ピクシブ百科事典

目次[非表示]

野々原ゆずことは、漫画「ゆゆ式」に登場する人物。

アニメでの声優大久保瑠美

人物像

情報処理部3人組の一人。3月24日生まれ、血液型A型。
「賢いのにアホの子」という矛盾した存在。勉強は相当できるが、普段はふざけてばかりいる。そもそも頭良さそうに見られたくないと思っており、そのために視力が悪いのに普段は無理してでも眼鏡を掛けずに過ごしているなどボケに対して信念に近い異様な執着心を持っている。

実は素で天然ボケであり、主に大好きなを発見した時にそれが発現する(我を忘れて付いて行ってしまったり、意味不明な奇行を取ったりする)。

初期から中期辺りはよくいたずらをしており、特ににたびたびセクハラをしている。いつものボケもこのセクハラも、半分唯に突っ込まれることが目的だったりするなど多少ドM疑惑もある。顧問の松本頼子に対してもセクハラ的な行動が目立つ。なお、この事は後期になると減少気味になり、意味深なボケをかますだけの事が殆どになった。また、セクハラもセリフだけで済ます事が殆どになっている(例:「唯ちゃんにドレッシングかけるってのはどう?」、「唯ちゃんの吸盤見して」など)。

情報処理部の活動実態は「(部長)の気まぐれテーマを適当に調べる」なのだが、実際には「気まぐれテーマ」の出所はほとんどゆずこで、縁はゆずこの発言の中から気に入ったキーワードを選んでいるだけである。
また、最後に「まとめ」をホワイトボードに書くのもゆずこの役目である。

ちなみに唯と縁は小学校以来の幼馴染同士だが、ゆずこも唯や縁と知り合ったのは中学時代であり、高校に入ってからではない。アニメ第5話は、そんな微妙な距離感を反映した「唯と縁 とゆずこ」(※スペースに注目)。
アニメの公式ガイドでは、中の人によると、「唯と縁の間に入っていけない幼馴染の絆がある」と勝手に疎外感を覚えている(唯と縁はそんな事は考えていない)と思うとのこと。

作中では後ろ姿しか登場していないが、姉が一人いる。

容姿

ピンク髪ショートカットで、カールしたアホ毛がある。靴下は白いショートソックス。
一応眼鏡は「もしもの時のために(本人の弁)」携帯しているが、実際にはいつもどうでもいいところでボケるためにかけている。
瞳は、漫画的表現ではなく実際に赤い(人口の0.001%(10万人に1人)程度)。

関連イラスト

ゆずこ
ゆずこ


ゆずたん


ゆずこ
あたたか~いゆずこ



関連タグ

ゆゆ式
ホヒッ 野々原ですけど?

 櫟井唯 日向縁 松本頼子
  • その他クラスメイト
 岡野佳 相川千穂 長谷川ふみ

関連記事

親記事

情報処理部 じょうほうしょりぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「野々原ゆずこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2581486

コメント