ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

華の天羽組

はなのあもうぐみ

Youtubeの漫画系チャンネル『ヒューマンバグ大学』内で展開される漫画シリーズの一つ。
目次 [非表示]

概要

漫画系Youtubeチャンネル『ヒューマンバグ大学』で展開される漫画シリーズの一つ。

初期のシリーズ名は『アラサー中堅極道・小峠華太』だったが、2022年3月23日に『天羽組の武闘派・小峠華太』に変更、更にその後2023年3月13日より、本項タイトルである現在のシリーズ名に改名された経緯を持つ。


前タイトル通り、極道(ヤクザ)である主人公・小峠華太の視点で描かれる裏社会の任侠組織「天羽組」がメインの極道ストーリー。元々は創作・口伝で定着した極道の一般的なイメージと世知辛い現実の差を、彼が日々行っている業務内容の解説と共に紹介する内容を展開していたが、徐々に小峠の与する組織や周辺人物の設定が固められていき、戦闘描写、とくに他の極道組織との抗争劇をメインとした長編バトル物ストーリーへと方針転換した。


基本的には天羽組のシマである日本有数の繁華街「空龍街」を初めとした本チャンネルオリジナルの架空都市を舞台に、シマ内で騒ぎを起こしたチンピラ、組の許可なく悪辣な商売(違法風俗や薬物売買の斡旋)を行う国内外の半グレ、ときに組織に弓引いた裏切り者などを相手に、界隈では「コロシの天羽組」とも通称される武闘派極道たちによる報復目的のカチコミをメインとし、各回で参戦する狂人兄貴たちの異質な戦闘能力、凄惨なヤキ入れシーンなどを醍醐味とする内容を展開していた(後の京極組獅子王組視点の物語でも定番の流れとなった)。


その後、小峠シリーズの後に開始された久我虎徹視点の別シリーズにて同じく組織図が公開された京極組との「天京戦争」、関東進出を目論む関西極道天王寺組との「羽王戦争」と、他派閥を相手取った長期的な抗争シナリオが続いている。なお、その羽王戦争の敵方第一陣である城戸派の撃破と、続く第二陣となる戸狩派襲来までの休戦期間にて催された花見の様子を描いた特別回を機にシリーズ名が本項タイトルに変更された。また、このタイトル変更に前後して、舎弟の飯豊朔太郎速水泰輝、組長の天羽桂司など、各回で他の天羽組関係者を主人公(および作中モノローグ)において物語が展開されることも多くなった。

(こうした特殊回は基本、小峠が重傷により意識が途絶えている状態など条件付で、メイン主人公は現在も小峠が担当している。また同例として久我のシリーズでも、久我が連携組織への臨時出向もしくは長期入院などで組織を離れている期間に舎弟の佐古大和が主人公を務めている。)


作画については、シリーズ開始当初はてる助氏やぽぽ夫くんなど、チャンネルでお馴染みの様々な作画担当者によって描かれていたが、中期頃から天元なま氏とユウキリリー氏のいずれかによる作画で定着。とくに前者は動画外で展開する関連グッズ(アクリルスタンドやデフォルメのキーホルダー等)なども担当している。また、羽王戦争編の戸狩派侵攻開始以降は久我シリーズを主に担当しているナメクジ氏による作画も増えている(コチラもチャンネル内の他のバトル物シリーズを含めた動画のサムネイルなどで以前より小峠シリーズでもお馴染みの担当者でもあった)。また、サムネイルや一部場面については、もちまる氏やよもぎぱん氏が担当した回もある。


舞台

空龍街

天羽組のシマである日本有数の繁華街。マップでは現状最も上に位置する。下に貴凛町(何かしらの反社により日々起こる怪事件をパン屋が解決している町)、志正町(倫理観が狂った一般人による蛮行を紅林二郎が制圧している町)、久遠町(佐竹博文が住んでいる町)が存在し隣に竜桜町(高級マンションが立ち並ぶ住宅街)がある。


日本有数の繁華街と言われるだけあり夜の店が活発に活動しており日々多くの人が来るのだがその中には極悪人も結構な数紛れておりその手の輩が何かしらの事件を起こす(ヤクザ風に言うと「シマ荒らし」)。その他にも空龍街の多大な利権を狙い半グレ敵対ヤクザがシマ荒らしを働くが毎回天羽組は圧倒的な暴力(と結構な頻度で行う高度な頭脳戦)で制圧している。


天羽組はこの街を守る自警団の役割を果たしており基本的に街の人々は天羽組を信頼していることが多い。それでもヒューマンバグ世界では常軌を逸した被害を齎す悪法である暴対法、暴排条例にビビり天羽組と関わろうとしない者達は存在するが小峠はこの件は仕方ないと考えている。


朱雀町

久遠町の下にある天羽組の新たなシマ。この町を守っていた轟組解散に伴い譲り受けた。

その他天羽組は様々な土地、時に東京の枠を飛び越えて大阪海外(フィリピンやタイ等)に赴くことがある。


主要人物(詳細は天羽組を参照)

(死亡した構成員には印を記す)

主人公

小峠華太の兄貴生誕祭2022

声:ヤシロこーいち氏(序盤は伊藤タカユキ氏)

天羽組の武闘派極道であり、本シリーズの主人公。クールな性格であるが、縄張りや堅気を荒らす者には義憤を露にし、ど根性で一歩も引かずに立ち向かう。工藤清志直伝のドスでの殺法と優れた狙撃能力が武器。年齢は30歳前後(2021年当時)であり、主要組員内で上から10番目の年齢。


なかよしとまたあした

声優:伊藤タカユキ

暴走族から引き抜かれた喧嘩自慢の新入り。並のヤクザ以上狂人以下の戦闘力を持つ。得意技は強力なパンチやドスでの近距離戦。小峠が意識不明の際は主人公を務める。嘗ては暴走族リーダーという経験から鼻持ちならない性格であったが、兄貴分である冨樫や小林らの教育により真面目で勇敢な極道へと成長する。年齢は20歳(2022年当時)で上から12番目の年齢。


バグ大log2

声優:伊藤タカユキ

天羽組の若手ヤクザ。小峠や小林の元でカチコミやシノギを勉強中。喧嘩は弱い方だが、裏方から小峠達を援護する。年齢は20歳(2021年当時)で上から11番目の年齢。羽王戦争最終局面にて戸狩派が拠点とする北大路組本部の襲撃部隊の一員に抜擢、小峠が天羽組本部に残ったのもあり戸狩派襲撃班を描くエピソードでは主人公を務める。


天羽組上層部

くみラキ!

声優:ヤシロこーいち氏(序盤は伊藤タカユキ氏・畑耕平氏)

天羽組組長。極道らしく日々厳しい戦いの任務を命じるが、組員とカタギ第一の信条を持つ。組員最年長。


天羽組6人(その2)

声優:天元なま氏

天羽桂司の妻で会計担当、通称「姐さん」。夫同様組員への強い思いやりと鋭い機転の効かせ方が特徴。羽王戦争時は事務所への襲撃を見越してガラをかわしていた。


アイスピック野田

声優:畑耕平

2代目若頭兼武闘派組員。アイスピック野田の異名を取り、敵対者をアイスピックで滅多刺しにして殺害する。苛烈な性格であるが、密かに部下思いの教育者でもある。組員の中で上から2番目の年齢。2023年11月27日の回で亡き阿久津の跡を継ぎ、若頭に就任した。


宅間俊介

声優:畑耕平

幹部構成員。半グレ退治や若手教育で、天羽組の前身である田頭組から懇意にしていた「篠原組」の元組長であり、資金難のために解散した後にカタギに戻ったが、阿久津の訃報を受けて協力者になった。

羽王戦争終結後は野田にスカウトされる形で入門した。

主に事務処理を担っている。


武闘派狂人極道

須永ニキ

声優:畑耕平

武闘派組員。バイティング須永の異名を取り、口内にインプラントしたチタン製の牙で敵の喉笛を噛み破る。嘗ては粗暴で狂気的な一面が目立っていたが、兄貴分である工藤清志の教育を通して仁義を学んだ。星占いが趣味であり、彼本人の行動にも影響を及ぼしている。組員の中で上から4番目の年齢。


和中ニキ

声優:畑耕平

武闘派組員。日本刀の和中の異名を取る剣豪で天羽組最強の一人に数えられる実力者。冷静で誇り高い性格であり、常日頃から剣の修練や手入れを欠かさないストイックさを持つ。子どもには人一倍優しく、彼らを利用した者へは人一倍憤りを見せる。組員の中で上から5番目の年齢。


バグ大ついろぐその③

声優:ベルべる☆

武闘派組員。ガスバーナーの永瀬の異名を取り、改造ガスバーナーで敵対者を炙り殺すという苛烈さを持つ。組長である天羽の養子であり、空龍街を守る気概は誰よりも強い。上から5番目の年齢。


洋画風落書き

声優:ヤシロこーいち

武闘派組員。ブラジルの刑務所から3年ぶりに帰ってきた。組員随一のハードボイルドであり、常に自分の理想像が見えている。

獲物はで、空手も得意。上から7番目の年齢。


小林幸真

声優:畑耕平

武闘派組員。アーミーナイフの小林の異名を取る天才暗殺者で天羽組最高戦力の1人。狂気的な笑顔で敵を葬り去ったり行動が予測できない一面から恐れられる一方、厳しくも仲間に助け舟を出す姿勢から信頼は厚い。上から8番目の年齢。


香月の兄貴達

声優:末次由布子

武闘派組員。女装ヒットマンの香月の異名を取る女装と暗殺の達人で、常に女性に追われる程のイケメンで女性が少し苦手である。同胞である組員や堅気に優しい。組員の中で上から9番目の年齢。


HAPPYBIRTHDAY!

声優:伊藤タカユキ

武闘派組員。狩猟等の青山の異名を取り、四国で起こっていた戦争を終わらせて戻ってきたコミュ力の権化。一方でプロレス技による殺しを得意とする徒手空拳の達人でもあり、本気で怒ると容赦なく外道を両断する修羅の如き一面も併せ持つ。上から9番目の年齢。


若手構成員

あにきっち図鑑14

声優:畑耕平

天羽組の若手ヤクザ。かつての武闘派狂人兄貴の一角にして天羽組の幹部であった工藤清志の実の息子である。


水野くんが尊い(代理います)

声優:ヤシロこーいち

天羽組の若手ヤクザ。羽王戦争時に若衆として入ってきた新入り。


茂木くーーん!!

声優:畑耕平

天羽組の若手ヤクザ。かつては大阪の半グレ組織の一員だったが、大阪に潜入調査していた小林らとの出会いで改心。羽王戦争が終結した後に正式に組員となった。


慶永龍生

声優:ヤシロこーいち

天羽組と因縁ある暴走族「羅曇」のトップだったが、小林に殴られ空龍街の掃除を命じられ改心。外来種の大型肉食魚「アリゲーターガー」との死闘を演じた後、小林に連れられ、天羽に連れられて来た焼き肉屋で、チンピラによってひっくり返された七輪から大火傷を負いながら男の子を庇う。その根性が認められ、天羽に可能性を見出される形で気に入られ、天羽組の見習い構成員となった。



殉職した構成員(過去のレギュラー)

ここでは複数回登場していた構成員を列挙する。1話限りで退場した人物及び端役の舎弟は含めない。


声優:畑耕平

39歳(2021年時点)の武闘派組員。マシンガンの尾崎の異名を取り、機関銃でシマ荒らしを蜂の巣にして粛清する。河内組の末端構成員に撃たれた際に、その件を天羽組幹部に内密で示談にされた事で彼を射殺してしまい絶縁される。最期は半グレとして空龍街を荒らした為、小峠との一騎打ちにより射殺される。


北岡隆太

声優:ヤシロこーいち

小峠華太の忠実な舎弟であり、鉄串を用いて敵を痛め付ける武闘派組員で、異名は串の北岡。組内ではアリバイ会社や風俗店のケツ持ちを担当。天京戦争において京極組シマ荒らしの冤罪を掛けられ、一条康明との抗争で速水を逃がし殉職した。


冨樫宗司

声優:畑耕平

武闘派組員。ハンマーの冨樫の異名を持ち、重量級のハンマーと拳銃により徹底的に敵に恐怖を植え付ける一方で、舎弟やカタギには親切な面を持つ。組員の中では須永と和中の中間辺りに位置する年齢。天京戦争において京極組相良颯誠鷹橋修也による不意討ちを受けた際に、鷹橋の操る車で撥ねられ致命傷を負うが、死に際に相良へと重傷を負わせて殉職する。


工藤の兄貴

声優:畑耕平

ドスの工藤の異名を取るドスの使い手で伝説の極道。武闘派狂人極道の中で最年長であり、天羽組の構成員を育て上げる教育係の顔を持つ。羽王戦争浅倉潤をギリギリで撃破するも直ぐにやってきた城戸丈一郎の前に限界を超えて立ち塞がり殉職。


もしもし阿久津さん

声優:ヤシロこーいち

天羽組若頭。基本的に温厚な性格で、縁の下の力持ちを極め、優れた知識と戦略眼で主や部下を抜かりなくサポートする。昔は一流の武闘派だった。上から2番目の年齢。

羽王戦争で自ら殿を買って天羽と青山、飯豊を逃し、天王寺組戸狩玄弥との死闘の果てに命を落とした。


初登場の時のらくがき

声優:伊藤タカユキ

武闘派組員。山鎌の南雲の異名を取り、山鎌を使って庭の雑草を狩るように人間の両足を狩る一方で、カタギや舎弟を大事にするナイスガイ。組員の中で上から7番目の年齢。

羽王戦争で室屋を襲撃するも、上記の阿久津の葬儀の帰りに室屋がカタギを巻き込む程の狂気の逆襲を決行、カタギから距離は離す事には成功するも自身は間に合わずに爆発に巻き込まれて死亡してしまった。


空見上げたらいつでも君が

声優:石井勇揮

天羽組の若手ヤクザ。昔の小峠を彷彿とさせるガッツのある舎弟で羽王戦争以降頭角を顕して来た。

横浜の潤間地区で家入組長の護衛をしていたところ、神城組長門碧が現れる。その時に長門の舎弟を故意ではないが殺害してしまい、ぶち切れた長門によって殺害され死亡。


敵対組織

声優:(敬称略)伊藤タカユキ、畑耕平、ヤシロこーいち

暴力団に所属せず、阿漕な商売や犯罪行為により生計を立てているならず者の皆様。暴対法により生活が縛られない為、極道よりも幅を利かせて悪事を行っている。所謂今週の怪人ポジション。

多くの半グレは天羽組含めた極道を馬鹿にしており、日々彼らの縄張りを侵略しようと目論むも、空龍街に手を出した者は大抵が三途の川に送られている。しかし強さはピンキリなので、中には武闘派極道でも苦戦する半グレも少なくない。


声優(モブ構成員):(敬称略)伊藤タカユキ、畑耕平、ヤシロこーいち

天羽組と双璧を成す武闘派の極道組織。

(作中の)世間一般では薬物売買や風俗店の利権争い等を初めとする、外道であったり質の悪いシノギで悪名高いが、良識派構成員も存在する。天羽組とは不仲であり、利権の争いで互いに死者が出る事も少なくなかったが、現在は内部抗争が本格化した為、目立った侵略行為は起きていない。内部抗争の末に良識派の代表だった眉済俊之が勝利し組長を襲名した事で、天羽組と揉める確率は減ると思われる。


声優(モブ構成員):(敬称略)ヤシロこーいち、伊藤タカユキ

多数の構成員を抱えた武闘派極道組織。

冷酷な組長の施策により、構成員は任侠の派閥仁義外れの派閥に分かれている。

旧・河内組と同じく天羽組とは不仲であり、一時は血で血を洗う抗争を繰り広げていたが、6代目組長の天羽に対する誠心誠意の謝罪により和解している。


声優(モブ構成員):(敬称略)猫絵十兵衛、くまかつみ、畑耕平、ヤシロこーいち

関西圏を拠点とする武闘派極道組織。関東圏の侵略を貪欲に狙っている。

侵略経路上にある極道組織に対して粉を掛け、相手に手を出させた事を口実としてその組織を壊滅させる、という狡猾であくどい作戦を行う。

嘗て同盟を結んでいた関東の極道組織の裏切りによって多くの構成員を虐殺された怨みから、関東極道の殲滅ないし関東圏の征服を狙う様になった。羽王戦争で血を血を洗う死闘の末、天羽の決断で終結する。


声優:畑耕平


声優:畑耕平

天王寺組の若頭を務める初老の極道。

獰猛且つ狡猾な性格であり、怨み重なる関東への侵略の為ならば、部下の死をも口実に利用する冷徹さを見せる。その一方で、見込みの有る人間に対しては出世のチャンスを多分に与えたり、過酷な労働の日々にいた戸狩を天王寺組に招き入れる等、人間味溢れた一面も持つ。

かつての関東極道の裏切りを目の当たりにした人物。


声優:くまかつみ

天王寺組若頭・大嶽の補佐を務める男性。大嶽の頭脳面における弟子でもあり、関東侵略において指揮を務めていた。

静岡へと生瀬組のスカウトに赴いた際に、小峠、飯豊、生瀬組良識派の襲撃を受ける。戸狩派の室屋による援護を受けるも、最終的に飯豊らの妨害により小峠に射殺される。


声優:KI

天王寺組の武闘派派閥・戸狩派のリーダーを務める極道。若頭である大嶽への忠誠心に溢れている。元々出身地の影響で謂れ無き差別を受けてきた事から、差別という行為を激しく嫌う苛烈な性格であるが、部下や似た境遇の人間には慈悲深い一面も有る。過去に12発の銃弾を受けながらも嘗ての組長を守り、敵を返り討ちにしたという伝説から、鋼鉄の戸狩という異名を持つ。

羽王戦争では、舎弟の渋谷・岸本と3人がかりで天羽組長を不意討ちし、最終的に彼の援護に来た天羽組若頭の阿久津を討ち取った。その後、最終決戦の最中に天羽組事務所を単身で襲撃。迎え撃った香月と小峠、駆けつけた和中と壮絶な激戦を展開した。


声優:畑耕平

天王寺組の武闘派派閥・戸狩派のNo.2を務める極道。

大阪を心から愛する、喜怒哀楽の激しいムードメーカー。しかし、天王寺組や大阪に対し侮辱を行う者に対しては、容赦なく排除を試みる苛烈さも併せ持つ。タフネスと卓越したナイフ捌きが武器。


声優:猫絵十兵衛

天王寺組の武闘派派閥・戸狩派のNo.3を務める極道。恵まれた体格を持ち、ドスと拳銃の扱いに長けている。

戸狩への忠誠心に溢れ、自他共に認める天才でもあるが、天才故に部下への当たりが激しい一面もある。羽王戦争にて一度は天羽組の南雲を不意討ちして重傷を負わせるも、南雲による執念の不意討ちを受け、壮絶な斬り合いの末に足と胴体を切裂かれた。しかし、それでも生きており最期は南雲を巻き込んで自爆した。


声優:畑耕平

天王寺組の武闘派派閥・戸狩派に属する5年目の構成員。兄貴分に対しても砕けた口調で接するが、同時に忠誠心も深い。得物は忍者刀であり、その刀捌きで北大路組の主力を圧倒し綾波町の利権を奪い取った。

天羽組が協力関係であった丸山組の建物から出て来た際、天羽組長に不意討ちを仕掛けるも、戦場にいた飯豊らの足止めにより彼を取り逃がす。その後、舎弟と共に綾波町に蔓延る薬物の売人に接触しようとした所、先の件の復讐で飯豊に背中を斬られ、反撃を行うも飯豊の執念により腹を斬られ殉職。


声優:猫絵十兵衛

天王寺組の武闘派派閥・戸狩派に属する剣豪。鋭敏な聴覚を駆使した猛者で、中でも闇夜や視界不良なエリアでの戦闘を十八番とする。

最終決戦では小林、永瀬と対峙するが、永瀬との死闘で敗北。その後は舎弟である似鳥と野田の取引で、永瀬ともども闇医者に送られた。


声優:畑耕平

天王寺組の武闘派派閥・城戸派のリーダーを務める極道。卓越した喧嘩殺法とドス捌き、射撃が武器。

極道の父親が目指していた世界を追い求めており、出世に貪欲であるが、身内にはフランクな性格であり、部下からも慕われている。

天羽組の工藤清志を斃し、天羽組本部へと襲撃を掛けるが、和中や小林、小峠らの奮戦の末に身体の限界を迎え命を落とす。羽王戦争の最終盤で死に際に遺した台詞は、思わぬ形で戦争を終結に導く事になった。


声優:小柴大始

天王寺組の武闘派派閥・城戸派のNo.2に位置する極道。戦闘ではナイフを用いて超スピードで相手を切り刻む。

クールで冷静だが、毒親の所為で荒れていた高校時代に城戸に拾われた事から、彼に絶対的な忠誠心を持つ。城戸の出世を賭けて天羽と小峠へと襲撃を掛けるも、援軍に駆け付けた工藤との死闘により斬ら伏せられ殉職。


声優:ヤシロこーいち

三國組長直属の護衛である武闘派組員。表情を余り変えない冷静な性格であり、三國組長の前にはコンパニオン等の堅気であっても決して近付かせない程の忠誠心を持つ。武器は素早いナイフ捌き。


声優:くまかつみ

三國組長直属の護衛である武闘派組員。年若いが天王寺組トップクラスの暗殺力を持つ。「同意します」が口癖。スピードスターと称される程の素早いドス捌きと強烈なキック力を持つ。


声優:小柴大始

天王寺組2年目の舎弟。仁義を通す性格であり、例え敵対組織であっても約束は裏切らない。


お約束

極道をテーマとした作品は数多いが、本シリーズは基本的に縄張りの街を守る為に日夜血みどろの戦いが繰り広げられていたり、極道として国による締め付けを受けた中での生活、そして極道としての仁義の是非など、殺伐としたリアリティーな世界観が描かれている。


しかし、その一方で敵味方問わず性格がぶっ飛んでいる人物は、戦闘や拷問の最中であろうと洒落を口にしたり、彼らの振る舞いに振り回される小峠やその他の舎弟の様子など、話の合間や細部に思わぬギャグを挟んでくる事も少なくない為、印象に残りやすい。


以下に、多くのエピソードで見られるお約束を記す。

  • 「俺の名前は小峠華太 ○○している(今の小峠を取り巻く状況)アラサーの極道だ」という名乗りから始まる(初期の数話は小峠が30代未満であるため「中堅の」という肩書きになっており、3月23日付の動画以降はアラサーではなく武闘派に代わっている。ただし、一度だけ、天京戦争の久我との死闘の回では時系列的な理由もあってか、アラサーの極道と名乗っている)。この始まり方はヒューバグのほぼ全ての動画に共通する。
  • 武器や戦闘スタイルを異名に取る狂人(一部の人物は例外)が、天羽組の内外を問わず存在している。
  • 天羽組の武闘派の兄貴達(一部例外有り)が、下の者に事ある毎にパワハラ(時に流血沙汰も伴う)を行う。その一方で、情に厚い一面を偶に見せる事も少なくない。
  • 登場人物が食べ物漫画アニメゲームになぞらえたギャグを放つ。また、敵モブが食べ物等の単語を断末魔(一部例外)として発する(例:「うわらばァァーッ!!」「ナムル!」「デトクス!」「エルムゥウゥウぅ!!」)。
  • 親っさんからシマ荒らしをしている半グレや暴力団を始末する任務を受け、小峠と兄貴分がカチコミに赴いて圧倒的な暴力により彼らを殲滅する。なお、カチコミの際は毎回敵のアジトのドアを蹴破って意味不明な名乗りを上げるのもお約束となっている。
  • 極道の世界を舞台にしている為、下っ端クラスから名前有りのキャラクターまで死亡する確率が高い。
  • 小峠と共に任務を行っていたゲストキャラクターが惨たらしく死亡してしまう(シリーズ初期では特に兄貴分で顕著であるが、最近は主要メンバーが固まってきた為かあまり見られない)。
  • ギャグ・シリアス問わず登場人物が顔芸を見せることがある(特に天元なま氏が担当した回にて顕著)。

等、本シリーズ中には多数のお約束が存在している。


また、このお約束の一部はヒューマンバグ大学もう1つの極道シリーズにも当てはまるものが存在する。

用語

当然だが小峠シリーズは裏社会が舞台なので専門用語が日常的に出てくる。

抗争関連

  • カチコミ:襲撃。天羽組は空龍街を守る役割を担っている関係で日夜誰かがカチコミしている。
  • エモノ(得物):武器。特にその人間が得意とする武器。
  • ドス:短刀、特に合口。このドスを西洋で言うところのショートソードサイズまで大型化したものは長ドスという。天羽組ではドスの訓練で基礎を固める。
  • ナイフ:短剣。基本的にドス以外のナイフ類は全てナイフと呼称される。この世界観では文字通りの(食事で用いられる)ナイフを示すことはまずない。
  • チャカ、ハジキ: 。基本的に拳銃のことで、ヒューマンバグ大学の世界だとチャカと呼ばれることがおおいまたライフルマシンガンはそのまま呼ぶ。
  • 段平:日本刀。鍔の無いものは『長ドス』と言われる。
  • ボケ:敵、もしくは敵に対する罵倒。たまに「スカタン」「すっとこどっこい」「頓痴気」「フール」と同義となる普通の意味でミスをした者に対し使うこともある。
  • ゲス(下衆):人の道を外れた者、任侠に背いた者。
  • ザコ(雑魚):下っ端。また、弱い者。チンピラや三下とも。
  • タマ:首。タマを取るとは首を取る、すなわち殺害を意味する。
  • 任侠、仁義:極道の流儀。カタギを食い物にしない、表社会に迷惑をかけないなど。これに背く行いをした者は「仁義外れ」「外道」と呼ばれ、天羽組はそういった者を徹底的に嫌い排除する。
  • ヤサ:家、潜伏先、アジト。
  • ホシ:犯人。下手人と呼ぶこともある。
  • 喧嘩:文字通りの(武器を使わない素手の)喧嘩なこともあるが、ヤクザ社会では戦争や殺し合いも纏めて喧嘩と呼ばれることがある。一般的な喧嘩は「どつき合い」とも言われる。
  • しばく:攻撃する。シバくとも言う。
  • やる(ヤる、殺る): 殺す。暗殺する。ただしたまに性犯罪を意味する言葉になる。

組織構造関連

  • 極道、暴力団、ヤクザ:暴力で自己の私的な目的を達しようとする反社会勢力の総称。
  • 渡世:裏社会。
  • 親っさん親父:組長、所謂親分。組織において親分の権限は絶大で、親分からの命令があれば組員はどんな命令も遂行することが求められる。また天羽組では無いが親分が腐っていた場合任侠も悪事に加担させられる危険性がある。
  • カシラ(若頭):子分の筆頭、つまり組織のナンバー2で次期組長候補。カシラが実質組の指揮を執る組も存在する。激務の為、現実世界では次期若頭候補も兼ねた若頭補佐というポストが有る組織もあるが、天羽組に若頭補佐のポストがあるかは不明。
  • 本部長:組織の上級幹部。事務所及び本部の管理責任者。
  • 舎弟頭:組長と兄弟の盃を交わした組員、所謂「オジキ」の筆頭。
  • 子、子分:組長と親子の盃を交わした組員。若衆とも。組長に血の繋がった子供がいる場合その人物は「実子」と呼ばれる。
  • 兄貴:その組員から見て立場が上の組員の事。基本的には年功序列で小林や和中のように実力が飛び抜けていても兄貴分は存在する。
  • 舎弟:その組員から見て立場が下の組員のこと。兄貴分は舎弟に強い権限を持って命令できる。
  • ケジメ、ヤキ:悪事やミスに対する制裁。
  • ヒットマン、鉄砲玉:殺し屋、刺客。「アサシン」と誤解されることが多いが彼らは敵組織の幹部などを討ち取るためだけに使われる使い捨てのような存在で、これに任命された人物は必然的に刑務所行きになる。かつては10年や20年あれば出所できた為出世ルートと引き換えだったが、現在では無期懲役確定なので実質使い捨てであり、天羽組の様に人員不足の組は極力避ける傾向にある。
  • 絶縁:極道界で死罪の次に重い処分。極道界からの完全な追放を意味し、絶縁された人物は全国の組織に通達が為される為、二度と極道に戻れない上に一般人に戻ってもおらず反社会の存在のままである。
  • 破門:極道界で絶縁の次に重い処分。これを言い渡されると組からの追放処分になり、しかも籍がその組に残るため違う組に移籍することもできず、罪を償って再加入許可が降りるまで極道として一切の活動ができなくなる。
  • 除籍、除名:組員自身の判断で極道をやめて一般人に戻ること。絶縁と同じくこれを行なった者は極道界から永久に追放される。
  • スミ:入れ墨。小峠はこれを極道の決意の象徴と考えている。
  • 情報屋:情報を欲しがっている人間に声をかけ、情報を高値で売る人。天羽組では伍代千隼をよく利用する。彼らが保有するのは裏社会での情報になるため、表社会では証拠能力を持たないことが多く表社会に知らせるべき情報がある場合は匿名で世論に訴える。
  • 闇医者、闇病院:正規ルートで免許を獲得していない医者及びその人物が勤務する病院。抗争などで負傷した人物はここで治療をする。天羽組では氷室がいる病院をよく利用する。
  • ドヤ街:日雇い労働者が住む街。長老が定めたルールに則って運営される。空龍街の長老はこの人
  • 殺し屋アサシン:文字通り殺しで金を稼ぐ者。ヒューマンバグ大学の世界ではCODE-ELエルペタス所属の者を筆頭に手練れとして扱われることが多い。

稼業関連

  • カタギ:一般人、表社会の人間。基本天羽組はカタギに優しいが半グレには一切容赦しない。
  • シマ:縄張り、領地。天羽組の場合は空龍街と朱雀町。基本的にシマ内のカタギとの関係は良好。
  • シノギ:資金源、商売。天羽組ではケツ持ち、居座りの立ち退き、闇金、アリバイ会社、金の密輸、日本刀販売等。
  • フロント企業:極道組織が稼ぎの為に作った(表向きは)一般の企業。かつては企業舎弟と呼ばれていた。天羽組のフロント企業は主に不動産とアリバイ会社。
  • ケツ持ち:天羽組の代表的なシノギ。守り代を払っている店を迷惑客から守る。
  • 守り代:天羽組が店を護衛する(ケツ持ち)代金。カタギによると河内組は天羽組の何倍かの守り代をふっかけてくるらしい。
  • 闇金、闇金融:高利貸し。
  • 夜の店、夜の街:キャバクラ、呑み屋、風俗店と言った夜に客が来るイメージが強い店のこと。天羽組のシマではこれらの店は天羽組と共存関係にある。
  • シバイ:詐欺。
  • パクられる:連行される。また、逮捕される。
  • ベントウ:執行猶予が残ってる犯罪。
  • ヤク、コナ、ブツ:麻薬のような違法薬物や合法ドラッグのこと。「お薬」や「汚い粉」とも。現在の天羽組では全面禁止な他、麻薬関連で天羽組と北岡に冤罪がかけられ大事件が発生した。
  • 売人:薬物などを取り引きする人。売人の集まりが麻薬カルテルである。
  • アガリ:売上。
  • キリトリ:アガリのうち、債権回収の売上。闇金融関係では「返済しない対象者に拷問等をかける取り立て」という全く違う意味になる。
  • 風呂:風俗。かつてトルコ風呂と呼ばれていた事から。「風呂に沈める」という言葉があるが、これは莫大な負債を抱えた女を風俗で稼がせる事を言い、要は「身売り」である。
  • ホトケ(さん):死体。シマの評判を落とすために殺した人間のホトケをヤクザのシマにばら撒く半グレが多数存在する。
  • エンコ:指。謝罪や抗議などの証明として指を切り落とすことを「エンコ詰める」と言う。

敵対勢力関連

  • シマ荒らし:シマ内で悪事を働く人間のこと。半グレ組織や個人及び天羽組のシマの横取りを狙うヤクザ等様々な種類が存在する天羽組はシマ荒らしを殺すことから「コロシの天羽組」と恐れられている。
  • サツ、デカ:警察。公式によると、この世界の警察は戦後で警察組織が機能していない頃をイメージしているという。
    • 暴対法、暴排条例:ヤクザへの取締を強化する法律…なのだがヒューマンバグ大学の世界ではこの法律の規制を受けない半グレや海外マフィアの勢力強化、ヤクザと知り合いと言うだけでカタギが不当解雇、ヤクザが足を洗えない、任侠を重んじるヤクザが外道に堕ちるキッカケになった等々の理由で逆に治安悪化に繋がる皮肉な結果となっている。
    • マル暴:捜査第一課、暴力団担当の刑事。
    • ガサ入れ:家探し、家宅捜査。
    • ムショ、ブタ箱:刑務所。
    • シャバ:刑務所の外の自由な世界。

  • お上:政府。警察程の頻度で無能を晒している訳では無いが警察への圧力や刑法39条といった問題を起こしている。
  • 半グレ:暴力団組織に属さない犯罪組織のこと。かつての名称は愚連隊。羅威刃戒炎といった強力な武闘派から雑魚の集まりまで千差万別。仁義などの美学を持ち合わせる極道と違い、ヒューマンバグ大学の世界では特に中小規模だと性根の腐った外道ばかりの純然たる悪党集団である。一方で愛天雄のように本来は正義のチームでありながら誤解されて半グレ扱いされるチームもある。またたまに巨大半グレ組織をマフィアと呼ぶことがあり、城ヶ崎我妻は自分達を美称してマフィアと言うことがある。後に公式Twitterで組織が巨大になると半グレの域を超えて、マフィアという呼び名になると判明した。前述の通り、羅威刃戒炎は巨大マフィア組織である。
  • ギャングマフィア:海外の犯罪組織。たびたび日本国内に進出して騒ぎや卑劣な犯罪を起こすため、天羽組から強烈に敵視されている(但し、チャイニーズマフィアの一つ『六合会』は天羽組と共生関係にあり、無法は行わない)。かく言うヤクザもジャパニーズマフィア呼ばわりされている。また伊集院シリーズに登場する一部の半グレはその凶悪さからギャング扱いされることがある。
  • 暴力、乱暴:文字通りなこともあるが強姦等の性犯罪のことを指す場合もある(特に伊集院シリーズ)。挿入までいかなかった場合は「お触り」と呼ばれる(当然キャバクラの重大ルール違反)。

定型表現

  • カタにはめる:ルール(カタ)を守らせる、服従させる。また、拷問する。
  • ダルマにする:四肢を切断し、頭と胴体だけの状態にする。こうなった者は何もできなくなり、じきに失血死する。
  • イカ飯にする:輪切りにする。
  • タコにする:タコ殴りにする。即ちフルボッコのこと。(他の軟体動物への喩えも含めて)「関節を破壊する」という意味で使う者がいるが、これは厳密には誤用。
  • (赤い)噴水にする:滅多刺しにする、大量出血させる。
  • 蜂の巣にする:(主に銃火器で)滅多撃ちにする。
  • 消毒する:燃やす。火だるまにする。
  • ミンチにする:死体を挽肉製造機にかける。こうなると、海に捨てられ魚の餌になる末路をたどる。
  • 絵を描く:計画を練る。また、犯行の隠蔽をする。絵描き屋という犯行の隠蔽をする業者も存在する。
  • 粉をかける、弓を引く:喧嘩を売る。前述の違法薬物を意味するコナとは別。
  • イモ引く:敵前逃亡等の醜態を晒すこと。
  • 泣きを入れる:謝罪をする。
  • 息のかかる: (主に受動態で)支配下にある。
  • ガラをかわす:身柄を隠す、即ち雲隠れのこと。戦争中に要人が身を守るために行うことが多い。
  • ピンク:エロを言い換えた表現として動画では使われる。この場合ピンク髪の彼は関係ない。

オーラについて

最近では武闘派狂人極道などの裏社会でも手練れクラスの人間はパーソナルカラーのオーラを纏う様になってきた(天羽組は勿論、京極組も同様)。以下にアクリルスタンドなどで描写された各人のオーラの色を示す


小峠: 青

小林: 藤色

野田: 山吹色

和中: 紅

須永: 緑

香月: マゼンタ

工藤: 暗紫色

飯豊: 黄色

永瀬: 深紅

速水: 菫色

南雲: 黒

天羽: 刈安色


総集編で表記される名前もこの色に準拠している。

関連タグ

ヒューマンバグ大学

天羽組 小峠華太 - メイン主人公

飯豊朔太郎 速水泰輝 天羽桂司 - 臨時主人公

極道 ヤクザ 任侠 仁義


クレイナ☆…主に香月紫苑のイラストを投稿しているpixivユーザー。


天京戦争 - 黒焉街の京極組との抗争シリーズ。2022年3月15日~同年6月5日まで展開。

羽王戦争 - 関西の天王寺組との抗争シリーズ。2022年8月12日~2023年11月27日まで展開。

天城戦争 - 横浜の神城組との抗争シリーズ。2024年5月6日から本格的に展開。

現在進行中のヒューマンバグ大学のシリーズ一覧


移動・完結・休止中のシリーズ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました