ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

久我虎徹が所属しているヒューマンバグ大学にて登場する極道の組織。
小峠華太が所属する天羽組と並ぶ狂人揃いの武闘派ヤクザ。黒焉街という繁華街(ハローワークに来ていた佐竹博文曰く、お世辞にも治安が良いとは言えないらしい)をテリトリーとしており、その規模は関東屈指。天羽組とは犬猿の仲である様で、実際2021年12月18日付の動画では、衆議院選挙の際に、天羽組とつながっている候補者をスキャンダルで落選に追い込み、擁立した新参候補を当選させたうえで、天羽組の利権を次々と潰していくといった形で対立する。なお、この一件を受けて天羽組による報復が行われた際に、袈裟斬りの吉岡が日本刀の和中と衝突し絶命するという事態が発生した。また、2022年1月14日付の動画では、俳句の一条が串の北岡とシノギで激突し、北岡が一条に切り付けられたと思われるシーンがある。
また、敵対している天羽組では、久我が内部粛清をして組織を改革している他、協力の仲間を増やしている旨が語られている。

昔気質の任侠ヤクザである天羽組とは違い、金儲けのためなら罪のないカタギの一般人を餌食にするのも厭わない、仁義にもとる所業を平気で働く文字通りの暴力団である。しかし伊集院茂夫を注視している天羽組とは違い、後述の久我や白武ですら伊集院の事を知らなかったあたり、天羽組に比べて裏社会にそれほど詳しくないと思われる。
また、紅林二郎に複数の組員を倒されている為、報復を企てている模様。また、紅林も「京極組との戦いはまだ始まったばかり」と述べていて、近頃紅林が鉄拳制裁する外道は京極組の構成員が多くなっている。しかし、久我はむしろ外道に等しい組員達を粛正してくれた紅林に感謝しているため、少なくとも良識のある組員達は(個人的には)報復を企んではいない模様。また、久我や一条を始めとした良識の組員達はカタギには優しい。

この京極組も実は最初から暴力団だったわけではない。先代の親分は任侠に生きろと言うなど愛情深く仁義を重んじる人物だったものの、先代の親分が亡くなり、金稼ぎの為なら手段を選ばない日下が五代目親分として就任したと同時に京極組は荒れてしまった。そして「銭に目が眩んで仁義忘れた」かのように、関係のないカタギを脅して稼ぐシノギも平気で横行している有様となった。さらに天羽組と違ってヤク(違法薬物)の取引もシノギにしており、そのため売り物のヤクに手を出して自身がヤク中になってしまった組員が暴走してカタギに危害を加える不始末が後を絶たず、組の悪評に拍車をかけている。

その事もあってか京極組は、金儲けのためには手段を選ばない外道に等しい構成員が多数派を占めているが、その一方では仁義・任侠を重んじる良識のある構成員も少なからず存在しており、その中の一人である久我虎徹はこの腐った京極組を再建するべく奮闘している。

以下のキャラクター紹介において、名前の後ろに×とついている人物は2022年1月4日時点で故人、それ以外は存命或いは生死不明。

良識のある構成員

紅林二郎シリーズにて初登場し、 公式Twitterにて名前が判明。そして、2021年12月8日からシリーズとなった。「天羽組に最強の敵、現る」とも言われている。

京極組の中で久我と共に行動することが多い兄貴分。久我と同じく良識派であり、白武や相良を始めとした外道の構成員に対して今の京極組は下衆だらけだと嫌悪感を抱いている。意味不明な俳句を詠む事から「俳句の一条」の異名を取る武闘派で、京極組最強と目されている。狂人その九
夕暮れに 半グレ死んで やさぐれる

京極組の若頭。20歳の頃の久我を極道にスカウトした人物で、久我の才能には期待をかけており、久我も彼の指示には忠実に従っている。
久我、お前は将来デカイ男になる器だ。ウチで男を磨かねえか

  • 大園
京極組の幹部で、主に後任育成を担当する教育係の様な存在。愛称は「ゾノさん」。久我からは深く尊敬され慕われており、大園も久我を「お前はトップになる男だ」と高く評価している。若い頃は「カチコミのゾノ」の異名を持ち、敵対する組へのカチコミと殲滅を担当していた。そのため今でも全身に傷跡が残っている。彼は京極組を特に愛していて、組の歴史から極道の礼儀までしっかりと教えており、久我のように自分を理解してくれる者の前では温厚だが、組の名誉を貶める者に対しては激怒し、一切の容赦をしない。高齢のため第一線は退いたもののその実力は健在で、そんじょそこらの半グレ程度なら得物の日本刀であっさりと斬り殺してしまう。組の代紋を命と同様に大切にしており、組長が代わってから今の京極組組員は代紋を軽んじている事を憂いでいる。
元となったキャラは名前や武器からして恐らくロロノア・ゾロだと思われる。ちなみにこちらも刀を武器とする。
久我、お前は上に駆け上がる男だ。代紋を軽んじちゃあいけねえ
初めまして。私が死神です

  • 国生(こくしょう)
中堅組員の中で頭角を現している武闘派の1人で、マチェーテを得物に組に仇なす者を無慈悲に斬り裂くため、「マチェットナイフの国生」の異名を持つ。人情深い性格の良識派で、京極組の現体制を快く思っておらず、久我も彼をリスペクトしている。またその性格故、極道を張るには心優しすぎるとの評価もあるが、それ故に下の者からは慕われている。
かつての舎弟である田代が組を抜ける際に指を詰めさせないようにカシラに懇願したが、後に田代が京極組を裏切る行いをしたため、ケジメを付けると久我と共にカチコミに参加。田代の悲痛な心境を汲むも落とし前はつけてもらうと粛清した。
ちなみに天羽組の喜多川は、裏切り者の南田の泣き落としに引っかかって油断し、南田に隙を見せたため命を奪われる結果となったが、国生は喜多川の二の舞にはならなかったようである。また、天羽組を裏切った南田は半グレ組織の羅威刃(ライジン)から数人引き抜いて新たな組織を作っていたため、田代・南田ともに羅威刃に関係していることが分かる(後述)。
中堅且つ良識派という点から、天羽組の小峠に近い立場と言えるかもしれない。
ゲスが。次に生まれる時は真っ当に生きるんだな!
1人の死は悲劇になるが、100万人の死は統計になる…… スターリンの言葉だ

公式Twitterにて名前と画像が公開された。「メリケンサックの近藤」の異名を持ち、ナックルダスターを付けた強烈なストレートパンチで敵を殴り倒す。普段は良識ある好人物だが、戦闘モードになると狂人と化す。狂人その十五
デストロイ!! ゴールデンボール!!

  • 西園寺健吾
京極組の幹部で元プロレスラーの武闘派。190cmの長身に屈強な肉体を持つ超人ハルクめいた体格の持ち主。元は人気が落ち目のレスラーで、所属していた道場から解雇されてしまい、公園で途方に暮れていたところを先代の組長に拾われ、京極組に入門したという経緯があり、今でも先代の組長に深い恩義を抱いている。そのため、久我や一条などと同じく今の京極組に対して嫌悪感を抱いており、外道の組員達に威圧をかけて抑え込む役目も担っている。その体格に違わず凄まじい戦闘能力の持ち主で、先代組長の時代に敵対組織を素手で全員叩きのめし再起不能に追い込んだという実績も持っている。
一人娘の由美子を溺愛しており、彼女が半グレに凌辱されたと知ると、怒りと悲しみのあまり呪詛を吐きまくっていた。後日、その事件の首謀者が自分と対立していた元組員の春日であることを知ると、久我と犬飼(後述)を連れて報復に向かった。そこで拳銃を持って待ち構えていた春日に狙撃されてしまうも、レスラー時代から鍛えている分厚い筋肉のおかげで何とか耐え抜き、逆に全身全霊をかけたパワーボムで春日の息の根を止めた。
喧嘩の後の一服はうめえよなぁ

  • 犬飼鷹四郎
「スレッジハンマーの犬飼」の二つ名を持つ京極組の新人で、その名の通り巨大なハンマーを得物とする凄まじいパワーの元半グレ。狂人その十七。その怪力でハンマーを単純に振り回すだけでなく、ハンマーの短所も理解しており、一撃目を外したと見せかけて身体を一回転する事により、全身をバネにした強力なニ撃目を即座に与えるなどトリッキーな技も使いこなす。久我が地上げ屋の郷田を暗殺するため郷田の別荘(旧邸)に赴いた際に門番をしていた。久我をして「速い」と言わしめるスピードで襲いかかり彼の肋骨を折るが、久我のサンドナックルによる反撃を顔面に食らうと、久我の実力と決意の強さを認めた上で、門番をしていたのは元々組織の命令で自分の本意ではないと語り、久我に道を譲った。
この出逢いがきっかけで久我の男気に惚れ込んだらしく、後日、久我の前に現れると土下座して京極組入りを志願。最初は久我を兄貴と呼んだものの、当の久我から「五分の兄弟(対等の関係)でいい」と言われてからは「兄弟」と呼んでいる。極道になってからまだ日が浅いためか敬語は使い慣れていない様子で、その点は西園寺から苦言を呈されている。
おらぁ! 粉々に砕けとけぇ!!
誰かは知らんがお前も工事したらぁっ!!

久我の舎弟で、油風呂の拷問の段取りが上手いと言われる。久我をとても尊敬しており、久我が覇王になる道を命懸けで支える心構えだが、当の久我からは無茶をして命を落とすことのないよう注意されている。
2022年1月5日の動画では、直接の登場はしていないが、久我とカシラのやり取りから察するに死体処理の役目も務めている模様。
戦闘では斧を用いる狂人でもあり、大斧の振り下ろしで人体を真っ二つにする事から「斧の野島」の異名を持つ。狂人その十六
どうも金太郎です。マサカリで殺します!

  • 先代組長 ×
京極組の四代目組長。仁義を重んじる任侠といった天羽組とも共通するような精神を持っていた人物で、組員達からは「親分」と呼ばれていた。しかし、組の上層部には彼の後継者になれるほどの器の持ち主はいなかった様子で、彼の死が京極組の改悪に繋がった。

  • 田中
2021年12月8日付の動画内の過去回想に少しだけ登場した人物。先代組長のボディーガードを務めており、怪我をして泣いている女の子に飴玉をあげたり、先代組長が襲われたときに身を盾にしてかばったりするなど、「任侠に生きろ」という先代組長の教えを忠実に守っていた組員の一人であるが、現在の生死は不明。

  • 菱山 ×
2022年1月20日付の動画に登場。殺しの際は様々な理由で涙を流しつつ、標的を迅速に仕留める事から「泣きの菱山」の異名を取る京極組屈指の暗殺者であり拳銃の達人。かつてカチコミした際にヘマをやらかして警察に逮捕され、刑務所に10年間も服役しており、最近出所してきた。典型的なムショ帰りで、ムショ暮らしだった頃の習慣が抜けきっておらず、ぼんやりとしているが、亡くなった先代組長から教え込まれた任侠を重んじる性格は若い頃と変わっておらず、組長が代わってからの「金さえ儲かれば何をしてもいい」とする京極組の変貌には不満を抱いている。
ある日、現組長の日下から京極組を舐めた半グレへのヒットマンに指名されてしまう。ムショ帰りしてから間もなかったため、話を聞かされた久我と一条は反対したが、菱山は受け入れてしまう。彼は、勘が衰えて役に立たなくなった自分が日下から冷遇されていることを自覚しており、自分一人が犠牲になることで将来のある若手の組員達を守ろうとしたのであった。そして彼はたった一人で半グレ組織の中枢人物を全員始末したが、自身も銃撃されてしまい、命を落とす羽目になった。それを目撃していた久我は、人徳者の菱山を失った悲しみと理不尽さに涙を流していた。後日、半グレ組織の残党は久我と一条の手で全滅させられた。

外道に等しい構成員

  • 日下

京極組の現組長。先代組長が亡くなった後に五代目組長を就任したが、それと同時に京極組は金の為なら何でもやる外道集団になってしまった。以前より素行が悪かった模様で、先代組長の葬儀の席で久我と一条も彼が組長になる事に落胆しており、何故彼のような外道が組長に選ばれたのかが謎である。しかも組の仕事は全てカシラの名無に任せている様子で、2021年12月27日付の動画にて行われた幹部会議の中でも中央に座っているのはカシラであり、組長らしき人物の姿はどこにも見当たらなかった。
2022年1月7日付の動画で実態が明らかになったが、彼は組長としての職務も責任も完全に放棄してシノギの金を勝手に使っては遊興や道楽にふけっているだけの無能暗君であり、自身の管理不足から愛車を盗まれておきながら、その大失態の尻拭いを久我を含む組員達に押し付けた挙句、あろう事か命がけで愛車を取り戻してくれた久我には感謝の言葉すらかけることもなく再び趣味のドライブに出て行く始末であった。普段はそのような職務怠慢を平然と働いておきながら、組長の権限だけは好き勝手に振りかざし、自分が気に入らない組員を体よく始末するため無理矢理ヒットマンに仕立て上げた上に逆らう事を許さないなど、横暴な暴君としての一面も見せている。このような無責任極まる態度のため、久我やカシラなど良識派の組員達からは全く慕われておらず、外道の組員達からもお飾り程度にしか見られておらず舐められている模様。結局のところ、組長の勤めを蔑ろにしている彼の怠慢により、抑えが利かなくなった組員達が好き勝手にやり出した結果が、現在の京極組の腐敗に繋がったと言えそうである。久我はいずれ彼を追い落として京極組を再生させることを目標としている。
実は天羽組の天羽や福留と同じく、かつて徳島組に所属していた。

紅林二郎シリーズにて初登場。「ブラックジャックの白武」の異名を持つ京極組の武闘派組員。「タコ人間になれ!」と叫びながらブラックジャックで敵対者の骨を全て砕く狂人。それ故極道界隈では恐れられている。狂人その一
シャアアアッ!! 頭蓋骨パッカーン系!!

紅林二郎シリーズにて登場。「特殊警棒の相良」の異名を持つ京極組の武闘派組員。特殊警棒を武器として使う、武闘派揃いの京極組の中でも武闘派中の武闘派で一二を争う残忍な極道。相手の骨を全て折った上で、内臓を全て破裂させその破裂音を楽しむ狂人。狂人その五
お前の内臓が破裂する音……俺の着信音にするわ

紅林二郎シリーズにて初登場し、後に小峠華太シリーズにも登場。「人斬り吉岡」や「袈裟斬りの吉岡」の異名を取る京極組の武闘派組員。京極組でもトップクラスの暗殺者で白鞘の長ドスを得物としている。袈裟斬りで人間を両断出来る程腕が立つ剣術使いで、過去に20人以上の人間を斬殺していると言われている。狂人その六
ハッ! 殺し合いの世界に、姑息も卑怯もあるかよ!

紅林二郎シリーズにて登場。「手甲鉤のルーク」の異名を取る武闘派極道で、「京極組史上最悪の殺戮兵器」とも呼ばれる男。手甲鉤の使い手で怪鳥音めいた奇声を上げながら閃光の様な凄まじいスピードで斬撃を繰り出し、敵をズタズタに引き裂く。普段は丁寧な口調の紳士的な人物だが、仮面を装着するとスイッチが入り、無慈悲な殺戮者に変貌する。狂人その七
キシャアアアア! 背中もスダレになり給え!

紅林二郎シリーズにて登場。「金砕棒の海瀬」の異名を取る武闘派で「類をみない化け物」とも呼ばれる男。また久我からは「バケモン」と称されている。常軌を逸した頑強さと怪力の持ち主で、戦闘ではそれらを活かして敵を徹底的に粉砕する。狂人その八
骨が粉になるまで砕きまーす! ヒャーッヒャッヒャッヒャァッ!!

  • 吾妻 ×
2021年12月8日付の動画で登場。40手前の構成員。組内でも素行の悪さで知られており、半グレ集団「戯我死(ギガデス)」と結託して組の倉庫から金を盗み出していた。久我と一条がその事実を掴むと叩きのめされて倉庫へ連行され、油風呂の拷問を受ける。摂氏300度の油で下半身を煮られる拷問に最後まで耐え切り、これで解放されると思いきや、元より許す気のない久我が油にタバコの火を投げ込んだことで火柱が発生し、黒焦げになって焼死した。

紅林二郎シリーズにて初登場。人間を焼殺する事が趣味の狂人コンビで、銀髪で相手に燃料を撒くのを担当している金子と、ピンク色の髪で点火を担当している成田の二人で行動している。狂人その十・十一
金子「ヒャッハー! 無鉄砲な阿保に水鉄砲!
成田「きたねえ豚は消毒だァ!

  • 里中 ×
久我の1年先輩で「投げナイフ精密機械」の異名を取る武闘派。外套の裏に複数本の投げナイフを隠し持っており、それを凄まじい速度で引き抜いては敵の急所に正確に命中させる事を得意とする。狂人その十二。久我と共に大園から極道のイロハを教わった若手組員だが、京極組の命とも言える代紋のバッジを勝手に偽造して半グレ達に売り付けていたことが発覚した(半グレ達もこれを悪用して京極組の名前を騙り、堅気の人々を相手に恐喝行為を繰り返していたため、久我の制裁を受けた)。これを知った大園は激昂したが、里中は全く悪びれもせず代紋は1円の価値にもならないと吐き捨て、さらにどうせ組は破門だから久我と大園を殺して半グレでトップをはると逆ギレし大園にナイフを投げて刺した。しかし、それに激怒した久我に腸を掻っ捌かれそのまま絶命した模様。なお、大園は敵の攻撃に備えて腹に分厚いサラシを巻いていたため軽傷で済んだ。
眉間! みぞおち! 絶対死ーぬ!
バレちまったらどうせ破門だろう! じゃあテメエら殺って半グレでトップはるわ!

  • 二階堂
紅林二郎シリーズにて登場。「アームナイフの二階堂」の異名を持ち、右腕に装着したアームナイフを武器に敵対者を斬り刻む。狂人その十三。紅林が働いていたサパークラブの用心棒らしく、後述の瀧本がアヤカ、レナにピンクビデオ出演の契約書を書かせる際に同席していた。アヤカ、レナに助けを求められた紅林が瀧本に殴りかかったところへ後ろからアームナイフで脇腹を斬りつけたが、やめるよう懇願しに来たレナを斬りつけたことで紅林の逆鱗に触れ、例の如く顔面陥没KOさせられた。
ちなみにレナは避けたため、わずかに左腕を傷つけられる程度の軽傷で済んでいる。
早くしろ女ァ! 待たせるんじゃねぇ!
腹切り! キシャアアアアッ!

  • 藤宮
2022年1月23日の紅林次郎シリーズで登場。中国武術の達人であり、九節鞭(三節棍と同じ多節棍の一種)を得物とすることから「九節鞭の藤宮」の異名で知られている武闘派組員。狂人その十八。紅林が学生時代によく利用していたなじみの定食屋の店主に守り代を払うよう強要するも拒絶されたため、守り代をとることを諦め、その代わりに定食屋を潰して風俗店を新規設立しようと画策する。そして、定食屋を潰すために店に無言電話をかけたり、生ごみの放置したりするなどの嫌がらせをしていた。さらにそれだけでは飽き足らず、大勢の部下を店に送り込み、長居させることで常連客が入れないようにするという嫌がらせまで行わせた。この嫌がらせに我慢の限界が来た紅林によって部下の一人が撃破されたためにほかの部下たちは一度身を引いたものの、その日の夜、3人の部下とともに自身も直接出向いて、バイト終わりの紅林に戦闘を仕掛ける。3人中2人は紅林に撃破されたものの、残りの1人が強化改造された催涙スプレーを紅林に噴射したことで、紅林は視界を奪われてしまう。そして、視界を奪われた紅林に躊躇なく九節鞭をふるい、10分近くかけて徹底的にダメージを与えた。しかし、10分経っても視界が回復しないために開き直って闇雲に拳を振るい始めた紅林によって唯一ノーダメージだった部下も撃破されてしまう。とはいえ、さすがの藤宮にはそれも通じず、万事休すと思われたその時、京極組最強の武闘派極道である一条が現れたことで、紅林は窮地を脱することができた。
その後、良識派組員の一条に定食屋に対する嫌がらせの件を咎められたために気分を害し、先制攻撃を仕掛けるも、一条に避けられてしまう(ただし、頬をかすめたが)。しかし、その攻撃が一条を戦闘モードにさせてしまい、ロングナイフに仕込まれていた強烈な光を放つライトで視界を奪われたうえで両の太ももを何十回も刺され、完全に歩行能力を奪われてしまう。とはいえ、腐っても同じ京極組組員であったことと、吾妻や里中のように明確な裏切り行為をしたわけではなかったことから、さすがに命までは奪われなかったが、もはやヤクザとして生きていくことは不可能であろう。
ちなみに彼は一条と同期の組員であるが、彼は性根が腐っている外道であるため、良識派の一条からは「お前は性根から腐ってるし、もう歩かんでいいよ」と言われるレベルで嫌悪されている模様。
一条が助太刀が無ければ紅林は絶体絶命だったが、一条曰く「(卑怯な手を使わなければ)本来勝負にならない」程度の実力らしく、正々堂々と戦えば紅林が圧勝していたと思われる。
斬って、潰して! 肉が無くなるゥ!
シャアアアアアア! 弾けるお前の肉! そして弾ける俺の笑顔!

2021年11月10日の紅林二郎シリーズに登場した、二人組の登録者数130人の底辺Youtuberコンビ。銀髪のラッパー口調の山ミソと、金髪の派手な服装をしている磯ミリンの二人で行動している。狂人その二・三
磯ミリン「どうもーー! 磯ミリンです!
山ミソ「山ミソでーす!

  • 染谷
2021年1月20日付の動画で登場。京極組のシノギの一つである金の密輸の利益を独占するため半グレ集団「亜濡琵栖」に京極組の密輸ルートを流し、多額の利益を得ていた。しかし一条にバレると片腕を日本刀で斬り落とす拷問にかけられ、自白した後にもう片方の腕も斬り落とされた。

  • 虎柄の服を着た若手構成員
緑色っぽい髪で、虎柄の服を着た若手構成員。久我虎徹シリーズに二度登場しており、そのいずれの回でも、「特殊警棒の相良」が自身のシノギで稼いだ大金を見せびらかして自慢している横で、彼のことをひたすらべた褒めしていた。作中では明言されていないものの、登場した2回とも相良のそばにおり、そのうえ外道である彼を慕っていることから、もしかしたら相良の舎弟なのかもしれない。

  • 京極組の刺客
京極組から報復のために送り付けられた、名称不明の構成員。紅林の家の周辺をうろつき廻り、紅林の家族に危害を加える機会を窺っていた。紅林の姉を拉致しようとした所を紅林に見つかり、ドスを抜こうとするが、攻撃する間も与えられずに紅林の獣のような速さの踏み込みで一気にぶん殴られ、あっさり顔面陥没KOとなった。

元構成員

  • 高林

紅林二郎シリーズにて登場。元京極組の構成員。「猟銃の高林」の異名を持ち、猟銃(ショットガン)を武器としている。狂人その四。ちなみに、「やりすぎて」京極組から絶縁されたと自称しており、金儲けを第一とする今の京極組ですら持て余す程の狂人である。ちなみに絶縁は、極道の中では一番重い刑であり、絶縁状が全国の組織にわたり、極道に復帰する目途が立たなくなる。紅林が姉に頼まれごとをされたため、銀行に足を運んでいた最中、高林が突如銀行内で銃を発砲する。高林は、「現金8000万円を入れろ」と現金を用意することを命令するが、「怪しい動きをした」という理由で銀行員を射殺し、支店長が集めた金が1200万円で気に食わず、支店長も射殺する。その後紅林は、犯人から飯を5分以内に買えと命令され、少しでも遅れたら人質の命は無いと脅されたため、全速力で買い出しをするも、その際に銀行の周囲は既に警官隊に包囲されており、機動隊が突入準備を完了している事を確認した。その後犯人が食事をとり始め、気が大きくなったのか紅林を相手に自分語りを始めた。実は組を絶縁されて自暴自棄になり、腹いせに世間を騒がすのが目的で銀行強盗を起こしたのだった。さらに自分をダークヒーローだと自慢するなど、あまりに身勝手な理由に紅林の怒りは頂点に達し、銃口が下に降りた瞬間紅林が攻めにいく。しかし、同時に高林が銃を紅林に発砲し、弾は紅林の左肩に命中する。しかし、幸いにも臓器には当たっていなかったため、痛みをこらえて倒れることなく手加減無しの全力パンチをお見舞いし、高林は顔面が完全にへしゃげる程のダメージを受けてダウンし、その後紅林の合図で警察・機動隊が一斉に突入し、紅林のパンチによって意識を失った高林はそのまま警察に確保された。その後紅林は病院へ搬送されたが命に別状はなく、今回は状況が状況だけに逮捕に協力した事を警察から深く感謝されるも、二人の犠牲者を出してしまい全員は救えなかったため、紅林の心が晴れる事は無かった。

  • 話の内容は改変されているものの、1979年の三菱銀行人質事件がモデルになったと考えられる。
全員手を上げんかい!!
この中に現金8000万を入れろ。今すぐだ!
京極組猟銃の高林と言ったら俺のことよ。まあやり過ぎて絶縁になっちまったんだがな

  • 田代 ×
久我の一年先輩だった元組員で、国生の舎弟であったが、極道で食っていけないという理由で組から脱退した。しかし、組から脱退したものの、ヤクザは脱退後も5年間は組員として扱うという暴対法の規定により、まともに就職もできず世間から爪弾きにされ、結局半グレの羅威刃(ライジン)の構成員になってしまう。その後、兄貴分だった国生に涙を流して謝罪し、国生も生きる為には仕方がなかったと心境を汲むも、闇に戻ったケジメはつけてもらうと粛清された。もしかすると、田代は天羽組の南田と同じように泣き落としで国生を油断させ、その隙に国生を攻撃するつもりだった可能性も考えられるが、国生はその手には引っかからなかったようである。
ちなみに組から許しを得て脱退した極道は「除籍」という扱いになる。この除籍は絶縁とほぼ同じ扱いで、除籍した者は二度と極道に戻れなくなる。故に当人が裏社会に舞い戻っても、半グレになるしか道がないのである。
天羽組に所属していた尾崎も、組上層部の祖父江を殺し絶縁になった後、まともに生活できず半グレに成り下がり、元舎弟であった小峠に殺されている。

  • 橋本
紅林二郎シリーズにて登場。紅林の地元で有名な薬物中毒のイカレ野郎であり、背中に仕込んでいる牛刀(牛を解体する際に使われる大型の包丁)で何人もの人間を斬っていることから、「牛刀の橋本」として知られていた模様。狂人その十四。少年院出所後に京極組に入ったものの、組で管理している薬物に手を出したことがバレ、破門にされた。動画では、紅林たちが乗車していたバスを突然占拠し、見せしめに乗客の1人である老人を牛刀で襲う(老人の生死は不明)。その後、バスの運転手の機転によって、バスはパーキングエリアに停車、乗客のうち5名だけが3分以内に戻ってくるという条件のもとトイレ休憩の時間が取られた。しかし、乗客のうち赤子を連れた女性がタイムリミットに間に合わず、牛刀で切られるかと思われたその時、紅林が間一髪のところで間に入ったことでその親子は命拾いする。当の紅林は重傷を食らったものの、すかさず橋本に一撃を加え、顔面を陥没させた。しかし、薬物によって痛覚が麻痺していた橋本は顔面陥没状態でも立ち上がり、紅林に攻撃を仕掛ける。その攻撃をかわした紅林は橋本の腹に肋骨が粉々になるレベルの強烈な一撃を加えるも、橋本はそれでもまだ倒れなかった。その様子を見た紅林は橋本がこれ以上の攻撃ができないよう膝に蹴りを入れ、歩行能力を奪うことに成功。そのうえで、橋本にもう一発ぶち込み、なんとか気絶させることができた。その後、紅林は橋本を縛るためのものを探しに行こうとしたがその時、高校時代から因縁のある久我と再会し、両者が激突する。この戦いは、対橋本戦で重傷を負っていた紅林にとっては分が悪く、実際久我に押されていた状態だったものの、久我はもともと橋本を粛清するために現れた様子で、戦闘の途中で久我の方から手を引き、決着は付かなかった。なお、気絶した橋本は久我の手で連れ去られ、その後の消息は不明だが、久我が「このゲスは消す」と言っていたことから、恐らくは極道の掟によって死の制裁が下されたものと思われる。
  • 武器が牛刀であることから、彼が起こした事件は2000年の西鉄バスジャック事件がモデルと考えられる。
たった今このバスは俺がジャックした! テメエ等は俺の奴隷だぁァァっ!
人間を解体してみまーす! 牛の気持ちわかりますかー!?
ひかねぇなぁ… ふぁにかしたか?

  • 藤岡竜男 ×
2022年1月4日の伊集院茂夫の拷問ソムリエシリーズで登場したターゲット。組の薬物に手を出して破門になったジャンキーで、理性のタガが外れて本能の赴くままに生きているまさに人面獣心の外道。たまたま見かけた被害者を己の欲望を満たすために車で轢いて拉致、暴行した上に後始末が面倒だとして車から抜いたガソリンで焼き殺していた。京極組でもこの事件の犯人が知れるとケジメを付けるために久我を向かわせたが久我が到着した頃には伊集院の助手である流川隆雄に無力化された後であり、久我は伊集院に威圧されるも藤岡を京極組が裁くためにナイフで斬りかかるが、道に外れたものを裁く心意気は同じとして見逃された。その後藤岡は伊集院によって頭に杭を打ち込む拷問にかけられた上で焼き殺されている。

  • 蝦川 ×
2022年1月16日の佐竹博文シリーズで登場。京極組の元構成員で、デスメタルのバンドマン風の姿をしており、毒で死ぬ人間を見るのを愉しむ快楽殺人鬼。京極組を破門された後は、黒焉街の自販機に猛毒のパラコートを混入させた缶コーヒーを仕込んで、無差別殺人を繰り返していた。佐竹がハローワークのある黒焉街に訪れ、気合を入れるためにアイスコーヒーを買ったが、ほぼ常温だということに違和感を感じ、コーヒーを飲もうとした際に、佐竹が京極組員の久我と遭遇。その後久我からクマの酷い男が通らなかったかと聞かれ、佐竹は通ったと告げた後久我は去っていった。その後コーヒーを飲み干した佐竹は、コーヒーにパラコートが含まれていたため激しい嘔吐に襲われる他、青緑色の液体を吐き、偶然戻ってきた久我が救急車を呼び、病院に運ばれる。その後佐竹は生死をさまよっていたが、回復している。
一方で、久我は激しく嘔吐をしている佐竹を観て蝦川の仕業と確信し、罪のないカタギに手を出したケジメを付けるべく追跡する。久我に見つかると毒を塗ったナイフで刺そうとするが、久我の超スピードの前にあっさり倒されて捕まり、その後は油風呂の拷問で処刑された。
既に4人も殺害していたため警察に捕まれば極刑は免れず、久我から制裁を受けずとも、どのみち地獄行きは確定していた。
毒を使い人が死ぬのを快く思う性格からして元ネタは恐らく妓夫太郎だと思われる。

  • 春日 ×
西園寺と同期だった構成員で、西園寺との出世争いに負けて京極組を脱退した男。元より外道だったらしく、脱退後に半グレ集団「蛇牙(ジャガー)」を結成し、西園寺の一人娘である由美子を手下に命じて陵辱させた。これに怒って久我と共にアジトへ報復に来た西園寺を待ち構えて銃撃することに成功したが、元プロレスラーで分厚い筋肉を持つ西園寺には通用せず、逆に西園寺からパワーボムを決められ、頭を机の角に強打して死亡した。

関係者

2021年11月15日の伊集院茂夫の拷問ソムリエシリーズで登場したターゲット。N県のIT企業社長だが、裏では京極組と繋がっている。

  • 柿本
紅林がバイトしていたゲームセンターのバイトリーダー。ガラの悪い性格で、後輩である紅林に威張るだけではなく、客に対しても横柄な態度を取るDQN店員。この店では高額人気商品を景品にした一回千円のクレーンゲームが人気なのだが、実はアームの強度を操作する事で絶対に取られないようイカサマをしており、客を騙して金を巻き上げてボロ儲けをしていた。さらにインチキだとクレームを言った子供客を柿本が恫喝したのを見て、流石に頭にきた紅林はバックヤードで柿本を問い詰めるが、引っかかる奴がアホだと居直る柿本に向かって「下衆野郎」と言った事で、逆上した柿本が紅林に殴りかかり喧嘩となる。
その正体は京極組の組員候補生であり、このゲームセンターが京極組のシノギである事が判明する。本職を目指すだけあって喧嘩に自信があるらしく、不意打ちとは言えパンチを受けた紅林は「思った以上にいいパンチ」と評しており、さらに戦闘で深々と前かがみに腰を下ろす構えをみせるなど、おそらくブラジリアン柔術などの実戦格闘術の経験者だと思われる。
だが慢心するあまり「素人のパンチでは絶対に倒れない」と油断したばかりに、紅林のパンチを受けて一発で顔面陥没KOとなった。

  • 瀧本薫
紅林が働いていたサパークラブの人気No.1店員。イケメンな顔立ちと話術で女性を虜にするのを得意としており、店の女性客の大半が彼を目当てに通うほどである。しかしその本性は女性を言葉巧みに誘導してピンクビデオに出演させている女誑しの外道。店の常連客であるアヤカ、レナに契約を迫っているところに違和感を感じ、さらに二人がか細い声で助けを求めたことで紅林が「契約は無効だ」と迫ると本性を現し力ずくでアヤカにハンコを押させようとしている。
ちなみに喧嘩は強くないようで、二階堂を顔面陥没KOした紅林に迫られるとアヤカに助けを求めるが、逆に紅林に倒すよう要求されてしまい、二度とその顔と話術で女性を騙せないようにと、全力パンチを食らって顎を粉砕された。

  • 山添
京極組が長年バックアップしていた国会議員。選挙戦の中盤までは天羽組がバックアップしていた千田が有利だったが、バックに付いていた京極組の強請りにより千田が立候補を辞退したことで当選を果たす。当選後、天羽組に不利になるような政策を進めていたが、京極組とともに中華料理店「紅龍」で祝勝会を上げているところを小峠、野田、和中の3人にカチコミを受け、裏口から逃亡を図るも野田に捕まり、足をアイスピックで滅多刺しにされた上で天羽組への協力を強要され、結果的に京極組を裏切った。

  • 時愛(トア)
京極組がケツ持ちしているクラブのエースキャスト。小堺が京極組を騙って女性を脅している件で、ママの命を受けて囮を務めている。危ない任務であったが本人は「虎徹のお願いなら頑張る」と語っており、久我には好意を抱いているようだ。

  • 裏社会のハッカー
ハッキングの天才。高学歴の秀才だったが愉快犯で不正アクセス行為を繰り返す内に闇社会に沈んでしまい、現在は久我に囲われてネット工作の依頼を引き受けている。

  • 情報屋
久我が裏社会の情報を得るために抱えており、フード付きの黒ロングコートに黒ずくめの服装に黒手袋、そして青い髪型が特徴。天羽組贔屓の情報屋並の精度を持つ。

  • クラブのママ
京極組がケツ持ちしているクラブのママ。京極組の組員が出会い系サイトで出会った女性を脅している噂を聞くと、その情報を久我に流している。京極組を騙る半グレの仕業と判明すると、おとり捜査のためにエースキャストの時愛(とあ)を貸し出している。

  • 馴染みの情報屋
ピンクの髪型と露出度の高い恰好をしている女性の情報屋。

  • 闇医者
見た目は30代の若い医者。水色の髪色をしている他、眼鏡をかけている。幹部の西園寺の治療をしたが、屈強な肉体故に腹部を撃たれても軽傷だった彼を「バケモン」と評した。

伊集院茂夫シリーズに登場。17歳の不良少年で、親は上場企業社長の資産家。

  • 西園寺由美子
京極組幹部である西園寺健吾の一人娘。父親である西園寺から溺愛されており、彼女に手を出す事は西園寺に命を奪われることを意味する。ある日、西園寺との出世争いで敗北し京極組を脱退した春日率いる半グレ集団「蛇牙(ジャガー)」によって陵辱されてしまい、精神病院に入院してしまう程、精神的に疲弊してしまった。だが蛇牙へのカチコミで父親が負傷した事を聞かされると、今までの塞ぎ込みぶりが嘘の様に回復。入院した父親と抱き合っていた。久我からは初対面の時「同じ遺伝子である事が信じられない」と評されたほど父親と似ていない為、おそらく母親似と思われる。だが性格の強さは父親譲りである。

敵対勢力並びにシマ荒らし

暴力団組織

天羽組シリーズ主人公の小峠華太が所属している空龍街を拠点に活動している京極組と肩を並べる武闘派ヤクザ。2021年12月18日の動画で敵対した他、何人かの構成員を粛清されている。中でも袈裟斬りの吉岡は和中に殺されている。久我と関与しているかは不明だが、2021年12月31日の動画では久我と紅林の名が天羽組に知れ渡っていた。
両組は非常に険悪で、京極組と敵対する紅林に対し天羽組(小峠野田)は「京極組とトラブルになったら加勢する」方針を示した。

天羽組に所属する武闘派狂人の一人。「日本刀の和中」の異名を取る剣の達人で、天羽組最強と目されている。外道構成員である吉岡を斬って捨てた張本人。

天羽組の若手構成員であり武闘派狂人。戦闘や拷問では串を得物にしている事から「串の北岡」の異名を取る。彼は一条とシノギでかち合った旨が語られている。

素人集団

  • 戯我死(ギガデス) ×(全員)

貴凛町にアジトを構える半グレ集団。京極組構成員・吾妻と結託して組の倉庫から現金や銃を盗み出していた。しかし盗んだ銃を売りさばいたことが久我と一条の耳に入ってしまい、吾妻と談笑しているところに久我と一条にカチコミされ全員あっという間に葬られた。

  • 雷奴怨(ライドーン) ×(全員)
組員である里中と共謀して京極組の偽造代紋ピンバッジと偽造名刺を闇サイトで売り捌いていた半グレ集団。カチコミをかけた久我と大園の働きで全員斬殺された。

京極組が拠点としている街でかなりの勢力を誇っている巨大な半グレ組織。巨大組織故に資金も保有する武器も豊富で、本職である武闘派ヤクザ組織とも渡り合える程。特殊詐欺の稼ぎが落ちていることに違和感を感じたカシラが久我に調査を進め、情報屋(伍代ではない)に依頼。その原因が、羅威刃の仕業、そして彼らに協力している元構成員の田代の仕業と判明。そして久我が結果を報告した後に、田代の兄貴分だった国生と共にカチコミされ、稲村と田代は粛清された。この半グレ組織は、過去に天羽組が金を密輸して稼いでいることを嗅ぎ付けカチコミしたが、和中の手でダルマにされている。
ボスである稲村や、小峠華太シリーズに登場した構成員の言葉から察するに、ヤクザを心底舐めきっている様だ(そもそも半グレ自体基本的にそういうものだが)。

  • 稲村 ×
羅威刃のトップ。かなりの武闘派で、ヤクザを化石呼ばわりして毛嫌いしている。スコップを得物にしており「化石掘り」と称してヤクザの腹をスコップで掘るのが得意技。田代と二人でアジトにいたところを田代を粛清しに来た久我と国生にカチコミを掛けられ久我と対峙する。久我のナイフをスコップで受け止めた後、アーミーナイフで久我を刺し殺そうと突進したが避けられ、久我に喉を掻っ捌かれ絶命した。

  • 小堺洋平 ×
35歳の半グレ。二人の仲間と共に常習的に京極組を騙って出会い系サイトで出会った女性を脅し、関係を強要していた。久我がクラブのママからその情報を聞きつけ、調査の結果真相が判明すると、おとりになった時愛(前述)によって三人ともまんまと久我と近藤の前に連れ込まれ、近藤の手で両の睾丸を潰される致命傷を負って倒された。死体は野島によって処理された模様。

  • 衣笠 ×
南米系の黒人による高級車窃盗団を組織していた半グレ。喧嘩では手榴弾を使う狂人で、部下の黒人たちを久我と野島が始末したところへ手榴弾を投げ込み久我に重傷を負わせている。しかし久我のスピードに敵うべくもなく、二発目の手榴弾を投げるため安全ピンを抜いた直後に腹を切り裂かれた上で自身の手榴弾で爆死した。

  • 亜濡琵栖(アヌビス) ×(全員)
組員である染谷と組んで京極組の金塊密輸ルートを使い荒稼ぎしていた半グレ集団。戦闘集団としてのし上がっていたが、染谷が一条に捕まったことで金塊密輸ルートを奪っていた事実がバレると日下の命を受けた菱山がヒットマンとしてリーダー・篠田を射殺し、残党は一条と久我に殲滅させられている。

  • 篠田 ×
亜濡琵栖のリーダー。愛銃のベレッタの扱いに長け、また銃の腕も立つ。また仲間への面倒見も良く慕われている模様。ヒットマンとして襲撃した菱山により仲間が倒れる中で菱山を撃ち倒し、とどめとして数発、念入りに身体に撃ち込んだが、ヒットマンとしての任務を全うしようとする菱山の執念で油断し、額を撃ち抜かれて斃れた。

  • 蛇牙(ジャガー)
京極組崩れの外道の春日が率いる紛らわしい名前の半グレ集団で西園寺の娘を陵辱した強姦魔達もここに所属している。怒り狂う久我と西園寺、そして新たに参戦した犬飼により組織は壊滅し生け捕りにされた残党は相良のサンドバッグにされた模様。

その他

  • 郷田義信 ×

バブル期に大企業の依頼で暗躍していた地上げ屋。当時はヤクザを傘下に入れて勢力を拡大していたが、暴対法が施行されるや組む相手を半グレに切り替えてかつての依頼者であった企業を脅して稼いでいた。強請られた企業の一つが日下に殺害を依頼すると久我がその任を受け、亡妻の命日で旧邸に一人でいるところを久我に乗り込まれるも、彼は少しも取り乱した様子を見せず堂々とした態度を貫き、何ら抵抗することもなく久我に射殺された。しかし、殺される直前の彼の発言(以下を参照)や堂々とした潔い態度は久我の印象に強く残ったようであり、動画のラストで久我は「くたばる時はああいう風に逝きたいものだ」と少なからず彼の死に様に敬意を表している様子を見せている。京極組の下道同然の組員達こそ、外道とはいえ相応の覚悟を持って活動していた彼の姿をぜひ見習ってほしいものである。
悪党には悪党なりの矜持ってのがある…… 最後に無様はさらせねぇよ……

ヒューマンバグ大学の「元ヤンフリーター・紅林二郎」シリーズの主人公で、曲がった事が大嫌いな正義の熱血漢。構成員の1人である久我とは高校時代喧嘩で引き分けた因縁がある。また京極組の外道構成員を何人もK.O.してそのうちの何人かは逮捕されている事から、外道構成員からは命を狙われている。但し、久我や一条の様な良識派はその限りではないが、例え外道とはいえ構成員を叩きのめされるという形で面子を傷つけられている為、報復対象に入っている模様。

関連タグ

ヒューマンバグ大学 京極組の天才・久我虎徹 元ヤンフリーター・紅林二郎 伊集院茂夫の拷問日記 天羽組の武闘派・小峠華太
暴力団 詐欺 外道
天羽組…京極組と肩を並べる武闘派ヤクザ。

関連記事

親記事

京極組の天才・久我虎徹 きょうごくぐみのてんさいくがこてつ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「京極組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9305

コメント