ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

獅子王組黒澤派構成員

ほしゅはしゅせんどごくどう

ヒューマンバグ大学に登場する極道組織、獅子王組の内部抗争で黒澤派に属した構成員。サムネは黒澤・鮎川・犬亥・来栖。
目次 [非表示]

概要

獅子王組の現組長が、アルツハイマー型認知症を患い組長を続行することは不可能と判断されたため組長の座は本来ならば若頭である小御門へ継承されるはずだったが、継承式の前日に小御門が暗殺されてしまった。これにより次の跡目候補が組織ナンバー3で金を稼ぐことを重視する黒澤航太郎が率いる黒澤派と組織ナンバー4で仁義を重視する眉済俊之が率いる眉済派に内部分裂した。


内部抗争で保守派に当たる派閥。旧河内組時代の先代から続く暴力的・交戦的性質を受け継ぎ、力と金がものを言うという主張を掲げている。メンバーの黒澤と来栖三成金が無いと任侠も成り立たないという考えを持っており、任侠あってこその金稼ぎと考える眉済派とは逆とも本質は似通っているとも言える。


黒澤派の中でも来栖・鮎川・犬亥はファンから「黒澤派の御三家」という呼び声がある。


構成員

現在は派閥が無くなったため、ここでは元構成員、協力関係にあった人物と死亡時点で黒澤派に所属していた構成員を上げる。


主要メンバー

CV:畑耕平

獅子王組のナンバー3で黒澤派のトップ。多数派である黒澤派を率いる金髪と成金風衣装が特徴の男。眉済曰く仁義知らずとのこと。旧河内組に入門したばかりの阿蒜寛太を強引に黒澤派へ引き入れようとしたが断られ、阿蒜に対して少なからず殺意を向けていた。

彼も元々仁義を重んじる極道であったが、当時貧乏だった舎弟が金に目が眩みヤク漬けになってしまい、それがきっかけで金が無ければ組織も成り立たないし人も生きられないという考えになった。

抗争の終盤までその信念を貫いていたものの、来栖の助言や協力関係にあった半グレ組織の裏切りがきっかけで自らの行動を振り返ることに。最後は組の仲間を守るために眉済派のアジトに単独で特攻し、潔くその人生を終えた。

暴力こそが極道の真髄。俺たちが強いからこそシマで喧嘩がなくなって安定を生むんだよ


CV:ヤシロこーいち

狂人その7。異名は「ナタの鮎川」。獅子王組でも最強戦力の一角に数えられる実力者。

伊武隼人のことが嫌いだったらしく挨拶がわりに戦闘を仕掛けた。さらに黒澤派を体現したかのような戦闘狂気質の持ち主である。

その後、内部抗争で深手を負った伊武が入院している病院を襲撃し、絶体絶命という状況にまで追い詰めたものの、駆けつけて来た龍本雅幸の参戦によって逆に不利な状況に追い込まれる。そしてそのまま激戦の末に致命傷を負い、どこか満足げな笑みを浮かべながら絶命した。

奈落の底って見たことあるかい?


CV:遠山春

狂人その6。異名は「ケーキナイフの半田」。元眉済派の中堅で、組内トップクラスの狂人とされてきたが実際には眉済派時代から舎弟を虐めていた本物のクズ。

眉済を裏切り黒澤についたが伊武に恩を仇で返したことと眉済派時代からの外道ぶりにブチギレてこれまで溜めていた怒りを爆発させた阿蒜とここで仕留めなければチャンスは来ないと致命傷を負いながらも命を賭けた村井により敗北した。さらに、これまで虐めてきた阿蒜に謝罪を要求されるが、パワハラを悪事と思っていない故に表面上の薄っぺらい謝罪しかできずに無能扱いされ、自らのこれまでの行いや論理を返されて死亡した(ただし、阿蒜は最初から彼を許す気もなく、村井は半田を止めるために犠牲となってしまった)。

スポンジと人間って似てるよねええ!


  • 光山祐介 ×

黒澤派の若手構成員。

鮎川と手下数名と共に犬飼鷹四郎を強襲し死の淵まで追い詰めるも、犬飼の驚異的なタフネスでドスの攻撃を耐えきられてしまい、その隙に犬飼の渾身の一撃を顔面にもろにくらい絶命した。

なお犬飼のハンマー攻撃の後は本編からはフェードアウトしたが、エンドイラストの左上に表示されたテロップに「死亡:光山」と書かれており、とても敵組織のネームドキャラとは思えないあっけない最期だった。

京極組は腰抜けばっかりだなぁ!どうせテメエも逃げんだろ!


  • ニック山岡 ×

黒澤派の若手構成員。

海岸で阿蒜に「挨拶をしなかった」と因縁をつけて(正確にはこの発言は事実だが、それを鑑みても明らかに過剰制裁となるほどの)暴行を加えて眉済のシノギのルートを割らせようとするが、彼は一切口を割らず。やがて龍本とも交戦するが全く相手にならず倒されてしまった。

教育がなってねえな!挨拶返せよぼけ!


  • 峰岸 ×

井上月麦の同期。

功名心に目が眩んで黒澤に命令されたわけでもないのに独断で行動してしまい、井上に挑むがあっさり敗れてしまう。

だがな、この抗争で俺たちは名をあげなきゃならねえんだ


  • 佐島 ×

峰岸の舎弟。赤髪のスキンヘッドの男。

彼と共に井上を襲撃するが、全く相手にされず小銭が額に突き刺さる。最後のチャンスとして「死相が出ているがそれでも(戦闘を)やるか」と聞かれるがこれを無視して続行した結果、殺害された。

テメェは目の上のたんこぶなんじゃあ!


  • 粟野 ×

黒沢派の若手。獅子王組に出向してくる久我と犬飼を眉済派と偽って誘き寄せて抹殺しようとするも、久我の機転と犬飼のパワー、更には援護に来た伊武と阿蒜によって一気に不利になり自身だけ逃げようとするも、結局は久我に切り殺された。

くそったれ!奴等の言ってたことと全然違うじゃねえか!


  • 近田

黒澤派4年目の若手構成員。鮎川とともに伊武・阿蒜が入院している病院を急襲。阿蒜に攻撃されたことで鮎川に加勢することは阻まれてしまうも、圧倒的な実力で阿蒜を着実に追い込んでいく。しかし、戦闘の途中で伊武が放った強烈な蹴りを食らってしまい、窓ガラスを突き破って病室から落下、その際に受け身を失敗してしまったことで死亡こそしなかったが戦線離脱となった。

さぁて 手柄を独り占めしてうまいビールでも飲みますか...


  • 近本

黒澤派9年目の中堅。

自分の派閥に不満を抱いていたところを久我につけ込まれ、金に目が眩んで犬亥の情報を吐いてしまった。


氏名不詳

  • 獅子王組黒澤派構成員A

ニックの舎弟。

村井を殴り倒して拉致した。やがて兄貴分のニックが倒れると、遅れて現場に到着した秋元と入れ替わる形ですぐに逃走した。


  • 獅子王組黒澤派構成員B・C・D・E・F ×(全員)

粟野の舎弟達。

久我と犬飼を誘き寄せるが、時間をかけすぎてしまい救援に追いつかれ排除される。


  • 獅子王組黒澤派構成員G・H ×(両者共)

犬亥の舎弟達。

久我と犬飼を襲撃するチームを組んで彼らを襲い、犬飼と交戦して負けた。


  • 獅子王組黒澤派構成員I

債券回収担当の構成員。

強引な取り立てを一般人に行う場面を見せている。


  • 獅子王組黒澤派構成員J・K ×(恐らく)

G・Hとは別の犬亥の舎弟達。

犬飼と対峙するが相手にされず撃破される。


助っ人

現時点で黒澤と接触した最初の羅威刃のメンバー。1月6日の動画では連絡が取れなくなった阿蒜と村井を追っていた龍本に遭遇、そのまま交戦した。その後は眉済派の誰とも戦うわけでもなく、東雲と共に花宝町の半グレ組織を傘下に収めていき、羅威刃は勢力を取り戻していく。

地獄へボンボヤージュ


秋元の接触時に黒澤は「東雲くんもいずれぜひ」と発言していた。その後モブ構成員から東雲も黒澤派への加担が言及され、2月11日の動画では本格的に黒澤派に加わった。

4月24日の動画終盤で鮎川らが急襲した病院に遅れて到着、その流れで龍本との戦闘に発展し、彼を武闘派極道から引退せざるを得ない状況にまで追い込んだ。しかし、羅威刃と提携関係にある戒炎トップの我妻京也と黒澤の会談が決裂しのち東雲も眉済派に出向していた久我と犬飼が元居た場所に戻った事を理由に黒澤派から手を引く。そしてこのことで黒澤はある決意をした結果……

京極組は地の果てまで追い詰める


批判と論難

戦争の最終盤において彼らは戒炎に協力を要求するが法外な見返りを要求されて決裂し、さらに羅威刃も京極組が敵対派閥への支援が外れたことを理由に抜けた。このことは動画のサムネなどで「半グレの裏切り」と言われているが、実際のところ羅威刃は「京極組と敵対する者に味方する」旨をきちんと説明しており、黒澤本人も「(向こうが勝てば)あんたらにも都合が悪いはずだ」と納得して協力関係を結んでいた。


つまり羅威刃側からすれば任期を満了して自分達の戦いに戻ったことを一方的に裏切りと非難され、契約に従って龍本を撃破した報酬も貰えなかったどころか、最後は花宝町で活動する権利まで没収されると、いいように使われた上に自分達には何の利益も生み出さなかった(一応、内戦期間中に兵隊を集めることはできたが)ことになる。実際にこの件が響いたか、彼らは後に協力者の戒炎にも「恐らく(黒澤派の連中と同じように)俺たちを都合のいい駒としか思っていない」と懐疑的な目線を向けるようになっている。


このため最後に黒澤がとった行動に何一つ誤りがなかったとはいえず、主に羅威刃を支持するファンから非難が出ている。なお、もし羅威刃が絡んでいなかった場合に黒澤派は犬亥が小島を撃破した1件だけしか完全勝利を記録出来なかった(京極組相手を含めても僅か2件が追加されるだけ)ため、「恩知らず」「自分たちだけじゃ何もできなかった癖に」という声が出てしまうのも残念だが当然と言えよう。


関連項目

毛利グループ - 他組織の保守派。

関連記事

親記事

獅子王組 ししおうぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37750

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました