ピクシブ百科事典

バルゴラ・グローリーS

ばるごらぐろーりーすたー

バルゴラ・グローリーSとは、第3次スーパーロボット大戦Zに登場する人型機動兵器である。
目次[非表示]

概要

新世時空震動で翠の地球に飛ばされたバルゴラ・グローリーが、これを回収したサイデリアルによって強化・改修を受けた姿。バルゴラ改、バルゴラ・グローリーを経た実質的なバルゴラの最終形態である。

スフィアの研究に於いて地球よりも秀でているサイデリアルによって改修された事もあり、主兵装であるガナリー・カーバーにはスフィア制御システムが組み込まれ、これによって次元力を効率的に引き出し、スフィア・リアクターの意思をダイレクトにスフィアへ伝達する事が可能となった。
また、それに伴い「悲しみの乙女」のスフィアの影響で有機的に変異したカーバーの外装の上に、変異前の機械的なデザインの外装が追加されている。

機体本体は背部VWFSと脚部にブースターポッドが追加されており、これによって機体の最大速度が格段に向上している。
しかし、機体本体の改修は大規模的に行われた訳ではなく、武装のほとんどをカーバーに依存するバルゴラの欠点もそのまま受け継がれており、またスフィアの使用を前提とした事もあって武装からレイ・ピストルもオミットされている。

当初は翠の地球でサイデリアルのスフィア実験の為のテストベッドとして運用される予定であったが、本来の搭乗者であるセツコ・オハラが機体の所在を突き止め奪還作戦を決行。その際にセツコがサード・ステージのリアクターとして覚醒した事によって彼女の手に戻り、対サイデリアル戦の為の戦力として投入された。

武装

ナウティラス・カーバー

バルゴラの標準装備である全領域対応汎用武装システム「ガナリー・カーバー」が悲しみの乙女のスフィアの影響で変異した姿。他のスフィア搭載機とは異なり機体本体ではなくこちらにスフィアが搭載されており、バルゴラもまたスフィアの出力に耐えられるだけのポテンシャルを持って開発されている。
ビームの刃を展開するバーレイバー・サイズ、実体剣のジャック・カーバー、ライフル弾を発射するブイ・ストレイターレット、ビームによる直線攻撃を行うハイ・ストレイターレット、銃床で対象を叩きつけるヘルプ・ストライクが使用可能。
バルゴラ・グローリーSはそれらを組み合わせ、GSコンバット・アクションなど様々なコンバットパターンを展開する事が出来る。

ザ・グローリースター

バルゴラの開発を担った「グローリー・スター」の名を冠するバルゴラ・グローリーSの最大火力兵装であり、カーバーを展開しての高出力ビームで特定範囲内の敵を一掃する。
なお、使用時に乙女座の軌道を描き、射撃ポジションに付く。

関連項目

第3次スーパーロボット大戦Z
リ・ブラスタ ガンレオン ジェニオン

コメント