ピクシブ百科事典

荻野目苹果

おぎのめりんご

アニメ『輪るピングドラム』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV.三宅麻理恵

"運命"という言葉が好きなストーカー少女。口癖は「デスティニー!」。
思い込みが激しく行動的な性格。
苹果が持っている"ピングドラム"を求めるプリンセス・オブ・ザ・クリスタルから命令された晶馬冠葉にストーキングされる。だが苹果自体、晶馬と冠葉の担任教師である多蕗桂樹の住むマンションの床下に潜むストーカーだった。
日記(ピングドラム)に書かれた"運命"に沿って"プロジェクトM"を遂行すべく行動している。
荻野目家の毎月20日に大切な人と一緒にカレーを食べる「カレーの日」という風習を大事にしている。

偶然陽毬と出会い友人関係となり、高倉家とは知り合いになる。
日記を付け狙う晶馬の事を最初は鬱陶しがっていたが……。

関連イラスト

苹果ぉおお!
2nd station


苹果
君の恋が嘘でも僕は



関連タグ

輪るピングドラム 高倉冠葉 高倉晶馬 高倉陽毬
荻野目桃果 多蕗桂樹 時籠ゆり
脳味噌ド腐れゲロ豚ビッチ娘 初夜中
晶苹

小説版

第9話までのネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい

----









ストーカーの理由

「運命日記」は苹果にとっては亡くなった彼女の姉・桃果が遺した単なる日記でしかない。
苹果が多蕗にストーキングするのは、多蕗が桃果と恋仲だった事に起因している。
桃果を失った事で両親の仲は険悪になり、苹果は「私がお姉ちゃんにならなければならない」という強迫概念に陥っていた。

多蕗に対する「プロジェクトM」なる計画を立ている。
このMは「マタニティー」のM……つまり多蕗の子を妊娠することだった(それを聞いた晶馬は「マッドネス(狂気)」だと反応している)
父が再婚相手にプロポーズして新たな家庭を作ろうとする光景に偶然出くわしてしまったり、多蕗がゆりとの婚約を発表した事で追い詰められる。

高倉家との関係

陽毬を救う為に必要なピングドラム(運命日記)を陽毬から奪うべく尾行していた冠葉と晶馬。
その苹果が陽毬と仲良くなった事に二人とも驚くが、冠葉はむしろ好機とみて晶馬を苹果に張り付かせる。

それ以後、基本的に陽毬との関係は良好。一緒に料理したりしている。
だが別人格のプリンセス・オブ・ザ・クリスタルには「ドロガメ娘」などと罵倒されている。
また「陽毬がいつも笑ってる向こうに隠してるもの」についても勘付いており、それにみてみぬ振りをしている晶馬を非難した事もある。

一方、冠葉からは完全に「陽毬を助けるための日記を持っている変態女」という認識でしかない。
その為、冠葉は晶馬が上手く行かない場合は力づくで日記を奪う事も考えている。

晶馬との関係

日記目当てで張り付いてくる晶馬の事を、最初は苹果も鬱陶しがっていた。
また晶馬の方も苹果がストーカーである事は知っているので、決して良好ではなかった。

苹果が池に落ちた時に人工呼吸して助けられたという話を多蕗から聞いて彼にキスされたと喜ぶものの、実際に人工呼吸して助けていたのは晶馬だった。
また新居への引っ越しに晶馬をコキ使ったり、惚れ薬の材料となるタマホレマガエルの卵を産ませるべく晶馬を全裸にひん剥いて一夜を過ごしたりしていく。
多蕗やゆり、苹果の母などの大人には、晶馬と苹果が付き合ってると解釈されてしまう。

そして父の再婚や多蕗の婚約発表で追い詰められた苹果は最後の作戦として、晶馬を連れて睡眠薬入りのモンブランを多蕗に食べさせて逆レイプしようとする。
だが晶馬によって寸前で止められ、逃げ出した後に晶馬と口論になってしまい彼から「きみは、僕が今まで会ったどの女の子よりも、心が真っ黒だ!」と言われてしまう。
その直後、逃げだそうとして姉の運命日記をバイクひったくりによって引き裂かれた上、その直後にに跳ね飛ばされた彼女を庇った晶馬が事故にあってしまう。
この時、小説版では晶馬のことを「大事なともだち」と独白している。晶馬が今まで苹果の運命だった姉の運命日記と同列に心配する存在になった事を伝えている。
だがその時の苹果には泣きじゃくりながら電話越しで晶馬の事故の事を陽毬に伝えることしか出来なかった。

そして現在、その思いは『友情』から『恋慕』へと着実な変化を辿っており、晶馬が彼女に大きな罪悪感を抱えて負い目を感じている一方、彼女はそれを受け止めようと「私は晶馬くんのスト-カーだから」と「愛の告白」ともとれる発言をしている。

pixivに投稿された作品 pixivで「荻野目苹果」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3611994

コメント