ピクシブ百科事典

一等星

いっとうせい

地上から見た「見かけ上の明るさ」が1.5等級以上の恒星のこと。
目次[非表示]

概要

人間が目視できる天体は通常六等星までである。地上から見た明るさを視等級と呼ぶが、2.5倍の明るさになるごとに等級は上がっていく。基準となるこぐま座α星「北極星ポラリスを2.0等級として、そこから差し引きして1.5等級以上の恒星を便宜上一等星と呼ぶ。すなわち、1.0等級であれば6.0等級の100倍の明るさを有していることになる。ちなみに太陽-26等星である。
一等星は大気が汚れていたり、地上の電灯や夜空の満月などによる光害があっても見つけやすいことから、天体観測において基準となることが多い。
参考のために太陽系の天体も挙げておくと、が-12.5等級、金星火星木星がそれぞれ-4.7、-3、-2.9である。

ただ、視等級は地球から見てどれほど明るく見えるかであり、実際の星の大きさや光の強さとは一致しない。近い天体の方が視等級が高くなる傾向にあり、中には天体が連星になっているため明るく見える場合や、遠いけど星自体が極めて巨大なため地球までバリバリ光が届く場合も見受けられる。

その知名度と名前のカッコよさから、よく創作や商品の名称にも使われる。

一等星一覧

視等級順位等級名称星座符号季節備考
1-1.46シリウスおおいぬ座α星冬の大三角の一つ、天狼星。「焼き焦がすもの」の意。泰山天狼拳の人雑誌の名前にもなった。
2-0.74カノープスりゅうこつ座α星長寿星。
3-0.1リギル/アルファケンタウリケンタウルス座α星南天太陽系に最も近い恒星。リゲルと名前が似ているのはこちらも「足」を表す為
4-0.05アークトゥルスうしかい座α星麦星。スピカと対をなす「男星」。「を護るもの」の意
50.03ベガこと座α星織姫星。「落ちる鷲」の意。サイコウェーブ。
60.08カペラぎょしゃ座α星冬のダイヤモンドの1つ。「牝山羊」の意。マツダの車の名前にもなった。
70.13リゲルオリオン座β星冬のダイヤモンドの1つ。青白いので源氏星と呼ばれる。「足」の意。
80.37プロキオンこいぬ座α星冬の大三角の1つ。「犬に先立つ者」の意。
90.42ベテルギウスオリオン座α星冬の大三角の1つ。赤いので平家星と呼ばれる。
100.46アケルナルエリダヌス座α星南天「川の果て」の意。
110.6ハダルケンタウルス座β星南天「地面」の意。
120.67アクルックスみなみじゅうじ座α星南天名前はそのまま「南十字座α星」の意
130.76アルタイルわし座α星彦星。「飛翔する鷲」の意。
140.86アルデバランおうし座α星冬のダイヤモンドの1つ。「(すばるの)後に続く者」の意。牡牛座の聖闘士
150.91アンタレスさそり座α星赤く輝く色から「火星への反逆者」の名が関せられた。ウルトラマンレオとも戦った
160.97スピカおとめ座α星真珠星。アークトゥルスと対をなす「乙女星」。「麦穂の先」の意。イタリアの自動車メーカーの名前にもなった。
171.14ポルックスふたご座β星冬のダイヤモンドの1つ。双子の不死身な弟の方。生身の兄(α星カストル)は1.58等星
181.16フォーマルハウトみなみのうお座α星「魚の口」の意。秋空で唯一の一等星
191.25デネブはくちょう座α星夏の大三角最後の1つ。「尾」の意。侑斗をよろしく。
191.25ミモザみなみじゅうじ座β星南天オジギソウ」の意。
211.4レグルスしし座α星祝え! 「王の星」の意である!!


関連項目

 天文学

関連記事

親記事

恒星 こうせい

pixivに投稿された作品 pixivで「一等星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2010

コメント