ『新たな旅、謎の女の子』
エトワリアの世界に住良木うつつがやってきた事と、ウツカイにうつつを捕えるように命令をしている。ハイプリスは手こずるようなら「真実の手」を呼び戻す必要があるに対して、真実の手は必要なく私1人でも十分と返しているが、ハイプリスからは「信頼してるからこそ、他に頼みたい仕事もある」と返され、納得する。

1章『まちカドまおう』
ヒナゲシに捕まえられたシャミ子のパスを断ち切り、ハイプリスのリアライフの力によってシャミ子は絶望のクリエを生み出す魔王シャドウミストレスへと変貌させた。その後はハイプリスと共にヒナゲシの暗躍を見守っている。

2章『頼りはボディーガード?』
スイセンと共にヒナゲシに絶望のクリエを溜め込んだ結晶を送り届ける事と手伝いをしている。
送り届けた後はヒナゲシが捕まえて絶望に染まったスクライブ達をスイセンと共に転送準備をするために地下牢へ向かった。

スクライブ達の転送後はメディアの確保に失敗したヒナゲシと一緒に撤退しようとした時にきららから止められる。
その時のきららからは思い出せないものの胸が痛く涙が勝手に出るほど。
サンストーンも気まずいのがスイセンを足止めにし、自身はヒナゲシと共に撤退した。

3章『げいじゅつのみやこ』
キサラギのパスを断ち切っている。
また、他のクリエメイトのパスを切るために芸術の都に向かう準備をしていたが、その間にきらら達によってクリエタンクを解放された事によってGA芸術科アートデザインクラスのクリエメイト達は元の世界へと帰って行った。
なお、帰る前にリアライフが解けたキサラギの似顔絵によってサンストーンがパスを切る能力を保有していることをきらら達に知られることになった。

4章『うつつはひとりぼっち』
きらら達に敗北したロベリアが女神ソラの神殿に連れて行かれそうになった時に助けに行く。
この時のきららも涙が勝手に出てしまうが、本人は「鬱陶しい」と言葉を出す。
その際にうつつの「クリエメイトのパスを切ったり、きららの事を苦しめるあんたはなんなの!」と勇気ある行動に免じてサンストーンは答える。
絆など不要でクリエメイトのパスを断ち切り、そして自分自身の絆を断ち切った。
その自分自身の絆の切った相手はきららで、その次に──……


それも、今日、完璧に断ち切る ……さよなら、姉さん


サンストーンは完全に絆を断ち切るためにきららを襲うが、わからないけどサンストーンにだけは負けちゃいけない気がすると、きららは抵抗する。
きららは「姉さんってどういうことなの」と質問するが、サンストーンは答える必要はないと一蹴。
ロベリアが簡易転移陣が完成したら次はうつつをもらうと宣言し、ロベリアと共に撤退した。

5章『ご注文はゲリラですか?』
ココア聖典に詳しかったヒナゲシの指示でココアのパスを迂遠なやり方で、シャロ千夜リゼの順を絆を切り、最終的にココアの一番大切なチノの絆を断ち切り、本拠地に戻っていった。

6章『はじまらなかったものがたり』
きららに捕捉される前に放課後ティータイム全員と唯が愛用しているギー太のパスを断ち切っている。
次なる目的である“七賢者全ての聖典の繋がりを断ち切る”準備をしている事をカルダモンに聞かれてしまい、それに気づいたサンストーンはカルダモンと聖典の繋がりを断ち切ろうとするが、彼女の足の速さに敵わず逃げられてしまう。
カルダモンに逃げられた件はハイプリスに謝罪するが、特に叱責されることはなかった。

……そして、全ての真実の手が揃い自体、七賢者襲撃作戦が始まろうとしている。

7章『連鎖する悪夢』
真実の手が揃い、写本の街を襲撃している。
スズランによる転移装置の細工によってバラバラにされた七賢者を襲撃し、カルダモンのパスを断ち切ろうとするが、きららがカルダモンを庇い、そのままきららのパスを断ち切る。その後セサミやカルダモン、ハッカと七賢者が3人いたことから不利と判断し、後退する。

しばらくは様子を見ていたが、きららとうつつの間にあるパスだけは何故か切ることができず、うつつの活躍によってきららのパスが復活してしまう。
スズランの夢幻魔法とエニシダの呪いの歌で、ダチュラの毒を喰らって倒れた七賢者4人を悪夢を見せていたが、きらら達によってシュガーを悪夢から解放されたことによって再出撃する。
ソルトの夢ではスズラン、カルダモンの夢ではロベリアと組んできらら達と戦うが、撃退されてしまい、悪夢から解放されてしまった(ジンジャーの夢では襲撃しなかった)。

結果、七賢者襲撃作戦は失敗に終わり、ロベリアとスズランと共に撤退することになった。

8章『旅の終わりは近づいて』
かおすや仲間がソラの神殿でさらったソラ、アルシーヴのパスを断ち切っている。
きららが自分の悩みの話している最中に乱入し、二度と余計なことを考えられなくするためにきららのパスを断ち切ろうとするが、横から入ってきたランプに邪魔をされてしまう。
ランプにあるきららとの間のパスを断ち切ることは成功し、ハイプリスから女神候補生を連れてくるように命じられていたことからランプを辺境の大神殿へ連れて帰る。

辺境の大神殿でかおすがきららによってパスを戻された際にハイプリスから再びかおすから
絶望のクリエを絞りとるために呼ばれきらら達を襲うものの、劣勢になりピンチに陥るが、ロベリアが盾になってくれたおかげで、ハイプリスと共に奥にある転移装置を使ってソラの神殿へ向かう。

最終章『終わってから始まる物語』
ソラの神殿の最上層部できらら達とかおす、編沢がやってきた際に不意打ちできららのパスを断ち切ろうとするも失敗する。
ハイプリスがうつつの正体を喋り、うつつが絶望して能力の暴走によって巨大な黒い剣を発現し、聖典の世界とエトワリアの絆を断ち切るために巨大な黒い剣を手にしようときららと対峙する。
きらら達やかおす、編沢がうつつを慰めたことによってうつつが希望を見出し、絶望のクリエが白く輝きだし、そしてきららに流れ込んだことによって第2部衣装へと変わる。

きらら「これ以上、絆を断たせない……!」
サンストーン「黙れッ! 絆も繋がりもいらない! それは人を縛る鎖だ!」
きらら「違います! どんなに嫌がっても…… 全ての人は、誰かのおかげで生きてるんです!」
きらら「拒絶さえしなければ、本当の孤独なんてない!」

その後、きららがうつつとの繋がりを求めて絆がより強力になったことによって、巨大な黒い剣は砕け散り、その衝撃によってサンストーンは言の葉の樹から落ちてしまった。

ハイプリスが敗北しリアリストが壊滅した後の数日後、ランプの口から行方不明になっているようだ。
行方不明に何をやっていたかはキャラクターシナリオ『何よりも大事な存在』でわかる。

外伝『リアリストたちの未来』
ハイプリスが神殿に捕まったことを知り神殿へ向かう。
神殿の前にハイプリスとうつつ、メディアと対面し、ハイプリスからは聖典の世界を断つことを諦めて、これから真実の手達をナイトメアウツカイから解放すると言われ、サンストーンはハイプリスの意見を受け入れ、同行する。

真実の手解放の度にうつつからはきららについて聞かれてたが、無視していたが、シュガーやソルト、ヒナゲシやリコリスの関係をみて揺らいでしまう。
全ての真実の手達を解放した後はハイプリスの提案できららに会うことを決める。

イベントシナリオ

「歩き続ける君のために」では顔見せ的な登場をしたように思えるが、学園生活部の見る事となった悪夢の中で、「かれら」に倒された学園生活部のメンバーが残されたメンバーの記憶から消えていった事から、「パス」を切る役割を担っていたのだろう。
きららが、本来であれば「コール」の力で呼びえない存在を呼びだせたのも、きららとの関係を考えると興味深くもある。

プレイアブル化

★5サンストーン【第2部/期間限定】

2022年10月12日にハイプリスとエニシダと共にプレイアブル化として実装された。
職業はせんしで属性は敵対峙と異なりまさかの月属性。

とっておきのスキルは「自身」の物理攻撃が一度だけ特大アップと「敵単体」に月属性の超特大ダメージを与える「黎明【絶】」。
その他のスキルは「敵単体」に月属性の特大ダメージと「自身」の月・陽属性の耐性を一定ターン大アップさせる「黎明【一刃】」、「自身」のクリティカル率が一定ターン大アップとクリティカル時ダメージが一定ターン中アップ、そして「自身」にこりつを付与させる「黎明の構え」を使用する。

守りを特化したきららに対してサンストーンの場合は攻撃を特化しており、カレンを上回るほどの攻撃性を誇っている。
また、黎明は「夜明け・明け方」を意味する。

余談

  • きららとの関係

前述の通り、サンストーンはきららの妹である事が判明した。
両親がおらず、辺境の村で周囲の人々に育ててもらってきたきららは「いなくなった私の両親をサンストーンは知ってるのかな……?」と思い始める。
きららは自身の出自や心配性からサンストーンに対して弱気になりながらも気に掛けているが、サンストーンは「鬱陶しい」とひたすら邪険にしている。一方でサンストーンはきららに対してひたすら避けようとしている。
過去には一緒に歌を歌ったりなどしたらしく仲は良かった様子だが、過去について終わったと主張し、うつつにきららの話をしないでほしいと言っている。しかし、シュガーとソルト、ヒナゲシとリコリスの関係を見て揺らいでしまう。
サンストーンの実装の戦闘台詞やキャラクターシナリオ『結び直されていく絆』などから後日談で過去が明らかになるのは間違いないと思われる。

  • 名前の由来
他の真実の手が毒性のある花を由来しているのに対して、彼女は名前通りに宝石「サンストーン」……と、石を由来した名前である。
きららもまた、同じく石を由来した鉱物「雲母」で、雲母の英語ではマイカと呼ばれており、それを内包された“マイカサンストーン”という希少な宝石が存在する。

  • 伝説の召喚魔法『コール』
コールを使うにはパスの感知が必要不可欠だが、サンストーンはパスを感じられるので使用できると思われる。
……もっとも本人的にクリエメイトを今まで苦しませたうえに、きららとは反対の立場と主張していることから使用することはないと思われる。

前述通り第2部OPムービーで唯と戦うシーンがあることから、メインシナリオで関わるのでは?と期待されていた。
しかし実際は6章でパスを切ったと明言はしているものの、この2人が一緒にいるシーンは一切なかった。

ちなみに第1部OPムービーで九条カレンジンジャーが戦うシーンがあり、この2人はメインシナリオ第1部5章で大きく関わっていた。

  • 声優
声優は大橋彩香であり、代表作に『アイドルマスターシンデレラガールズ』の島村卯月、『アイカツ!』の紫吹蘭、『BanG Dream!』の山吹沙綾などがある。特に卯月とは名前関係で対照的になり(サンストーンは『サン=太陽』、卯月は『月』が入っている)、沙綾に至っては姉妹関係で対照的になる(サンストーンは前述したように、きららの妹であるが、沙綾は弟と妹を持つ姉の設定を持つ)。

  • サマーフェスタ2022
サンストーン役の大橋彩香女史が出演し、このリアルイベントの朗読にサンストーンが登場している。本編のシリアスと比べると比較的にコミカル寄りに描かれている。

道中にきららとランプと遭遇し、増援でも呼ばれたら面倒と思いきらら達の前から逃げようとするが、きららによって手を掴まれてしまい、雨で崖を崩れて落下してしまう。
サンストーンは記憶喪失になってしまい、「姉さんはどこ?」って発言し、きららが「姉さんは私だよ」と返される(ランプはその会話に困惑していた)。
記憶喪失のままだと可哀想だと思いきらら達によって里に連れていかれ、家族ごっこをやらされてしまう。
うつつがパパ役で、メディアがママ役と認識している一方で、ランプは他人扱いしていた(ランプ本人はきららの幼馴染と主張しているが)。

後に記憶を取り戻しクリエメイト達を内部から崩そうと思っていたが、里を騒ぎになる上にハイプリスの計画に支障が出ると判断してやめている。
里から離れようとするが、記憶を取り戻したことに感づいたきららが追ってきて、きららが「あなたは私の妹なの?」と言われるが、いつも通りに「それ以上、何も言うことはない」と一蹴にする。
そして、サンストーンは「助けてくれたのは感謝するが、それも今回だけだ 次に会った時は容赦はしない」と言い、きららもまた「私もあなた達の計画を止める」と言われ、朗読は終了した。

きららが「お父さんやお母さんを知っているの?」の発言に対して溜息しながら何も返せなかったり、記憶喪失時に「姉さんはどこ?」と焦るような言動が見られた。

関連タグ

きららファンタジア 断ち切られし絆

リアリスト

リーダー
ハイプリス

真実の手
ヒナゲシ リコリス スズラン ロベリア スイセン エニシダ ダチュラ

魔物
ウツカイ

関係性の深い人物

きらら

関連記事

親記事

ハイプリス はいぷりす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1960

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました