ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガンダムMk-Ⅳ

がんだむまーくふぉー

ティターンズがオーガスタ研究所で開発した試作モビルスーツ。型式番号ORX-012(MSF-008)
目次 [非表示]

概要

カラバに対抗すべくティターンズアナハイム・エレクトロニクス社との裏取引により入手したMSF-007 ガンダムMk-Ⅲのデータを基に、オーガスタ研究所にて開発した機体。アナハイムから出向したフジタ博士がその開発にあたった為、ORXナンバーの他にMSFナンバーの型式番号を持つ。

ティターンズで開発された機体ではあるが、所謂「ティターンズカラー」で塗装されておらず、白を基調としたトリコロールカラーで塗装されている。

頭部やバックパック、下半身など後のガンダムMk-Ⅴに繋がるラインが見て取れる(但し、ガンダムMk-Ⅴは設計上既存のガンダムタイプに通じる部分は皆無に等しいとされている)。


武装はビーム・サーベルおよびビーム・ライフル。固定装備としてバックパックにはインコムが一基搭載されている。

シールドも有するが、こちらはMk-Ⅴのようにブースターとしての機能は無い。


ウェアヴォルフ

ガンダムエースで連載されている漫画『機動戦士ガンダム ウェアヴォルフ』にて、当機と思われる機体が登場。両肩と腰部のアーマー、カラーリングが異なっている。全体的に角張ったフォルムとなり、連邦系MSらしくなった。


武装はMk-IVと同一で、インコムも装備している。


月の裏側にある暗礁宙域「ゼブラゾーン」で極秘に性能評価試験を行うため、ティターンズ所属のペガサス級強襲揚陸艦「ヘカーテ」に搭載される。


余談

当機のデザインは、コミックボンボン読者からの公募デザインを石垣純哉氏が清書したものである。

…とされていたが、実際は石垣氏が一からデザインしており、公募ハガキは一切参考にしていないと石垣氏本人のツイートで判明した。


かなりマイナーな機体だけあり、ガンプラSDガンダムGジェネレーションシリーズでラインナップされているのみ。


関連項目

ガンダム Gジェネレーション

ガンダムMk-Ⅲ ガンダムMk-Ⅴ

関連記事

親記事

GジェネレーションオリジナルMS一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるもびるすーついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました