ピクシブ百科事典

修羅の双星

しゅらのそうせい

「修羅の双星」とは、機動戦士ガンダムの世界観をモチーフとしたガンシューティング。正式なタイトルは「機動戦士ガンダム スピリッツ・オブ・ジオン~修羅の双星~」。発売元はバンプレスト
目次[非表示]

ゲームストーリー

宇宙世紀0079年、地球連邦からの独立を求めるジオン公国と、それを阻止したい地球連邦との間では、一年戦争と後に呼ばれる戦争状態下にあった。

ジオン公国軍のMS-06 ザクIIは、言わずと知れた一年戦争の名機であったが、戦争後半になると、相次いで登場した新鋭機にその座を奪われるようになる。
だが、新鋭機に乗り換えずにザクIIをこよなく愛し続けた、ジオン軍に属する二人の猛者が居た。カート・ラズウェル中尉、ロビン・ブラッドジョー中尉である。北米降下作戦時、その輝かしい戦果から、彼等は「修羅の双星」とのあだ名を貰った。

愛機のザクIIとともに駆け抜ける「修羅の双星」の激戦が、ここに始まる…。

登場人物

カート・ラズウェル(CV:小山力也)

本作のオリジナルキャラクターで、1P側の主人公。
北米降下作戦時、ロビンとの強烈なコンビネーションで絶大な戦果を挙げた事により、「修羅の双星」の通り名を受けたジオン軍兵士。階級は中尉。
冷静沈着を地で行く性格で、お調子者のロビンをたしなめることもしばしば。
ストーリー後半(ソロモン戦あたり)で高機動型ザクを受領する。
パーソナルマーキングは角の生えた赤いドクロ。

ロビン・ブラッドショー(CV:三木眞一郎)

カート同様、本作のオリジナルキャラクターで、2P側の主人公。
「修羅の双星」と言う通り名は、カートとロビン二人セットで付けられたもの。
カートとは正反対の明るくノリの軽い軍人。だがその言動とは違い、作戦行動では決して無謀な選択は行わない慎重な一面も。
彼もストーリー後半で高機動型ザクを受領する。
パーソナルマーキングは角の生えた青いドクロ。

システム

ガンコントローラーは、ザクマシンガンを忠実に再現した形で、メインとサブの二つのトリガーがある。
コントローラーを画面から背けると物陰に隠れる動作をとり、相手の攻撃を避ける事が出来る。
またサブトリガーとの組み合わせにより、ザククラッカー・ザクバズーカー・ヒートホークなども使える手の込んだ仕様になっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「修羅の双星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1497

コメント