ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

注意

この記事は天京戦争編の重大なネタバレを含みます。






























概要

ヒューマンバグ大学にて登場したメキシコのマフィア。京極組の武闘派・久我虎徹華の天羽組に登場している。

名前の通り、巨大な麻薬カルテルで全世界に販売網を持ち、久我虎徹地上最悪の巨大組織と評されている。日下孝次郎と共謀して黒焉街(京極組のシマ)に秘密裏で薬物売買をしていた。


更に日下は組員(敵対勢力も同様)にデマや極道の掟を悪用してこのマッド・カルテルが活動できるように誘導しており、その一環で一条康明にデマを吹き込み北岡隆太を殺害させた。これが天京戦争の引き金となる。


構成員

中心部

  • マッド・カルテルのボスらしき男

白髪をオールバックにしている黒服の男性。現時点では本名等の詳細は不明である。


  • マッド・カルテルの構成員A

やせた体型にスキンヘッドが特徴の、グラサンをかけたスーツの男。

紹介写真に写っていた。


  • マッド・カルテルの構成員B

中肉でアシンメトリー黒髪が特徴の、グラサンをかけたスーツの男。

紹介写真に写っていた。


  • マッド・カルテルの構成員C

中肉で金髪が特徴の、グラサンをかけたスーツの男。

紹介写真に写っていた。


  • マッド・カルテルの構成員D

やせた体型に坊主頭と右目の傷跡が特徴の、グラサンをかけたスーツの男。

紹介写真に写っていた。


  • マッド・カルテルの構成員I ×

日焼けしたダンディーな格好をしたマッド・カルテル本部所属の幹部構成員。

日本支部の視察に訪れたものの、マッド・カルテルからの独立を目論んでいた香坂慎太郎の離反により護衛(構成員J)を殺され、交渉も空しく自身も香坂によるグリンを食らって絶命した。


  • マッド・カルテルの構成員J ×

構成員Iの護衛として日本支部の視察に来たヨーロッパ系の男性。香坂の裏切りに気づいて構成員Iを守ろうとするも、自身が攻撃するより先に香坂が放った投げナイフを食らったことで死亡した。


旧日本支部

日下個人〜羅威刃が協力者だった頃のマッド・カルテル日本支部。一度は城ヶ崎・東雲・高城によって殲滅させられた。


  • マッド・カルテルの構成員E (日本支部先代トップ) ×

金髪と緑色のワイシャツが特徴的なヨーロッパ系の男性。日下及び城ヶ崎と関わっていた時の日本支部のリーダーだった。

かつて城ヶ崎賢志政権下の羅威刃と手を組んだが、ビジネスが軌道に乗ったタイミングでいきなり羅威刃を切り捨てる判断を下し、その結果として羅威刃による大規模粛清を受けて日本支部を壊滅させてしまった。なお、羅威刃を切り捨てるのは本部の判断だと城ヶ崎には説明していたが、後の香坂は彼の独断だと説明しており無能呼ばわりされている(真実か嘘か不明)。


  • マッド・カルテルの構成員F・G ×

協力者である日下孝次郎の護衛をしていた大柄な外国人男性2人組。一人はアジア系、もう一人はヨーロッパ系だと思われる。

奇襲を仕掛けてきた小林幸真に2人とも反撃する間もなく瞬殺された。


  • 多数の旧日本支部構成員 ×(全員)

竜桜町で羅威刃と共に麻薬を密売していたが日本での流通ルートを確保し次第羅威刃を裏切る。

しかし城ヶ崎賢志がそのようなことを許す訳がなく城ヶ崎・東雲竜政高城蓮太郎による戦力差が大きすぎるカチコミで壊滅した。


現日本支部

まっかるとりお

戒炎が協力者の頃のマッド・カルテル。以前の失敗に懲りたか、武闘派構成員を数名用意している。

現時点で判明している武闘派幹部はイラストに描かれている3人(左から順にタンタン、香坂慎太郎、辰巳春希)である。

なお、協力関係にある戒炎トップの我妻京也の提案もあり、後にマッド・カルテルから独立することとなる。


CV:くまかつみ

銀髪と緋色の目が特徴的なスーツ姿の日本人男性で、日本支部の現トップを務める武闘派幹部構成員。顔立ちは女装していない香月紫苑によく似た美顔で、我妻京也(覚醒前)の如く常に笑みを絶やさない人物である。紹介写真では黒いスーツを着てグラサンをかけ、ネクタイも黒で合わせていたが本編登場後にはネクタイの色が赤になり、グラサンを外している。


前トップと異なり本部から直接派遣された幹部構成員。戒炎との交渉時点で既に千葉の極道組織を制圧済みということなどから幹部としての組織運用能力はかなり高いと思われ麻生成凪流に言えばバリューがある人材。また、我妻の挑発に対して怒気を纏いながら放ったオーラから察するに戦闘面でも高い実力を誇る人物だと思われており、2023年12月23日の動画において須永陽咲也と互角に戦い実力の一端を披露した。(もっとも、経歴詐称ではないかという疑いを排除できない部分はある。詳細は後述)。


CV:西村隆主

室屋柊斗の黒ジャケット版のような服装で、黒髪に銀髪メッシュを入れた短髪の男性。香坂の側近を務める幹部構成員であり、現在は戒炎に派遣されている人物である。口癖は「優しい」であり、戦略上の理由があるとはいえ敵対組織のトップを殺さずに逃がしてくれるくらいには温情のある性格である。漆黒に塗られた小太刀を得物としており、暗い場所での戦闘で真価を発揮する。

我妻が「面白い」と評するだけに敵対組織のトップを張る武闘派を一瞬で撃破できるだけの戦闘力を誇り、戒炎との同盟締結前に千葉県北部の極道組織を制圧した張本人でもある。


長い青髪をポニーテールヘアーを肩に垂らした髪型とヒョウ柄のシャツにサスペンダーという設楽紀明を彷彿させるような服装が特徴的な男性。紹介写真に写っていたメンバーで唯一お揃いのスーツを着ておらずグラサンもかけていない。

(能力の高さ含めて)「ひどい」を口癖にしており、子どものような喋り方やダウナー系を感じさせる振る舞いに反して集中力は異様なまでに高い。香坂の側近を務める幹部構成員であり、射撃を得意とする武闘派でもある。その実力も京極組の武闘派である近藤新平太でさえいいようにあしらうほどである。


  • マッド・カルテルの構成員H ×

下っ端の売人。

空龍街で行われているクリスマスマーケットのバックヤードで女にヤクの売買をしている所を須永に目撃されて彼が問い詰めようとした時に香坂が現れて須永と互角の激突となり、そこへ青山琉己が救援に駆け付けた為、香坂に口封じの為に始末された。


現在協力関係にある組織

  • 戒炎

先述のように羅威刃と提携していた半グレ組織。羅威刃の離反後、我妻が戦力の補充とカルテルの潤沢な資金に目を付けて手を組もうと画策し麻生や反町琥治郎を連れて香坂との会合に臨む。羅威刃の時と異なり今回は裏切らないと確約したうえで、資金提供と引き換えに日本市場の開拓を手伝ってもらうことで合意した。なお、分け前について少々揉めた(というより我妻に試された)ものの、最終的には「マッド・カルテル:戒炎=80:20」で合意した。


かつて協力関係にあった組織

  • 日下孝次郎 ×

京極組組長であり、天京戦争の元凶。黒焉街での薬物売買の独占を担保する代わりに金を払ってもらうという契約を締結していた。

が、自身が引き金となった天京戦争の最中、小林幸真の襲撃を受けてグリンされた。


  • 羅威刃

天京戦争にて日下が死亡したことでストップしてしまった日本での麻薬ビジネスを立て直すために手を組んだ半グレ組織だが、麻薬流通ルートの開拓が完了したことで協力関係を解消した。しかし、この判断が城ヶ崎の逆鱗に触れてしまい、最終的には日本支部の壊滅を引き起こしたうえに、苦労して開拓した日本の麻薬市場も羅威刃に奪い取られてしまうという大損害を被る結果となった。京羅戦争で京極組に敗北し一時壊滅。その後3代目トップになった東雲と副将秋元の新政権は京炎戦争時に戒炎と連携し京極組と戦っていた。獅子王組(旧河内組)の跡目争いにも関与し黒澤航太郎に協力していたが後に決裂。このため新たに眉済俊之体制になった獅子王組からは目の敵にされ京極組と連携した羅威刃狩りによってまたも壊滅状態となり、さらに不和になっていた戒炎とは音信不通となり決裂した。


敵対者・敵対組織

ライバルの麻薬組織。どこの国のものかは明らかになっていない。

詳細は不明だが何らかの邪魔をしたことで目をつけられ、辰己によって顧客名簿を没収されてしまう。


  • 千葉県北部の極道組織(名前不明) ×(全員)

こちらも詳細は不明だが何らかの邪魔をしたらしく、辰己の襲撃で滅ぼされた。


京極組と抗争を繰り広げた関東の極道組織。

天京戦争時に協力者だった日下を小林幸真に殺害された。また、羽王戦争時にも戦争を引き起こした張本人である大嶽徳史のケジメの自決を見届けて帰路に着く小林に対してマカルテルからヤクを販路するブツを供給された丸高組と言う関東の極道組織2名が関東から関西にヤクを流すついでに弱った天王寺組の幹部数名を殺そうと話を持ち掛けるが、この時も小林の凄まじいグリンで両名が抹殺されているなど小林には二度に渡り阻まれた。


ただしこれに対して組織が報復したりすることは全くなく、全くの別件(空龍街のクリスマスイベント)で香坂と須永が衝突した。


協力者だった日下孝次郎が組長を務めていた極道組織。日下政権下では「シマ内での麻薬利権の独占」という形で(日下個人と)協力関係にあり、五十嵐幸光政権下でもマッド・カルテルに多大な損害をもたらした羅威刃を(自分たちに代わって)壊滅に追い込んでくれたことから、マッド・カルテル視点だと他の半グレ・ヤクザと比べてもかなり印象の良い組織だと思われる。しかし、京極組から見れば大義なき戦争に巻き込まれた挙げ句に相良颯誠を失うなど大損害を受けたため当然印象は悪い。京炎戦争時には戒炎とマッド・カルテルが協力関係にある事を京極組御用達である情報屋の風谷経由で知った時、組長の五十嵐幸光を始め六車謙信久我虎徹等の構成員は危機感を露わにした。そして旧日本支部と戒炎が合流してからは完全な敵対関係になった。


河内組。現在は京極組と友好関係にある極道組織。戒炎とは内部戦争の頃から因縁こそあったが直接対決はなかった。京極組の近藤に呼応して伊武隼人が売人粛清を行ったことからこちらも完全な敵対関係になった。


敵対する可能性がある組織

CODE-EL壊滅後、御前に召し抱えられたアサシンギルドで現在は株式会社モーリーと抗争中。

専門とする業種こそ異なるが、国際的な犯罪組織という点においては共通している。とはいえ麻薬が日本に蔓延するのを嫌悪しており雷電が殺害した売人がカルテルの一員ではないかとの説もある。


戦力

現時点では世界的な巨大組織という事以外の詳細は不明。登場当初は小林や羅威刃精鋭に圧倒されるやられ役扱いで大した強さを感じられなかったが、最近では香坂・辰巳・タンタンといった狂人兄貴らと互角に戦える人物も登場している。


現実の犯罪カルテルを基準とするならば本部は最大で10万人以上の構成員を擁し、保有する大量の武器や兵器を加えるとなると最早一国の政府や軍隊とも戦争ができる程の武力を持つ可能性すらある。余談だが姉妹チャンネルのバグアカデミアに登場し鬼頭丈二元雲嵐と衝突した麻薬カルテルの「ブラッド・サタン」は装甲車を保有していた。

風谷によると独自の訓練システムを持っているとの事であり、先述した辰巳の高い戦闘能力を裏付けている。

作中の日本の裏社会組織と比較すると城ヶ崎時代の羅威刃が総勢1000人規模、京極組はそれより少なく、少数である天羽組は更に人数は少ないと考えられ、その戦力差は一目瞭然である。このため香坂でさえ最初は独立を躊躇していたほどである。


またカルテルの中には現地の警察組織やメディア果ては都市までも支配し軍や諸組織にスパイを送り込んでいる場合があり情報力、諜報力すらも桁違いである。


更に世界規模の裏社会組織ということで戦闘を担当する部隊のメンバー中には伊集院茂夫瓜生龍臣のバグ大二強に匹敵するかそれ以上の猛者が所属していても何らおかしくは無い


上記のように現実の犯罪カルテルを基準にして考えるとするならばCODE-ELはおろかエルペタス以上のヒューマンバグ史上最大最強組織にすらなりうる。


実際にこの規模だった場合、傘下を含めて数千人程度の戦力で100倍近い数の敵を相手にするつもりの城ヶ崎は日本支部トップからすれば極めてイカレてるように映っただろう(東雲も「本部が出てきたら厄介」と軽く懸念している程度でやれと言われたらやるつもりに見える)。無論、日本全国の裏社会を支配して構成員を万単位にしてから本格的に相手にするつもりだったのかもしれないが、現有戦力では逆に羅威刃のほうが殲滅されていただろう。


そして、京炎戦争が佳境に入るなか、地上最悪の巨大組織としての本性が徐々に明かされていく…(参照)


余談

黒焉街での薬物売買における最大の協力者である日下は天京戦争の元凶として小林によって殺害されたが、これによって黒焉街での薬物売買の独占はかなり難しくなり、羅威刃が日下の後を引き継ぐまで日本でのビジネスは事実上ストップしていた。


強力なビジネスパートナーを失い、そのうえ間接的に多大な損害をもたらした天羽組、更には日本支部を全滅させて利権をそっくり奪い取った羅威刃のことをこのまま放置しておくとは思えないため、今後何かしらの形で彼ら(特に小林や城ヶ崎)に報復を仕掛ける可能性が高いと思われていた。

しかし、そのうち羅威刃に関しては、ボスの城ヶ崎が京羅戦争神原拓間宮恭平設楽紀明高城蓮太郎らの武闘派幹部と共に戦死し、別の幹部の小湊圭一も伊集院に殺害されたこともあり組織自体も事実上壊滅したため、自ずとマッド・カルテルのターゲット候補から除外されたと考えるのが自然だろう。もしくは、日本支部前トップの独断による暴走が支部壊滅の原因だったために、何の落ち度もない羅威刃を狙い撃ちするのは逆に恥だと判断してあえて放置した可能性もある。

また、前述のとおり天羽組にも一応因縁があるとはいえ、「天京戦争の影響で間接的に損害を被った」という程度の理由でわざわざ報復を試みるというのは、想定されるリターンに対してリスクが大きすぎることから実行される可能性はかなり低いだろう。もっとも、「構成員2名と協力者を暗殺した犯人が小林幸真である」という事実をマッド・カルテルが把握した場合には話が変わるが。


しかし、関東の極道の中にも羽王戦争最終回で登場し大阪まで行ってカルテルから仕入れたヤクをばらまきついでに天王寺組の幹部(ネーム有りの人物で狙われていたのは組長の三國貞治か)たちの命を狙って小林の逆鱗に触れてグリンを食らった構成員が所属していた丸高会のようにカルテルと繋がりを持つ極道組織もあった。この組織がなぜ任侠組織である天羽組の人間に邪悪な計画を持ちかけたのかは不明たが、(かつての日下のように)恐らく暴対法による締め付けで資金繰り困っていた所を香坂につけ込まれたのだと思われる。 ※但し過去の獅子王組で黒澤航太郎に粛清された舎弟の青木と木村はその貧しさ故に黒澤や組に無断でヤクの売買を行っていた事実から、小林に殺された丸高組の2人も組に無断でヤクを仕入れていた可能性ものある。


考察

香坂が戒炎を騙している?

香坂が我妻と初めて対峙したとき、彼は「自分はそれなりの役職があり信頼に足りる」という旨の説明をしているが、これは巧みな話術で戒炎と契約するための方便ではないのかという疑惑が浮上している。


というのも、前任者が羅威刃を切り捨てた時に「本部の判断でもうお前達(羅威刃)は用なしだ」と言っていたが、嘘を見破れる城ヶ崎の感性は発動しなかった(同じ話で嘘を見破る場面が出ているため設定失念というわけではない)。このため本部の判断で裏切ったこと自体は事実ということであり、香坂が彼に責任を全て押し付けた上で軌道に乗ったら再び戒炎を裏切る可能性を排除できない(我妻は人の本質を見抜く力は城ヶ崎より高いが嘘を見破る力は彼より劣る)。


この考察が正しいと仮定する場合、彼が語った経歴なども嘘で固められたものである可能性が極めて高く、大組織を操っているかのように錯覚している我妻が逆に利用されるという未来も考えられるだろう。


そして新たに判明した事実によると、現日本支部が本体を裏切り独立しようとしている可能性が出ており後日、本体からの独立を果たした。独立後は香坂と我妻は上手く共闘しているが両雄並び立たずで香坂が地位を固めるために我妻を始末する、もしくは逆に我妻が香坂を討ち組織を乗っ取る可能性もある。


関連タグ

麻薬カルテル マフィア


ナックル・アイ - 同じく悪魔の所業が原因で天羽組の和中蒼一郎をキレさせて大損害を受けた海外マフィア。

関連記事

親記事

京極の轍 きょうごくのわだち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1518

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました