ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

河内組

かわうちぐみ

ヒューマンバグ大学にて登場する極道の組織。現在は「獅子王組」に名を改めている。 サムネイラストは旧河内組時代に初登場した中心構成員の伊武。
目次 [非表示]

ここでは、改名前の河内組について記述する。

改名後の組は獅子王組を参照。


概要

かつて天羽組の武闘派・小峠華太シリーズの主な敵役を担当しており、久我シリーズ紅林シリーズでも敵役の一つとして登場、そして2022年8月20日付の動画で河内組を題材とした新シリーズが開始し、22年10月下旬に「獅子王組」に改名したことで河内組名義は消滅した。しかし、視聴者の中には突然の(しかも不条理な)改名に納得できず、元の河内組に戻すよう要望する意見も少なくなかった上、組員たちも困惑を浮かべていた。

天羽組が田頭組だった頃から敵対する勢力で、老舗の極道組織。天羽組と同じく武闘派揃いで、麻薬の密売やナマコの漁場等のナワバリを巡り度々抗争になっている。山本の兄貴鎌の坂元はこの組との抗争で死亡しており、尾崎隆雄南雲梗平など主力メンバーの負傷者も大勢出している。また尾崎と祖父江のイザコザの発端にもなっている。


天羽組とは初期で数回戦闘があった後は組員不足を理由に武力よりも交渉で決着をつけたりしばらく冷戦状態が続いていたが、2022年度中盤以降からは何度も天羽組の組員らと争ったりしている。京極組とも昔は綾波町の漁業組合の利権を巡って争っていた時期もあった。現在では京極組とは同盟関係にあり、天羽組ともシマ荒らしの半グレの粛清などで一時的に共闘するなど関係は悪くない。


名無しのモブ構成員を中心に麻薬の密売や胎児売買及び就活セミナーを騙って女性の陵辱等の仁義外れの行為を行っている構成員が多く、さらに真っ当なシノギであるケツ持ち業も天羽組の倍の額を店にふっかけるようで、そのような横暴ぶりから一般人はもちろん裏社会での評判も悪い。

特に他シリーズに登場し死亡した構成員は旧河内組構成員I・Jを除いて軒並み外道であり、半グレとほぼ差がないレベルだった。そして場合によっては半グレと結託していることすらあった。


その一方でこうした仁義外れの行為に内心呆れている良識派組員も少し在籍しているためか、この組が好きなファンも存在し、阿蒜寛太の登場とシリーズの開始に伴い良識派の内情も判明してきたこともあってより注目を集めている。


構成員

ここでは、旧河内組時代に在籍したメンバーを紹介する。

解体当時に生存し、獅子王組に移籍した主要構成員は獅子王組の構成員の項目を参照。


内部抗争で登場

  • 小御門 ×

河内組の若頭(天羽組で言う阿久津敏朗のポジション)。本来は彼が組長の座を受け継ぐ予定であり、眉済は勿論、過激派の黒澤も後継ぎと認める程の人望があったものの、鎌田組の佐村が放ったヒットマンに背中を切り裂かれ殺害された。そしてこの一件が、黒澤と眉済の対立を決定的なものとする引き金になってしまった

具体的な人物像は描かれていないが眉済は跡継ぐことに納得し、京極組組長の五十嵐もさん付けで呼んでいたので人徳があるのは確かだが、一方で時期後継者に任命されるや否や悪どい笑みを浮かべたり、敵対組織にシノギの事で恨みを買われていた等野心家で強欲な面があった可能性も考えられていたが、現在では眉済の発言から野心家の可能性は低いとされている。それに伊武にもカシラには世話になったんでと言われていたことから、任侠仁義を持った好人物だったと思われ、徳島組時代の天羽桂司や福留の兄貴分だった大村の兄貴を思わせる人物だったかもしれない。


  • 大村 ×

眉済の側近的存在。眉済派のナンバー3と言われ、常に眉済を支えていたが、ある時行きつけの飲み屋で食事をした帰りに何者かによって拳銃で2発を眉間に打ち込まれ殺害された。これによって、内部抗争が更に激しくなった。


  • 荻田陽二郎 ×

狂人その10。異名は「鉞の荻田」。鉞を武器とする5年目の組員。内部抗争によって功名心に目が眩んでおり、派閥を超えて可愛がってもらった恩義がある龍本雅幸を狙うが、ドスで脇腹を刺されてあっさり返り討ちにされる。

だが急所はギリギリに外していたので致命傷には至らず、「死んだって事にするから田舎に帰って親孝行しろ」と龍本の温情で生き延びることが出来たはずだが、その場を立ち去ろうとする龍本の無防備な背中を見た途端に再び恩義を忘れて出世欲に狂った凶刃を振り下ろすが、そうなる事を見抜いていた龍本によって振り向きざまに射殺された。内部抗争での死亡者は組の醜聞を外に出さない為に親元に帰る事は無く、そのまま組で内密に葬られる親不孝な結末となった。


  • 内田

旧河内組時代に最後に初登場した構成員。突如組に現れた組長に驚きながらも、抗争を一刻も早く終わらせようと決定権がまた残る彼に判断を委ねるが、全く会話が噛み合う事なく組の改名だけを言い渡されてしまう。

最終的に内戦での登場・活躍は全くなく、現在も在籍しているかさえも不明。


他シリーズに登場

  • 桐野 ×

狂人その3。異名は「ナタの桐野」。上半身裸で、腹にさらしを巻いた大柄で筋肉質な男。所属派閥は不明だが、黒澤派・眉済派のどちらでもない。

河内組構成員では珍しく瓜生シリーズに登場した人物。貴凛町にてインドネシア系マフィアと結託して胎児売買のシノギをやっていたが、そのうわさを聞き粛清に来た瓜生龍臣と遭遇する。「胎児とその母親のことをどう思っているか」という瓜生の質問に対して「高く売れるいい商品だ」とふざけた返答をして瓜生をキレさせてしまったのが運の尽き、投げつけられたメスで両目を潰され、更に自身が持っていたナタを奪い取られて両足を斬られるという死の制裁を受けることになった。

裏社会で恐れられている極道だったが、瓜生の前ではなすすべなく一方的に蹂躙されてしまったため、結果的には瓜生の強さを示す踏み台にされてしまった


  • 布袋 ×

狂人その4。異名は「二丁拳銃の布袋」。ブロンドのロングヘアにピンクのスーツを着た幹部。所属派閥は不明だが、桐野同様に黒澤派・眉済派のどちらでもない。

新たに天羽組のシマになった朱雀町の1区画でシマ荒らしを行うが、非常に女好きな性格でもあり天羽組への挑発も兼ねて毎晩のように朱雀町のキャバクラで豪遊を行い、その結果香月紫苑のハニートラップを受け香月にベタ惚れしてしまう。事前に攻撃した天羽組舎弟の柏木のミスで香月が天羽組の刺客だとわかり翌朝カチコミをかけたものの、香月が天羽組関係者だとしか分かってないため実は男だと気付いておらず、それを見抜いた香月にまんまと下心を利用されて降伏のフリにあっさり引っかかり襲撃部隊は壊滅。焦った銃撃を野田一に簡単に回避され野田ラッシュ滅多刺しにされた。なお刺しにくい体型らしく刺した回数記録が落ちたことに怒り狂った野田にこめかみをブッ刺されてトドメを刺された。


  • 陣内 ×

初期の旧河内組の幹部で黄色の背広を来た中年の男。かなり後に登場する天王寺組陣内賢斗と同姓の上彼も関西弁を喋るが、両者に関係は無いと思われる(初期の河内組員は関西弁を喋る事が多かったため、関西極道の構想はこの当時からあったのかも知れない。)。

SNSを使って若者向けに麻薬を売ることでシノギを上げていたが、田頭組のシマの中で麻薬を売っていた為、当時の組長だった田頭から粛清を命じられた。毎週水曜日に愛人の家に過ごす習慣があり、そこを見計らった山本と小峠に襲撃され射殺された。その遺体は証拠隠滅の為、大川石材工場でアスファルトに溶かされた(アスファルトは約3000°Cの高熱で処理するため、骨肉やDNAまでも完全に溶かすことが出来る)。

陣内の護衛に「オヤジ」と呼ばれており、自分の派閥を持っている可能性が高い。


  • 陣内の護衛達 ×(全員)

陣内の護衛を務める複数の構成員。

毎週水曜日に愛人のいる高級マンションにまでお供するのだが、陣内が愛人の所まで護衛を引き連れない事が仇となり、陣内を殺害されてしまう。その後は陣内の仇討ちを果たそうと大川石材工場にカチコミを仕掛けて山本と小峠と交戦をする。護衛達は全滅させられたものの、山本も全身を撃たれて死亡と痛み分けに終わった。


  • 旧河内組構成員A・B・C

人材確保のスカウトを担当している3人組。

天羽組の豊田よりも先に成田恵悟に接触していたため、成田の身柄を渡すよう豊田に要求したが、成田本人が拒否したため一度は引き下がる。しかし後に半グレを雇って豊田を拉致させた末に拷問をかけて殺害し、成田の命までも奪おうとした。成田は結果的には生き延びたが、大怪我を負ったことで極道を引退した。


  • 旧河内組構成員D・E・F ×(全員)

縄張りに侵入してきた坂元と小峠を仕留めに来たヒットマン達。

一人は坂元に撃たれてもう一人も鎌で首を斬られたが、スキンヘッドの男が坂元を銃殺。その後は小峠によって全員銃殺された。


  • 旧河内組構成員G ×

会食後の尾崎を銃撃して重傷を負わせた末端構成員。

しかし天羽組の幹部・祖父江はここで旧河内組と抗争を起こせば双方に大打撃を受けてしまうとしては天羽組に土地の利権を明け渡す事でこの件を手打ちにした。

最終的にこの構成員は組の指示を無視して独断で尾崎の襲撃を引き起こした事から粛清された。


  • 旧河内組構成員H ×

桐野と共に貴凛町にてインドネシアマフィアと結託して胎児売買のシノギをやっていた旧河内組構成員。

胎児を取り出していた闇医者が殺されたのを見て、怯えながら瓜生に拳銃を向け、他の組のヒットマンかと質問するも、瓜生に同行していた香鈴にその質問は無意味だと一蹴され、クリスタルナイフにて瞬殺される。


  • 旧河内組構成員I・J ×

日下晋平が常習的に行っている水商売の店荒らしに遭遇してしまった構成員。

彼等は店での迷惑行為の注意という当然の行動をしただけで彼に後ろから殺されるという事態に発展。遺体は京極組が処理するも河内組にはバレてしまい、彼等の敵討ちに龍本が出ることになる。そして、日下の処遇について久我に確認をとったのだが、久我は見なかったことにして敵討ちにGOサインを出し、日下も抹殺されるという顛末となった。

河内組の組員にしては珍しく被害者寄りの立ち位置であったほか、良識的かつ立場の高い龍本が敵討ちに出る辺り将来を期待されていた可能性もある。最終的に処理されてしまった遺体が河内組で弔われたかについては不明(処理方法によるか)。


  • 旧河内組構成員K・L

前出の構成員I・Jを殺害した人物の粛正のため、龍本と行動を共にしていた極道2人組。

久我との交渉は龍本が一人で行っていたため、今のところワンシーンだけの登場である。ただ、久我との交渉役を龍本が担っていた点、龍本の判断に一切異論を唱えていなかった点などから、立場的には龍本より下である可能性が高い。もしかしたら龍本の舎弟かもしれない。


  • 旧河内組構成員M ×

上述の布袋に劣らぬ拳銃の使い手。天羽組の小峠と南雲が空龍街を荒らした旧河内組傘下の半グレ集団「蟲毒」を粛清しにきた所、遭遇した。どうやら蟲毒の様子を見にきていたようで、手下を見捨てて逃げようとした蟲毒の首魁を粛清していた。南雲がビビる程の銃の腕前を持つが、南雲の爆破作戦に引っかかり瀕死の重傷を負った隙に山鎌首斬りされて死亡した。

なお、本編公開前の公式Twitterでは「河内組の伝説のガンマン」といかにも大物という感じで紹介されており、実際に前述のとおり確かな腕を持った実力者であったものの、布袋や桐野といったリーダー格の単発キャラたちと異なり未だに本名不詳という若干不遇な扱いを受けている(なお、総集編でも名前は明かされていない)。


関係者・関連組織

河内組傘下の半グレでメンバー全員が毒の扱いに長けており、飲食店で食中毒騒ぎを作る等の下劣な悪事を働いている。

空龍街の受水槽にヒ素を混入させて空龍街は危険だという騒ぎを引き起こして空龍街の夜の店のキャストを引き抜くもしくは重症を負わせるという所業から小峠と南雲にカチコミされて全滅。ボスは手下を見捨てて一人だけ逃げようとしたが、河内組構成員Mから卑怯者はいらないとして射殺された。


  • 構成員A・B・Cが雇った半グレ

豊田を誘拐し、成田に重傷を負わせて引退に追い込んだ連中。

天羽組シリーズに登場した名無しの半グレ集団では珍しく、天羽組の構成員と交戦しても生き延びた組織である。


  • 桐谷

赤髪の情報屋。伊武とは昵懇の仲で、伊武が依頼すればどんな情報でも調べ上げるとされており伊集院茂夫の盟友の伍代千隼、京極組御用達の情報屋の風谷三門一郎太御用達のSETSUKOといった優秀な情報屋にも劣らないと思われる。


敵対者・敵対組織

極道組織

  • 天羽組

空龍街を拠点としている武闘派極道組織で、旧河内組と敵対していた。利権関係で度々揉めることがあるものの、現在は冷戦状態を維持している。ちなみに天羽組は天京戦争後に勃発した羽王戦争の最中に河内組も内部抗争中を終結させたもののこの過程で因縁が生まれた戒炎羅威刃と交戦中であり、現在互いが敵対する描写は観られない模様。 実際に羽王戦争終結後、空龍街で行われているクリスマスイベントに犬亥が娘の梨香が来ていても小峠は特に気にしていなかった。

24年2月10日の回では、受験生の女子を狙って犯罪をしていた半グレ組織を巡って井上と小峠との間で一触即発となり喧嘩となったが、やり合った末に小峠を認め敬意を持った井上の半グレの粛清に協力をした為穏便に済んだ。

天羽組シリーズの主人公を務めるアラサーの武闘派極道。動画内では過去に6回ほど旧河内組の構成員と交戦しており、今のところ(主人公補正も相まって)全勝している。


田頭組の武闘派極道。小峠と連携して旧河内組幹部の陣内を始末することに成功するも、その後、報復に来た旧河内組構成員との交戦で死亡した。


  • 豊田の兄貴 ×

武闘派だったため旧河内組の恨みを買っており、彼らに雇われた半グレによって誘拐される。そこで凄惨な拷問を受けた末に殺害され、遺体はゴミ処理場に捨てられてしまった。


天羽組より先に旧河内組が彼に接触していたため、彼の前に現れて旧河内組への入門を求めるが拒否されてしまう。これに(逆恨みで)怒った組は半グレを刺客として放ち、彼を殺害しようとした。


天羽組内でも幹部候補になるほどの実力がある武闘派極道だったが、旧河内組構成員による襲撃を受けて死亡した。


旧河内組構成員による襲撃を受けて重傷を負わせられた天羽組の幹部。なお、この襲撃を受けた結果、彼は勘違いから組幹部の祖父江を弾いてしまい、組長の天羽桂司から絶縁処分を言い渡されてしまう(半年後、半グレに成り下がって最終的に小峠に引導を渡された)。


旧河内組幹部である布袋による襲撃を受けて絶体絶命の状況に陥るも、機転を利かせて逆に布袋を打ち取ることに成功する。


京極組との抗争を聞きつけて朱雀町の利権を奪おうとした旧河内組構成員を小峠とともに圧倒的な実力で制圧し、二度とシマ荒らしをされないよう警告した(程なくして相良颯誠鷹橋修也の襲撃にあい死亡)。


小峠と共に蟲毒の粛清に動員された天羽組の武闘派狂人極道。彼の手によって戦力の一人を始末されている。


  • 京極組(以前)

黒焉街を拠点とする巨大な武闘派極道組織。

かつては日本一の漁師町である綾波町の利権をめぐって争った間柄。当時海外からの密漁が一気に増えたため、旧河内組と京極組が入札したが、綾波町は漁師達の意向を汲んで、京極組に利権が渡っている。


京極組の若手組員であり、京極組シリーズの主人公。作中では後述の日下晋平の身柄について龍本と交渉し、京極組と河内組の対立を鎮めることに成功する。


厳密には京極組の構成員ではないものの、ある理由から京極組組員が渋々護衛として付き添っているため随分と調子に乗っており、ついには河内組構成員を殺してしまう。その結果、龍本らの報復を受けた挙句、久我からも見捨てられる最期を迎えた。


京極組の6代目組長。作中時間で十数年前の現役時代、綾波町の利権をめぐって六車と共に龍本、柳楽の両名と交戦していた。自身は龍本と殴り合い、龍本をして「速い」と言わしめる圧倒的速度で龍本を斬りつけたが、直後に反撃の拳を喰らっていた。


京極組の幹部であり最高戦力の一人。作中時間で十数年前の若手時代、綾波町の利権をめぐって五十嵐と共に龍本、柳楽の両名と交戦していた。自身は柳楽と闘り合い、神速の斬撃で顔を斜めに裂かれるものの、柳楽をして「何というパワー」と言わしめる剛撃を叩き込んで怯ませた。


  • 鎌田組

旧河内組と同じく花宝町に事務所を構える極道組織。

シマがカブるためか、利権を巡って敵対関係にあった。後述の一件で河内組の怒りを買い排除された。


  • 鎌田 ×

鎌田組の組長。佐村が独断で河内組の若頭・小御門を殺害してしまうと謝罪のために佐村の身柄を差し出す準備をしていたが、その前にカチコミを受けて黒澤に射殺されてしまう。


  • 佐村 ×

鎌田組の若頭。そして河内組が派閥分裂し、長期間に渡る内部戦争が勃発するきっかけを作った全ての元凶

盛り場の利権で小御門と揉めており、その小御門が組長になると利権を奪われるのではないかと危機感を抱き、小御門を殺害する凶行に及んでしまう。黒澤のカチコミではたまたま事務所に不在だったため難を逃れるが、伊武に居場所を突き止められ、鉄棒で突き殺された。


  • 暗殺者 ×(恐らく)

佐村に雇われて小御門を暗殺した実行犯。

フードを深く纏って素顔を隠しており、男性である以外は一切素性が分かっていない。最初から狙う場所を決めて、背後からナイフで一刺しで内臓をえぐって即死させており、決して素人の手口などでは無く裏社会の人間だと推測されている。

後に黒澤主導の襲撃で鎌田組は滅亡し、恐らく彼もこのタイミングで殺害されたと思われる。なお雇い主の佐村だけは難を逃れるが、後日潜伏先がばれて粛清された。


その他

正義の殴り屋「愛天雄」の一員である元ヤンのフリーター(当時)。愛天雄加入前、旧河内組組員が行っていた偽の就活イベントに偶然参加しており、そこで旧河内組の外道組員たちの下衆な行為を目撃、その場で外道組員たちをボコボコにしてしまう。その後、報復という名目で勝負を挑んできた龍本と対決することになるも、この勝負が決着することはなかった。


貴凛町にて展開しているメロンパン屋の店主と看板娘。二人とも元CODE-EL所属の殺し屋である。胎児売買のシノギを潰すために本拠地に乗り込まれてしまい、彼らの手によってナタの桐野をはじめとする胎児売買に加担していた旧河内組構成員たちが皆殺しにされた。


余談

内部抗争以前の河内組があまりに荒れていたことで、組長や若頭の指揮能力がかなり疑問視されていた。後に組長がアルツハイマー型認知症であるということが明かされたが、発症時期を考えると初期のメンバーの頃はまだ発症していなかったと思われる。その上、記憶障害になる以前は義理人情を重んじていたようで、この辺りについて詳しい説明はない。

数年前から物忘れが目立つようになっていたことから、その時期を境に指示系統に若干の混乱が生じていた可能性、もしくは考えの異なる派閥の存在が確認できることと大規模組織であることから、組長を通さない形で外道行為を働いていた可能性も指摘されている。


関連項目

ヒューマンバグ大学 ヤクザ 薬物


華の天羽組 京極組の武闘派・久我虎徹 元裏社会の最強殺し屋・瓜生龍臣 元ヤンフリーター・紅林二郎


獅子王組 - 現在の組織名

関連記事

親記事

獅子王組 ししおうぐみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11706

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました