ピクシブ百科事典

紅林二郎

くればやしじろう

紅林二郎とは、漫画系YouTubeチャンネル『ヒューマンバグ大学』の動画に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

俺の名前は紅林二郎。世間の荒波の中生き残りに必死な元ヤンのフリーターだ。

概要


2021年7月6日の動画にて初登場。若干23歳の青年男子が苦労の日々を送る中で、見過ごす訳にはいかない悪党を拳で成敗する内容。ちなみに2021年11月10日付の動画では24歳になっている。後述する須永にさそり座生まれと答えているため、誕生日は10月下旬~11月上旬と推測される。

容姿

初登場時23歳の青年男子で、長身に体育会系の引き締まった体格をしている。いつも赤いTシャツとGパン姿で、時には灰色のパーカーを着ている。右手首に黒いバンドを巻いている。2021年12月30日付の動画にて志正町に在住していることが判明。顔付きから当初は子供に怖がられたりするところもあった。

経歴

学生時代は打たれ強い身体に、ほとんどワンパンで決着が着く喧嘩の強さ、そして喧嘩の際には髪の毛が赤く逆立っているように見える事から、全国の不良達からは自身の苗字をもじって「紅鬼(あかおに)」の渾名で恐れられていた。
学生時代に史上最悪の暴走族と戦ったことがあり、今でもその伝説は語り継がれている。
しかし、あくまで売られた喧嘩しか買わず、弱き者や教師、筋の通った話には礼節を以って一切手を挙げない、いわゆる「正統派ヤンキー」であった。この頃は血の気が多すぎたのか売られた喧嘩は全て買い、さらに弱い物いじめを見過ごせない性格もあって、毎日のように喧嘩をしては警察の厄介になっていた。
そのせいで学業を疎かにしてしまい大学進学を逃し、生来の頭の悪さも祟って卒業から5年経っても安定した職場に就けずにフリーターの毎日を送っている。高校の教師達も成績が悪いながらも憎めない彼を可愛がって就職先を世話しようとしたが、紅林は申し訳ないと思いながらもそれを断った。
過去に久我の連れの青柳が志正中にやられた旨が語られたため、中学校は志正中学校に通っていたと思われる。

彼が紅鬼と呼ばれた理由

高校に入ってから最初の夏に、60代の江原が不良に殴られてしまい、たまたま出くわし激怒した紅林が不良をボコす。その後紅林が婆ちゃん子だったため、年寄りには素直で江原と仲良くなる。しかし、虎狼狂走連合という暴走族が志正町に登場し、行きつけの公園で江原を袋叩きにしていた姿を見た直後に、容赦なく暴走族を潰し、即座に救急車を呼ぶも、生死をさまよっている状態だった。その後ライバル視している西条にこの狂走連合のアジトを聞き、即座にボコしにいく。虎狼狂走連合は40人近い喧嘩最強の暴走族だが、紅林たった1人(西条もついてきたが、初っ端からダウンされている)でこの暴走族を壊滅させた。この姿を観た暴走族が激しく恐れ、逃げて行った。この大量にいる暴走族をたった1人で壊滅したことが、「紅鬼」と呼ばれることになった。その後江原は族を潰してから1週間ほどで目を覚ました。

性格

強い正義感を持った人物であり、曲がったことを嫌う性格。
学生時代の反省からか、現在は自分が何を言われても一切怒らない忍耐力を見につけ、横暴な態度を取られてもまずは下手に出て丸く収めようとするなど、大人な対応を身に着けている。
だが他人が傷つけられるのを目の当たりにすると、一気に頭に血が上って【紅鬼モード】になってしまう
街中でモラルを守らない者に対しては説教をし、相手が逆上して喧嘩を売ってきた際は問答無用で【紅鬼モード】になり、相手を完膚なきまでに叩きのめす。たとえ相手が女であろうと、人の道に外れた卑劣な悪党には容赦なく鉄拳制裁を食らわせて顔面陥没させる。この際、相手が悪いとはいえ明らかに度を越してやりすぎてしまう事もしばしばあり視聴者の間でも紅林に対して賛否両論になるケースもあった
強敵と対峙して窮地に陥った時に再び奮起すると、赤髪に金髪に入り、一瞬稲妻が走る。なお、2022年3月7日付の動画では終始赤髪になっているが、これは強敵との連戦によって常に【紅鬼モード】となった為。
また、これに加えて相手の下衆論理の所業を見ると、髪色が更に光沢が増し痛覚すら感じないほどであり視界が真っ赤に見えるほどのパワーとなる(現段階で一番上であろう紅鬼モード)
案の定、毎回警察に過剰防衛として逮捕され被害者を想いながら留置所で過ごすが、次の動画では必ずシャバに戻っている。ただし、相手が凶器を振り回したり銃を発砲したりするヤクザなどの場合は、彼自身もかなりの重傷を負うためか、特に過剰防衛を問われることはない。

なお、よく勘違いされるのだが殺人に躊躇がないとは異なり彼は一切人殺しをしない。それどころか目を潰す、四肢を切断する等の取り返しのつかないダメージを負わせることも全くない為、彼と戦ったチンピラや極道達はその場でこそ顔面が陥没してしまうものの、再登場した際は普通に完治して活動している様子が描かれている(見方を変えれば的確に相手を無力化する技術を有していると言える)。(一方、極道が詐欺師や半グレを粛清する際は特段止める事もなく静観して見殺しにしている。)
また極道という存在についてもはっきり「嫌い」「反社会勢力に加担するなど、お日様に顔向けできなくなる」と言い放っており、激しく嫌悪している
とはいえ、カタギを巻き込まない極道にはさん付けしたり敬語を使って接している。

学力

週刊少年ジャンプが愛読書である様で、「キン肉マン」「北斗の拳」「魁!!男塾」「ジョジョの奇妙な冒険」などへの造詣が深く、社会の授業では歴史人物の名前を漫画キャラと間違えて答えて教師からツッコミを入れられるのがお約束であった。ちなみに彼が尊敬する人物はダリオ・ブランドー(クズ中のクズ)、面接で二度ほど言っておりネタなのか本気なのかは不明。(クズではあるが、一応息子を思いやる親心を心の奥底で持っている人物である為、そこを評価しているのかもしれない)
ただし、2021年12月6日付の動画では自動車を運転している場面があることから、本気を出して勉強すれば自動車の運転免許を取得できる程度の学力はある模様。また、毎回悪党に説教をする際には視聴者の心に残る名言を数多く語っていることから、国語の潜在能力もかなり優れていることがうかがえる。恐らく、彼はもともと頭が悪いわけではなく、学生時代に漫画ばかり読んでいて勉強を全くしなかったために成績が悪かっただけなのだろう。この他、アイドル好きという意外な一面がある。

周囲の関係

地元・志正町でも周囲から「二郎ちゃん」と呼ばれて慕われており、地元警察署でも苗字ではなく「二郎」として覚えられており、事ある毎に留置所の常連になっている。しかし、警察の方も彼が正当な理由なく暴力を振るう人間でないことは理解しており、悪質な詐欺グループやDVなどの凶悪犯の逮捕に貢献していることもあって、最低限の処分で済ませている節がある。
高校卒業後は実家を離れて現在はアパートで一人暮らしをしている他、身内では両親に兄・孝太郎夫婦と姉夫婦とその息子、子供の頃に亡くなった祖母の存在が確認されている。亡き祖母の教えを守るおばあちゃん子であり、また、姉にも経済面で幾度も助けられているため頭が上がらない。
女性関係も、自身の経済面の事情で日々の身銭を稼ぐのに必死でそれどころではないが、騒動に巻き込まれる際に女性を救う形で知り合いになり、また救われた女性から熱烈なアプローチを受ける事もある。現在は後述の上堂リサから告白される形で付き合っている模様。

志正町

紅林が住んでいる地域。数年前までは昭和の絶滅危惧種のような不良や暴走族が跋扈する非常にガラの悪い町だったが、現在は治安が良くなり閑静な住宅街となっており(おそらく紅林が町中の不良グループや暴走族を一掃したからだと思われる)、志正門と呼ばれる旧家が国の重要文化財に指定されて観光名所となっている。だが日本有数の繁華街である空龍街が隣接している土地柄から、チンピラが入ってきて揉め事を起こす事が多く、さらに最近では京極組が進出を開始して住民に阿漕な商売を働くなど、治安が悪化しつつある。

強さ

センシティブな作品


そんな道理、お天道様が許さねぇ!
自らが「鋼鉄よりも硬い」と豪語するように、常軌を逸する程の固い拳の持ち主。全体重を込めて振り抜くパンチは、相手のガードを突き破って顔面陥没させる程の威力を誇り、これを見た者達は「交通事故」と例えられている。また、強靭な足腰から生み出される瞬発力により一気にゼロ距離まで間合いを詰める事ができる。同時に繰り出す拳での早撃ちは、間合いの読みに長けている剣道の有段者ですら驚愕するほど。滅多に見せないが蹴りを使う事もあり、これもまた相手の顔面を陥没させる程の威力がある。
格闘技経験者の攻撃をノーガードで受けても耐え切る、常人ならば細切れになっている連続斬撃を喰らっても失血死寸前で済む、車に真正面から轢かれても軽い傷で済む、本気で固めれば鋼鉄よりも硬い腹筋などで銃弾を受け止めてしまうと言う、非常に頑丈でタフな身体をしている。トレーニング等は一切していないのにも関わらず生まれ持った身体能力とタフネスだけで格闘技経験者を圧倒する、正に喧嘩をするために生まれたと言っても過言ではない怪物である。元殺し屋であるカリンでさえ、素手ではかなわないと感じるほどで、あの最強の殺し屋である瓜生ですらパワーじゃ勝てないと感じるほど。自身のパワーは簡単に人を殺めるものである事を理解している為、それを高める武器を用いる事は頑なに拒んでいたが、殺し屋などの素手では手に余るプロフェッショナル相手では解禁する様になった。学生時代は野球部だったらしく、金属バットを武器にすることが多く、こだわりも強い。他には、警備のアルバイトをしていた時に、支給されていた特殊警棒を使った事も。
だが本人は亡くなった祖母による「お前は人より力が強い、その力は自分じゃなく誰かの為に振るいなさい」という教えに従い、専ら弱者を救う為にのみ拳を振るっている。実際、一度やりあった野田によると「正義の怒り(=外道への怒り)」が力の源となっている。
自分からは決して先に手を出さず、あくまで相手が先に手を出した上で、正当防衛として反撃する形で拳を振るう。その際に情報を聞き出すためにあえて1番強そうな奴をボコボコにして晒し者にし、戦意喪失させた上で尋問する場合がある。
生まれ持った才能は凄まじく、喧嘩という場数も相当踏んでいる為、戦闘能力は非常に高いが、これといった武術や戦闘術などを一切習得しておらず、戦闘スタイルは素人の喧嘩殺法でしかない。その為、才能も相当な上に剣術や射撃をはじめとする武術や戦闘術に熟達している圧倒的格上の相手に対し、防戦一方になる事も多い。実際、そのような人物と相対した際に勝利したり生き延びた時の紅林は「自身のずば抜けたタフネスで無理矢理耐えて本気の拳を叩き込んで一発逆転」と言う「捨て身のカウンター戦法」を取っていた事が大半である。とはいえ、最近では武闘派狂人極道やプロの殺し屋など紅林のタフネスでも耐え切る事が困難な攻撃を矢継ぎ早に繰り出してくるような殺人のエキスパートと戦う事が増えた為、前述の捨て身のカウンター戦法は奥の手とする様にし、因縁のライバルの様に自身の速さと経験則を活かして相手の攻撃を回避してから攻撃を叩き込む様になった。

武闘派ヤクザとの遭遇

これほどまでに強く無敵と思われがちな紅林だが、2021年10月3日付の動画にて、偶然にも本職の極道である小峠華太およびその兄貴分である工藤と遭遇。紅林はこの二人から発せられる凄まじい殺気に圧倒されて、何も手出しができずに怯えていた。これが恐らく、紅林が初めて恐怖という感情を抱いた瞬間だったと考えられる。もっとも、紅林は喧嘩の場数こそ桁外れだが人殺しは一切やった事がなく、あくまで堅気の一般人であり、極道の小峠とは住んでいる世界が違う事を忘れてはいけない。また小峠の方も、紅林のパンチを食らって頭蓋骨ごとつぶれた悪党達の顔面を見て、こんなパンチは見た事がないと紅林の強さに驚き、「武器もなく(武闘派揃いである天羽組の)兄貴分に匹敵するポテンシャルを感じた」と高評価していた。同行していた工藤や、後述に記載した野田も強さを認めるほどで、彼の腕っぷしの強さは天羽組に知れ渡っているほど。
その後、紅林はなぜか天羽組と対立している京極組の武闘派ヤクザ達を相手に闘うことが多くなったが、その時にはヤクザへの恐怖心を克服して勇敢に立ち向かっている様子を見ると、紅林は小峠との出逢いを通して、ヤクザに対する免疫がある程度できていたと見ることも可能であろう。紅林シリーズの視聴者コメント欄には、この先紅林が京極組との闘いで殺されそうになった場合、天羽組や後述の伊集院茂夫が助けに現れる展開を心待ちしているとの感想も少なくない。また、実際に遭遇した小峠が、紅林が京極組に狙われていることを知り、連絡先を教えたりしている。
その後、2度目の小峠と遭遇した際は、1回目とは違い殺気には圧倒されず、野田からの殴り合いに応じていたことから、確実に成長していることが分かる。

声優

紅林二郎の声優は、伊藤タカユキ氏が担当している(但しこちらの動画では伊藤氏が新型コロナウイルスに感染し療養中のため、佐竹博文役のヤシロこーいち氏が代役を担当)。

関係者

紅林家

  • 紅林孝太郎

二郎の兄。真面目で堅実な中小企業のサラリーマンで、一見すると二郎とは対照的だが、二郎との仲は至って良好である。

  • 紅林美幸
孝太郎の妻。孝太郎との夫婦仲は良好。良家の出で厳格な父を持ち、父親は孝太郎の事を娘を任せられると信頼している。本編より一年前に、結婚3年目にして妊娠したが重度の障害を患った末に死産(その際に医師が献体として提供しほしいと持ちかけ、あまりの非常識な態度に二郎は殴り倒し、遺骨は紅林家ノ墓に埋葬された)、周囲の励ましの甲斐もあり立ち直り、翌年に念願の第一子を授かった。

本名不明。学生時代は二郎同様ヤンキーであり、今でもその名残りを残しているいわゆるヤンママ。現在は結婚して息子・豊をもうけている。二郎を度々経済面で助けているため、二郎も頭が上がらない。元ヤンキーの反面、虫が苦手。

姉の息子で6歳。叔父である二郎にとても懐いており、二郎も彼の事を溺愛している。ただし、この動画では二郎の顔を怖がってる描写があった。虫が大好きで、2021年11月23日の動画で、ショッピングモールに虫をぶちまけられ、周りがパニックになってる中で、「ムシは無視!」と言い黙々と食事を続けていた。

  • 祖母
故人。二郎に因果応報や弱い人々を守るのが強く生まれた者の務めと教え、二郎に影響を与えた。たまに実家に帰る際に何故か祖母の幻像が見え、「結婚相手も気長に探すといい」など話してくれる(幻聴が聞こえる)。

  • 両親
2021年12月15日の動画に登場。成績優秀な孝太郎を常に褒めていたが、それが二郎にコンプレックスを抱く事となり二郎は一時期家出した事がある。もちろん両親も二郎を愛しており、二郎の気持ちに気付けなかった事に謝罪している。

学生時代の関係者

  • 西条秀郎(不良学生)

高校時代に紅林に度々喧嘩を売ってきた他校のヤンキーで、紫のリーゼントが特徴。喧嘩自体はそれ程強くないものの、度胸のある性格の持ち主。初登場は2021年10月14日の動画で、この時には既に上前歯が折られており、それでも懲りずに紅林に喧嘩を売っては負けて下前歯も折られる。さらに2021月11月1日の動画では鼻も曲げられたが紅林が殴って元に戻した。度々喧嘩を挑んでいるとはいえ普段から険悪な仲というわけではないようで、虎狼狂走連合のたまり場を教えたり、二郎がそこへ乗り込もうとすると同行したりしている。友人が少ないらしく、携帯の連絡先は片倉と紅林の2人のみという。
後述の片倉にも喧嘩を売った事があり、やはりというかワンパンで倒されている。
現在は職業不詳(無職という説も)だが親と同居している上に子煩悩なためか生活には困っていない模様だが、男としてひと山当てたいとSNSに「西条天下取り計画」というおバカな計画を挙げている。紅林曰く「せいぜい300円の価値の男」。

余談であるが、場合によって西條と表記される場合がある。

  • 片倉
紅林の学生時代の友人。別名『カウンターの片倉』で、攻撃を仕掛ける相手の心理を読んでフルカウンターで反撃する戦法と得意とする。初登場は2021年10月14日の動画で、紅林のバイト先の工場で「家族がコロナに罹った」と言ってカンパを集めていた田丸という男が、実は寸借詐欺師である事を紅林に教えた。二回目は2021年12月10日の動画で、この回では女性をヤク漬けにして売り飛ばそうと企む京極組の金子と成田らを倒すために、紅林と共闘している。三回目は半グレ集団に誘拐された西条秀郎を救出するため紅林と再び共闘する。なお西条救出後、西条から「自分(=西条)の携帯には片倉と紅林の連絡先しか入っていない」という話を聞かされ、西条の交友関係があまりにも狭いのが不憫すぎて泣きそうになる。

  • 友人
本名不明、二郎の事を『ジロちゃん』と呼んでいる。二郎のヤンキー時代からの親友で、二郎並みの体格に金髪のオールバックが特徴。裏世界に生き、時折二郎からの相談に乗り、トラブルに好かれる体質だと苦笑しながらも裏世界の情報を提供する。

  • 近藤
二郎の高校時代の先輩で、高校時代は札付きのワルだったが二郎とはウマが合った上に理解者の一人として、二郎も何かと世話になっていた。卒業後はヤクザに入っていたが、結婚して娘が生まれたのを機に足を洗って定職に就いている。ヤクザの頃に小指を詰めていたが、西条の義肢を着けており、二郎に西条のバイトを紹介する。
なお、義肢職人の西条は、前述した西条秀郎とは別人である。

  • 太田
二郎の学生時代からの友人。

※番外編に登場。
紅林の近所に住む住人の男性で、高校時代の同級生でもある。
親の言うとおりに勉強に専念したのだが、就職活動に失敗、やっとの事で就いた職場でもうまくいかなかったことで挫折。現在では引きニートとなってしまった。

  • 上田和正
※番外編に登場。



紅林の近所に住む学生時代の同級生。学生時代に他校の不良生徒にカツアゲされそうになったところを紅林に助けられてもらったものの、上田自身は紅林の様な性格にはなりたくないと思っていた。
小学生時代からフィギュアに没頭していたため20年以上彼女がおらず、女性に話しかけると緊張してしまう性格だった。そんな中マッチングアプリで2万円以上課金したことで偶然出会った美女『アリサ』とデートすることになったものの、彼女は実際は男性、つまりニューハーフであったことが判明。これに激怒した上田は男の純情を弄ばれたと思い込み、それまでのアリサに対する愛情が一気に憎悪へと裏返ってしまい、アリサの顔面を怒りに任せて殴り続けて彼女を殺害。その後は放心状態で自宅の周囲をフラフラと歩いていた所を紅林と鉢合わせ、紅林に死体処理を手伝わせようと自室へ連れて行き、アリサを「女のフリをして俺を騙した死んで当然の詐欺師」と主張したが、この話を聞いて激怒した紅林は上田の睾丸と顔面を叩き潰し、アリサが性別を偽ったのは決して悪意があって騙そうとしたのではなく女性として愛して欲しかったからで「どんな人にも色々な生き方と幸せになる権利がある」と諭し、上田を警察に自首させた(この時紅林は上田の付き添い人として同行していたが紅林自身も上田を殴って大怪我をさせてしまった件で逮捕されたかは不明)。取り調べでアリサも上田と同様ずっと恋愛出来なかったという事実を知った上田は、自身の過ちを後悔することになった。
紅林に鉄拳制裁されなければ間違いに気付けなかっただろうかと自問自答しながら、生涯をかけてアリサの遺族に償う事を決意した。
彼の登場する2021年12月1日の動画は、彼の視点から見た物語となっている。

恋人候補(たぶん)

アイドルグループのメンバー。元天羽組の構成員であるノコギリの橘に命を狙われた所を紅林二郎に助け出された。そのこともあってか一目ぼれをされ、デートに誘うなど以降も登場しているが、やはり災難な目に遭ってしまう。

その他

御存知の通り、国の治安を守る行政機関の皆様。様々な犯罪を取り締まる立場に位置する事から、悪党を成敗した紅林も度々警察の世話になる事もある。
その事もあってか紅林をすっかり認知しており、動画の冒頭で弱者を虐げた悪党を成敗した紅林を見付けては「またアイツ(紅林)か!(例)」と確保に向かっている。その一方で上記の通り紅林が正当な理由なく暴力を振るう人間でないことは理解しており、寧ろ悪質な詐欺グループやDVなどの凶悪犯の逮捕に貢献している為か、紅林を逮捕しても最低限の処分で済ませている節がある。
2021年12月10日付以降の動画では、冒頭でのやりとりも明らかに相手側に原因があると理解している会話が出てきており、2022年2月14日付での動画では、本心では許したいと思っている事が判明しており、その事もあってか相手側が刃物を持った場合は正当防衛とみなしている(無論、刃物を持っていない場合は業務上では紅林を逮捕しなければならない為、警察官としても複雑なのだろう)。
3月30日付の動画では、豪華クルーズ船をハイジャックしたならず者の二人組がライフル銃の所持と人質に取った事から手こずってしまったが、最終的にその内の一人を狙撃して銃殺。もう一人も紅林に顔面陥没されて気絶した所を確保した。
「また二郎だ!」
「相手が悪いんだけどさぁ」

  • オヤッさん
二郎が子供の頃から世話になっている定食屋の店主。子供の頃に戦争でひもじい思いをした経験から、今の若者にはたくさん食べてもらいたいと大盛サイズの料理を提供している。今でも出世払いで食べさせてもらっており、二郎も頭が上がらない。膝を悪くした時に、二郎が店を手伝ったこともある。

二郎の実家の近所で駄菓子屋を営んでいた老婦人で、二郎も子供の頃から駄菓子屋に訪れており懇意にしている。悪徳不動産屋に騙されて駄菓子屋を手放してアパート暮らしを余儀なくされ、しかも手付金を反古にされて不動産屋が暴力に訴えようとしたため、それに激怒した二郎は元力士の不動産屋を叩きのめす。その後不動産屋は詐欺などの容疑で逮捕されたが、駄菓子屋は法的手続きを済ませているため取り戻す事ができず、悔やむ二郎にそれでもありがとうと感謝した。

  • 西条(義肢職人)
義肢職人の女性で、ヤクザの社会復帰のために詰めた小指の義肢を製作をしている。義肢職人としての腕は確かで、足を洗って定職に就きたいヤクザの間でも口コミで訪れるほど。ヤクザの脅しにも屈しない芯の通った性格の持ち主。近藤の紹介で二郎をバイトとして雇う。

  • 太田の妹
太田の6歳下の妹。二郎は学生時代、太田の家で一緒にゲームをして遊ぶこともありたまに面倒を見ていたが高校卒業と同時に疎遠になっていた。二郎が会社の面接を受けようとしていたところ駅で再会したときには結婚し一児の母となっている。二郎と別れた矢先、通り魔に酸をかけられそうになるが、異変に気づいた二郎が身を挺してかばったため事なきを得ている。

  • ゲンさん
地元の志正町で長年暮らしているホームレス。二郎が中学の頃に些細な事で家出した際に呼びかけられ、ホームレス達になだめられた事がある。この出来事がきっかけで度々会話をする事があり、二郎は人生の師だと尊敬の念を抱いている。

  • 雛田聖子
※番外編に登場。



生まれつき太陽(紫外線)に弱い「色素性乾皮症」を持ち、日中の外出の際は防護服を必要とする。ある日父親とデパートに出かけた際に半グレ2人に心無い言葉を吐きかけられた上に暴力を受け、止めに入ろうとした父親も暴力を受けた所でその場に居合わせた紅林に助けられ、事情を聞いた紅林は周囲に「必死に病気と闘っている者を笑うな!」と説教、警察に逮捕される紅林に父親と共に感謝し、医学の進歩で外に出れる日まで頑張ると紅林に誓った。
ちなみにこの動画はぼったくりガールズバーの店長と従業員とその店の用心棒の半グレをボコボコにする回の代替えでもある(いくら正義の鉄拳制裁とはいえど女性を殴ることは流石に可哀想だと判断したためか現在は削除済み)。
彼女の登場する2021年9月16日の動画は、彼女の視点から見た物語となっている。

  • 梅子
紅林の住むアパートの2つ隣に住む老婦人で、生活苦の紅林に食べ物をお裾分けしてくれるなど懇意にしており、命の恩人と感謝している。コロナの感染症を恐れていた所を新興宗教団体「ブルー・リチュアル」に漬け込まれて勧誘し、年金の殆どをつぎ込んで怪しげな商品を購入していたが、その事を知り憤慨した紅林は本部へ押し入り教祖とボディーガードの白武を叩きのめして警察に突き出した。

  • 江原
志正町に住む老人。紅林が高校に入った当時すでに60を過ぎ杖を付くほど足腰も弱っていたが、公園に不良が昼間からたむろしたりタバコをポイ捨てすると注意する気骨のある人物だった。ある日注意した不良に暴行を受けていたところを紅林に助けられたのが切っ掛けで知り合いとなる。虎狼狂走連合に対しても同様に注意したところ意識をなくした後も暴行を受け、重体に陥るが紅林が狂走連合を潰した1週間後に意識を取り戻し、それから8年経った後も健在である。

  • 馬場の妻
伊集院茂夫シリーズにて登場した拷問ソムリエの依頼者。夫である馬場博光が、堂馬利信から不正な土地買収を強要された挙句口封じで殺害された事で、堂馬の汚職の真実を世間に公表しようとしていた。その為堂馬にヒットマンを差し向けられ殺されかけたが、間一髪で紅林が助けた。公式Twitterでは、この直後に発されたと思われる紅林の台詞が投稿されており、どうやらそのヒットマンは首にタトゥーを持つ人物らしい。

他シリーズの主要人物

※外部出演。



深夜の帰宅途中、酒を買おうと立ちよったコンビニで包丁を握った通り魔殺人鬼に遭遇し襲撃を受け両手を切りつけられてしまう。さらに2人目の殺人鬼まで出現するという天文学的確率のピンチに見舞われる。殺人鬼達が同士討ちを始めた隙に逃げようとするも、最初に受けた傷による大量出血で体がふらつき、殺人鬼達の間に倒れ込んでしまい2人同時に刺され死の淵を彷徨うようになる。殺人鬼達は殺し合い末に一人がメッタ刺しにされて絶命し、残った一人が身動きの取れない佐竹に迫り最後の一撃を喰らわせようとしたその時、間一髪駆け付けた紅林が殺人鬼を鉄拳で制圧、なんとか命拾いした佐竹はそのまま意識を失い、紅林が呼んだ救急車に乗せられて病院へ搬送された。
病院で意識が回復した佐竹は、救急車が来た後に紅林が名前も名乗らず立ち去った事を聞かされて、名も知らぬ恩人に深く感謝すると共に、いつか必ず恩返しする事を誓うのであった。
その後も必死で探し続けていたらしく、2021年12月30日の動画によるとついに紅林を探し当てて、今度お礼の為に婚約者の千恵と一緒に三人で焼肉を食べに行く予定になっている。だが社会のクズを呼び寄せる体質の紅林と、この世の不幸を呼び寄せる体質の佐竹が同席して何も起こらぬはずもなく、佐竹は元極道のジャンキーに人質にされながら下痢を噴射し‥‥詳細は2022年2月2日公開予定の動画にて語られるとの事。



2022年1月8日付の動画で再登場し、佐竹と知り合いになっていたことが判明。突如佐竹に怒り狂って噛みついた暴漢を見つけた紅林が取り押さえ、なぜ噛みついたのかを聞くと、ムカつくという理由で耳を引きちぎったため、紅林はいつもの如く鉄拳制裁を行った。しかし、犯人が本当に噛みついた理由は、暴漢の恋人がHIVに感染していたため理由を問うと、恋人は職場の同僚に無理矢理性関係を持たれそれで感染したと言っていたが、全くのガセであり実際には海外に派手に遊んでいたため感染した。またそれだけではなく、恋人は自分の保身のために職場の同僚を佐竹と勝手に決めつけ、その時暴漢もHIVも感染していたため、この話を聞いた暴漢は激昂し全く関係のない佐竹を噛みついた。そのため佐竹はHIVに感染している可能性があり、HIVの検査も数々行った。また耳を千切られていたため、手術やヒルなどを使用した治療を行った。その後の検査で幸いにもHIV感染は認められなかった。

2022年2月2日付の動画では、前述の通り焼肉を佐竹と千恵と共に食べている最中、京極組を破門になった九鬼に突如人質を取られてしまい、過去に粛清した元京極組の高林と同じ状況になってしまう。しかし緊張感のあまり佐竹が途中で紅林に話してしまい、人質を取られてしまう。佐竹は九鬼から「焼肉を焼け」との命令で、結束バンドで手を拘束されながら慎重に焼いていたが、その最中に強烈な腹痛と吐き気に襲われ、生のレバーを食べたことが原因でサルモネラ菌を発症し、辛抱している表情を見た九鬼が激怒した瞬間、集中力が切れてしまい大量嘔吐と下痢をしてしまう。またそれを見た九鬼が佐竹の腹を切りつけてしまい、その衝撃でとてつもない勢いで嘔吐したが、その際に吐しゃ物が九鬼の顔面にクリーンヒットしたため、九鬼はあまりの勢いに驚いて牛刀を落とし、その際に紅林が鉄拳制裁をしたことで、人質も解放され、佐竹も含めた怪我人も搬送された。佐竹はその後1週間眠り続けたが、無事に退院した。

3月30日の動画付では以前焼肉屋を奢ってもらった礼として、クルーズの招待券を手渡した。クルーズを満喫するも、ならず者の軍団に襲われ、事態を飲めない佐竹をいきなり太ももに銃弾を受けてしまう。その後は恋人の千恵に応急手当をしてもらい、しばらく様子を見るもアニサキスのアレルギーのためか嘔吐してしまい、それに刺激を受けたならず者に銃口を突き付けられるも、佐竹が嘔吐した際に怯んだところに紅林が制裁をくわえることができた。なおこの時佐竹の口から鬼頭についても語られており、ゲデモノ料理を食すのが趣味な鬼頭に佐竹同様同情はするものの、秘境を冒険する鬼頭に興味を抱き、事件後には近頃の不運続きなどから気分転換に佐竹や鬼頭らと一緒に同行しようと考えていた。

※佐竹博文の婚約者。
前述の襲撃から佐竹を救出したことをきっかけに彼を見付け出した。後に佐竹を助けたお礼をする為に3人で焼肉屋に行くことになった。クルーズ内では銃弾を受け負傷した佐竹を冷静に手当てをする彼女に驚いてた。

同チャンネルで登場する、世界を股にかける奇食ハンター。2021年10月1日の動画で、鬼頭が募金するシーンが映っている。2022年3月30日の動画では佐竹の口から彼についても語られており、同年4月17日の動画では佐竹の紹介を受けて鬼頭の新たな助手としてインドに赴いている。

伊集院茂夫の助手。1月22日の動画にてコラボすることが予告された。
志正町で半グレを粛清をしていたところ何処からか現れて共闘したとのこと。紅林から見たら正義感の強い良い男だけど爽やかな表情でゲスの膝を破壊する姿に狂気を感じていた。




4月24日の動画にて共演。上述の美火暗およびその関係者の粛正に鉢合わせた元殺し屋の移動式メロンパン屋の看板娘。紅林は彼女から殺し屋の割には優しいオーラを感じていた。
殺し屋時代の血が騒いだ香鈴に戦いを挑まれ(素手だったこともありあくまでも殺す気はなかった)も逆十字で組みつかれるも剛腕で振りほどき、殺し屋であった彼女をして「素手じゃどうしようもない」と言わしめるほどのパワーを見せた。




5月17日の動画にて共演。かつては最強の殺し屋で死龍と呼ばれており現在では移動式メロンパン屋を営んでいる。
紅林が貴凜町にある大きな神社でアルバイトをしており宮司が勘当した一人息子が放った刺客と対決。その際宮司の娘である凜を庇って窮地に陥った時刺客の背後に登場し羽交い絞めにする。その後、紅林が放った怒りの一撃で刺客諸共吹き飛ばされる。
立ち去る際に噂の剛拳を見せてもらえたと言っている辺り香鈴から紅林の事を聞いていると推測できる。
紅林が刺客に背中を斬られていたとはいえ瓜生を以てしても怒った時はエグイ。パワーじゃ誰も敵わないと語っている。
余談であるが、2月25日の動画では瓜生とは共演していないが、瓜生のメロンパンの常連であるシゲが働いていた生活困窮者を集める施設の「希望の館」で紅林も働いていた。


裏社会関係者(他シリーズの主要人物は除く)

  • 英宇と英浩

青髪の中国人兄弟。その正体は殺し屋であり、紅林が警護していた雨宮が、真っ当な方法で上海に開いた商業施設の影響で路頭に迷わされた者たちの復讐(というよりは八つ当たり)の代行役として雨宮の命を狙うも、紅林があいだに入ったため、先に紅林を始末しようとする。
個々の戦闘力が高く、兄弟として緊密に連携して攻撃してくる上に、紅林の顔面陥没パンチも耐えきってしまうため、紅林をしてもかなり苦戦する相手だったといえよう。なお、この回では決着がつかなかったものの、紅林は既に打つ手なしの状態だったため、金砕棒の海瀬との戦いで見せた第三形態を使ったとしてもこのまま戦闘を続けていれば紅林が敗北していたものと思われる。

女性ばかりで構成されている犯罪組織であり、美人局や痴漢冤罪などの女性しかできない犯罪で荒稼ぎしている模様。現時点では、紅林とは腐れ縁の関係である西條を誘拐し、身代金を要求したグループの主犯格である美沙、紅林と同じアパートに引っ越してきた若者集団のリーダー格の三浦と桜庭の3名が登場している。

京極組が居を構える黒焉街に蔓延る巨大な半グレ組織。京極組と激しく敵対している。現リーダーの城ヶ崎は冷酷非情な極悪人で、紅林には騙し討ちで腹を刺し抉る、久我含む京極組には本部を爆破して死者と重傷者を複数人出すという危害を加えている。それ故、紅林と久我は一時休戦し、城ヶ崎を潰す為に手を組んだ。その後紅林は羅威刃の幹部である神原(かみはら)と激突し、真正面から凄まじい殴り合いになったとのこと。

極道組織関係

彼が鉄拳制裁をする者が極道の組員というのもたまにあり、後述に記載されている京極組では、何人かのメンツを鉄拳制裁され、復讐を計画している模様。
同時に、天羽組を始めとする関東極道の間で紅林の名が知れ渡っている。

天羽組


主人公の小峠華太が所属している武闘派ヤクザ。紅林二郎シリーズでも噂などで登場したり、すれ違うなどと少々場面がある。ちなみに彼の名は天羽組でも知れ渡っている。




『アラサー中堅極道・小峠華太』シリーズの主人公である中堅ヤクザ。
就職先の倉田商事が詐欺だと判明し相手2人を気絶させ警察へ通報(と自身の自首)を行う前に登場。その後は小峠の組織2人によって犯人2人を完全に殺害、紅林も第一発見者として事情聴取を受けた。




彼は「アイスピック野田」の異名を持ち、アイスピックで串刺しにする狂人。2021年12月3日付の動画ではそんな彼と衝突している予告動画が上がっている。また、野田からの凄まじい圧を感じ取っている。ちなみにこの動画では、小峠の舎弟である北岡が語り手。



2021年12月17日付の動画では、紅林を窮地に追い詰めたノコギリの橘にいつものアイスピック刺しで止めを刺したと同時に、橘をノックアウトした紅林に興味を示し「今度挨拶に行こうか」と言っている。
余談だが、最後のアイドルの手紙に書いてある連絡先の正体が紅林とやり合いたい野田説というのがコメント欄にいくつか存在する。
2021年12月31日付の動画で、紅林と野田が衝突した理由がスカウトだと判明しているので、もしかしたら紅林の腕前を見て強さを認めた野田が紅林をスカウトしたのではないかと思われる他、アイドルの連絡先については野田とやり合う動画が公開されてない今でも触れていないため、野田とやり合う時にアイドルの連絡先についても分かる可能性はある。その後この連絡先は、アイドルである上堂リサであったことが判明した。
この動画は小峠の舎弟である北岡と拷問ソムリエ見習いの流川が語り手。



そして2022年1月10日付の動画で、遂に予告されていた本編が投稿される。紅林が毒ガスで殺戮を目論んだ殺人鬼の毒島を粛正した後に遭遇。野田も毒島を粛正するという心意気が同じだった。その後紅林を天羽組に勧誘したものの、紅林は極道を始めとする反社会的勢力が嫌いだったためで断り、その後野田から男同士の殴り合いをすることになり、同時に昔の野田はヤンキーだったことが判明。両者ともに壮絶な殴り合いになったが、紅林が野田のやり返しをした後に野田は拳を納めた。その後、小峠が紅林が京極組に狙われていることを知り、連絡先を送った。その後野田は、「正義の怒りが力に変わるタイプだな。俺らみたいなエブリディ暴力は向いてねぇ」と小峠に告げ、どうやら野田には紅林の本気のパンチは怒りが頂点に達した時にすることのことで、暴力が日常茶飯事の天羽組には向かないと確信したため拳を納めた。





彼は「ドスの工藤」の異名を持ち、天才的な精度を誇る「ドス投げ」を行うほか、自身はボクシングの東洋太平洋チャンピオンを勝ち取った実力で、死のヤクザキックを行う。前述に記載した小峠と同時に登場。




彼は「アーミーナイフの小林」の異名も持ち、ナイフで腸を刺し「グリン」と回して殺す、イカレタ殺人鬼。2021年11月23日付の動画で、小林が買い物をしてコンビニから出るシーンが映っている。紅林は「あの客すげぇオーラだな」と述べている。

  • ノコギリの橘



ノコギリなどの刃物を武器に使う殺人鬼。2021年12月17日付の動画で、組の金に手を出したことで絶縁されたことで、逃亡前に以前から好きだったアイドルを切断するため、アイドルライブの会場にガソリンで火を付け、火を付けたノコギリでアイドルに襲い掛かった。止めようとした紅林をノコギリ2本で窮地に追い詰めるが、奮起した紅林に殴られ顔面陥没させられた。その直後、橘を粛清しにやって来た前述のアイスピック野田によって止めを刺された。気絶する直前にKOされたとはいえ、それでも彼の戦闘能力は紅林を初めて気絶させ病院に送り込んだほどであった。

小峠の舎弟。彼は「串の北岡」の異名を持ち、爪の肉に竹串で串刺しにする舎弟の中ではトップクラスに恐ろしい狂人。野田と同時に登場している。いつもは小峠と共にすることが多いが、珍しく野田と行動していた。橘が顔面陥没しているのを見て、事故にあったような勢いと語っていた。


彼は「バイティング須永」の異名も持ち、チタン製の歯で頸動脈を噛み千切る狂人。公式Twitterで、紅林と須永が鉢合わせた旨が語られている他、女を拐う半グレどもが 彼らを引き合わせたとのことで、両者ともにこの半グレを粛正しようとした際に鉢合わせたと思われる。

1月15日付の動画で公開。真崎と板倉に追われていた女性「雛森芽衣」をホテルに避難させ、とあるときに外のうるささに気づき、雛森を襲った2人を紅林が鉄拳制裁して顔面を潰した。その後に鉢合わせ、須永は星占いをしながら紅林に襲い掛かる。紅林に殴り掛かられるが、一度目は俊敏な身のこなしで回避したものの、二度目は回避しきれず顔面を殴られた。しかし、彼は打たれ強いというのに加え、即座に回転する事で顔面の中心を外した上に威力を分散、そのまま攻撃に転じて紅林を拳銃で撃ち抜こうとした。しかし、相手がシマ荒らしではないことに気付くと同時に、この相手が天羽組で話題になっている紅林であると認識した。その直後、須永は何を思ったのか、紅林の星座が何座かを尋ね、須永自身の星座は3位だったが「さそり座」と答えた紅林が2位だったという理由で、紅林を見逃した。紅林が去った後、須永は真崎と板倉をいつものバイティングで粛清した模様。




京極組

久我虎徹が所属している、天羽組と並ぶ武闘派ヤクザ揃いの極道集団。構成員は殺人経験の持ち主ばかりであり、真の殺戮者と呼ばれ恐れられている。複数の構成員を紅林に倒され、報復を企てている模様。しかし現在の京極組には良識ある構成員と外道構成員が存在している。その中でも良識ある構成員は紅林に対しての報復は考えておらず、むしろ標的である下衆を潰したことに感謝をしている。


高校時代、紅林は色々な半グレを鉄拳制裁してきたが、彼は勝負がつかず、唯一互角でやり合えた相手。紅林が様々な京極組と遭遇していた時は仁義外ればかりであったが、彼は良識派の構成員であり、腐った京極組を変えようとしている。また、一部の良識のある構成員である一条や相良などと協力し京極組を一枚岩にしている。しかし、2021年11月28日付の動画では、何らかの理由があって久我が紅林と激突している予告動画が上がっている。
2021年12月28日の動画ではバスジャックを起こした元組員の橋本を確保、粛清するために現場に訪れた久我と再会する。橋本に背中を牛刀で斬られていた上に、高校時代より格段に実力が上がった久我の猛襲に苦戦するも、意地を見せた拳で仕留め損なったものの猛襲を止め、長居は無用と橋本の身柄を確保して久我は去った。
その後、天羽組の北岡から、学生時代とは比べ物にならないほどの命を燃やすような闘いになったことが語られた。この戦いについては2022年3月5日に公開されている。詳しくは紅林二郎VS久我虎徹を参照。
2022年6月7日の動画では小学校の警備員アルバイトに勤しむ中、小学生が誘拐される事件が発生するも執念で逃げる車に食らい付き最終的には犯人の顔面を陥没させた。(警察の方々も「最近また外道が増えてきたか!」と突っ込んでいる事からも紅林の行いに理解を示している。実際、すぐに仕事に復帰している。)
ガラの悪いクレーマーの男が子供の声を煩わしく思い包丁を持って学校に乗り込み、応戦する。序盤から紅林が優勢でパンチとキックを1発ずつ決めるも、思うように倒れない相手に疑問を抱く。逆転の糸口を探そうとする中、先生とはぐれた女子児童が出てきてしまった事に気を取られた事で犯人は銃を取り出したばかりか女子児童に狙いを定める。紅林は肚に力を入れて堪え切るも、懲りずに女子児童に快楽的に銃を向ける姿を見て遂に激怒。(本人曰く、「過去一ブチギレた。目の前が真っ赤に燃えるようだった。」)

その後は銃で受けたダメージが無かったような俊足で犯人の腕を掴み一瞬でへし折り、渾身の一撃を叩き込む。倒した後もヤバさを本能で感じた紅林は容赦なく殴り続けるも、京極組の久我によって止められる。完全に犯人は気絶した後は久我に抱えられ病院に連れていってもらい、治療を受ける。

紅林が倒した相手は久我が所属する京極組が追っているドラッグの常用者であり、京極組が本格的に事を構える相手である巨大半グレ組織羅威刃の手がかりを掴むために追っていた。
紅林が羅威刃のトップである城ケ崎の名前を出すと久我は食いつき、因縁を付けられている事を打ち明ける。更に久我も事務所をトラック突撃と爆破で大破し構成員が重傷と殺害をされているのもあって、二人は同じ相手に因縁を持っている事を悟った。

そして紅林は宿敵・久我と共に羅威刃を倒すために手を組む運びとなった。


京極組の良識派構成員であり久我の先輩。極道を嫌い、幾度となく京極組の構成員と交戦した紅林も良識派であり異次元とも称される程の圧倒的な実力を持つ一条に対しては一度助けられた恩もあり、さん付けで読び敬語をつかって接するなど良好な関係を保っている。
一条も2022年4月22日の動画では自身を鍛えるために殴りかかってくれと頼み込む程には紅林のポテンシャルを高く評価している一方まだ成長の余地があると評した。


元京極組の仁義外れの構成員であったが、後に改心し一条と同じく良識派構成員である武闘派狂人極道。海瀬の初回登場は紅林編であり、当初は病院での狂気のシノギを行っていたため、そんな狂気を許すわけがない紅林にぶちのめされたが、もともと日下の指示で行っていたため、内心ではこのシノギに対して辟易していた。その後久我が海瀬との戦闘やらカチコミやらで汚いシノギを辞め、海瀬は良識派に戻った。その後京極組がケツ持ちしているレストランを壊す目的でクレーンに鉄球をぶら下げて店をグチャグチャにした半グレ組織、羅威刃の「鉄球ブラザーズ」を粛清するために共闘した。その後海瀬は紅林に「俺が悪かった」と謝罪し、いつか再戦しようと決意したのであった。紅林は俺が知っている男ではなかったと評価し、本来の海瀬の強さを知り、改心を喜んだのであった。


他のメンバーについて、詳しくは京極組を参照。

河内組

主に天羽組と対立している老舗の武闘派極道組織。天羽組の武闘派・小峠華太シリーズ以外で本格的に登場したのは紅林シリーズが初。

身長が2m近くあるであろう、ガタイの良い金髪モヒカンの極道。心の底からケンカが好きな人物であり、本気の紅林と互角に戦えるほどの高い戦闘力を誇っている。

殺し屋


見た目は金髪の優男だが、その正体は、世界的に有名な闇のアサシン「CODE-EL」に所属している一流の暗殺者。紅林との戦いでは一時的に逆転されることもあったが、基本的には優勢であり、紅林をあと一歩で殺せるという状況まで追い込む。結果的には、久我以外で本気の紅林をして撃破することができなかった数少ない人間の一人となった。

その他

  • マーチン

秘境ハンター鬼頭丈二の助手のバイトで訪れたシエラレオネのパンズ島で遭遇した巨大チンパンジー。十数年前に4人の現地人を嚙み殺しており、現地では殺人チンパンジーと呼ばれ恐れられ、事件を起こした当時で既に180㎝あった身長が野生で暮らす内にさらなる成長を遂げ、その結果なんと2mを超える巨体となり、まさに霊長類最強と呼んで憚らない怪物と化していた。手下のチンパンジー軍団を率いて女性観光客を襲撃していた所を、たまたま通りかかった鬼頭一行が救助に駆け付け、紅林と霊長類最強を座を賭けた対決をする事となる。
その巨体と野生の生命力は紅林のパワーすら圧倒し、紅林のパンチを受けても動じる事無く、反撃のパンチで紅林を一撃で気絶させてしまう。
その後、今度は鬼頭をターゲットにして襲い掛かるが、意識を取り戻した紅林のアドレナリン全開パンチを受け、これには耐え切れずに宙を舞う事となるが野生の生命力で意識を失う事なく立ち上がる。だがダメージはしっかり残っており、動きが鈍った所を鬼頭のスタンロット攻撃を受けて高圧電流を浴びせられると、流石に怖気づいたのか手下のチンパンジー達を連れてそのまま森の奥へと逃げて行った。
マーチンが人間を襲うようになった原因は、かつてシエラレオネでは内戦による貧困から外貨獲得の手段としてチンパンジーの乱獲を行っており、森を破壊して親猿を殺し子猿を攫ってペットとして売り飛ばすという蛮行を繰り返した結果、チンパンジーが絶滅寸前にまで追い込まれたという凄惨な過去があり、マーチンもその被害者の一匹だったのである。人間のした事を忘れなかったマーチンは、同じく人間に恨みを持つチンパンジー達を率いて、人間に復讐していたのだった。
モデルは実在した巨大殺人チンパンジーのブルーノ。名前の元ネタは「バオー来訪者」に登場する巨大猿型クリーチャーのマーチンだと思われる。

余談

他シリーズ主人公との共演

実は、紅林は他シリーズの主人公6人(佐竹博文鬼頭丈二伊集院茂夫小峠華太久我虎徹瓜生龍臣)の内、何と伊集院を除く5人と直接対面した経験を持つ(因みに、ヒューマンバグ大学最古参の主人公である佐竹博文は、鬼頭、紅林、伊集院、久我の4人)。そして、伊集院茂夫の拷問日記においても、伊集院と直接対面こそしていないものの、作中で悪人の手に掛かり殺され掛けた被害者女性を救助している様子が描かれている。
この数奇な出会いは、表と裏の社会を問わずに事件を引き寄せてしまう体質の賜物であろう。

キャラクターデザイン

解体新書⑥


紅林二郎のキャラクターデザインを担当したのは、Pixivユーザーでも有る絵師・てる助氏。
氏のアカウントでは、紅林二郎を初めとする彼がキャラクターデザインを担当したキャラクターの二次創作作品を閲覧する事が可能である。

関連タグ

ヒューマンバグ大学
閲覧注意
正義のヒーロー
ヤンキー

伊集院茂夫
同チャンネルで登場する、同じく悪党に制裁を加えるダークヒーローだが、紅林と伊集院はまだ直接対面していない。ただし、2021年8月13日付の伊集院シリーズの動画では、数十人の半グレグループが「紅い髪の男」たった1人の手で壊滅させられたという噂話が伊集院によって語られており、これは紅林のことを指しているものと推測される。一方、2021年11月28日付の紅林シリーズの動画では、1人のヤクザが「裏世界最強の暗殺者」によって片目を潰されたという噂話が紅林によって語られており、これは伊集院のことを指しているものと推測される。
2022年1月22日付の動画では、紅林が悪人を粛正する際に、拷問ソムリエの見習いである流川が手を貸してくれた旨が語られた。

ジャイアン:紅林同様顔面陥没パンチを得意とするガキ大将。普段はいじめっ子だが悪人や友達を傷つける者は許さず倒しに行く等紅林と共通点がある。

関連記事

親記事

元ヤンフリーター・紅林二郎 もとやんふりーたーくればやしじろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「紅林二郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「紅林二郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100173

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました