ピクシブ百科事典

トワニング

とわにんぐ

トワニングとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム」及び小説「ガンダム・センチネル」の登場人物である。

CV: 佐藤正治/二又一成/岸野一彦

人物像

ジオン公国軍准将。
ギレン・ザビの腹心であり、一年戦争末期、ア・バオア・クーでの最終決戦に於いてギレンを補佐するが、ギレンがキシリア・ザビの手によって暗殺された際に彼女の下に鞍替えし、「ギレンは戦死した」と宣言。その場に居合わせた将校達の混乱を鎮めると共にキシリアへの指揮権継承を認める。
そしてア・バオア・クー戦最終局面に於いてジオンの敗戦が濃厚になると、キシリアを要塞から脱出させるべく手筈を整え、彼女からア・バオア・クーの指揮権を引き継ぎ連邦軍に投降。しかし、キシリアはシャア・アズナブルの手によって謀殺され、彼の手筈は水泡に帰する事になった。

一年戦争終結後は戦犯としてアイスランドの収容所に収監されていたが後に脱走しアクシズへ渡りネオ・ジオンへ参画。艦隊司令に就任した。
そしてエアーズの騒乱に於いて敗走したニューディサイズに接触し、彼らを回収・保護した。
その目的は連邦軍の内戦を傍観しつつニューディサイズの熟練兵達を自陣営に取り入れる事にあり、連邦への抗戦を決めたニューディサイズの兵士達に試作型モビルアーマーゾディ・アック」とムサイ級軽巡洋艦一隻を供与すると共に負傷兵やアクシズへ渡る決意をした者達を受け入れ、その後ニューディサイズに対する援護として彼らを追撃するα任務部隊への挑発行動を行い、撤退した(この時点でネオ・ジオンは正式に連邦政府に宣戦布告を行った訳ではなく、戦闘は彼らにとっても本意ではなかった)。
その後の彼の動向は不明。

関連項目

機動戦士ガンダム ガンダムセンチネル
ギレン・ザビ キシリア・ザビ

関連記事

親記事

ジオン じおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トワニング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5894

コメント