ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ソーンバルケ

そーんばるけ

SRPG「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」および「暁の女神」のキャラクター。
目次 [非表示]

概要

ベグニオン帝国のグラーヌ砂漠にある“印付き”たちの隠れ里に暮らすの達人。

クラスは『蒼炎の軌跡』ではソードマスター、『暁の女神』では剣聖(ソードエスカトス)。属性は天。


隠しキャラ的な要素があり、加入するマップの特定の位置に特定のキャラを待機させると仲間になる。その位置は『蒼炎』ではヒントがあるのだが、『暁』ではヒントが無い。


彼はおそらく「三雄」の1人・獅子ソーンの子孫であり、ラグズベオクの混血“印付き”で、見た目より長い時を生きている。その生まれからラグズとベオクの両方を嫌悪しており、とりわけ「親無し」と蔑み混血の存在そのものを否定するラグズを憎んでいた。迫害を逃れるため、ベグニオン帝国中西部に広がるグラーヌ砂漠の奥にて、印付きの人々が隠れ住む里(国)を作っている。


名剣「ヴァーグ・カティ」の使い手であり、両作品ともにヴァーグ・カティを持って参戦。アイクの剣技を見て、修行半ばで師(父・グレイル)を失ったことをすぐに見抜いたほどの剣の達人。

どことなく『烈火の剣』のカレルのような雰囲気を持つ。


蒼炎の軌跡

15章の砂漠マップにて、特定のマスにレテモゥディを待機させると仲間にできる(それ以外のユニットでも出会うことはできるが、ヴァーグ・カティを譲って立ち去ってしまう)。

戯れからクリミア軍に力を貸すことになるのだが、師をなくしたアイクに剣術を施そうとしたり、同じ境遇にあるセネリオを里に誘うなどしていた。また上述の理由からラグズを嫌っていたのだが、モゥディとは打ち解け、友情を育んでいた。


支援相手はセネリオモゥディ

能力は申し分ないが、幸運が低いので事故死(敵の必殺をくらいやすい)が多い。


暁の女神

やはり4部3章の砂漠マップにて、特定のマスにミカヤレテを待機させると仲間にできる(『蒼炎』から支援Aにしたデータを引き継いでいる場合モゥディでも可能)。ヒントがないため、隠しキャラ的な扱いである。

“同胞”であるミカヤに協力するために同行。その後負の女神ユンヌに印付きについて問いただすも、今までの迫害の根拠が全くのでたらめだと知り、その事実を皮肉り嘲笑った。


今作では通常支援はなく彼は絆支援もないが、『蒼炎』から支援Aのデータを引き継いでいる場合、そのキャラとも絆支援がつく。

能力は『蒼炎』と同じく高いが、幸運は相変わらず低めである。


ネタ要素

とまあここまではシリアスな普通のキャラなのだが、彼は何かとネタにされやすい要素を持つ。

  • 幸運が異様に低いため、敵の必殺をくらって死にやすい。
  • 剣士系の奥義スキル【流星】を発動させ、貴重なヴァーク・カティを一気に消費してしまう。(5回攻撃の一発ごとに武器耐久が消費される仕様の為。『暁』では改善された)
  • 「砂漠に埋まってる人」「発掘された人」と言われることが多い。何しろモゥディは彼の気配を「砂の下」に感じ取っているのである。
  • 倒されたとき、死なずにちゃっかり撤退する。
  • 某軍師の動画では「バル犬」のあだ名で親しまれている。

ソンケルバーン

FE最燃トーナメントの際にソーンバルケの名前を間違えて投票したのが発祥。これ以来正しい名前で呼んでもらえなくなった。2chスレでは「ソンケルバーン」、またそこからのソンケル先生ソンケル師匠などの呼び名が一般化している。ちなみに北米版での彼の名前は至って普通の男性名"Stefan"である。


関連イラスト

ソーンバルケ[リクエスト] ソーンバルケ


関連タグ

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 暁の女神

アイク ミカヤ セネリオ モゥディ レテ

 剣士 剣聖 緑髪

関連記事

親記事

蒼炎の軌跡 そうえんのきせき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136605

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました