ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

リキア地方のキアラン侯爵家に仕えているソシアルナイト
リン編序盤にて、キアラン侯爵ハウゼンの孫娘リンディスをキアランへ迎えるため、ケントと共にサカ地方ブルガルを訪れる。

お調子者で、女性好き。共に行動する堅物のケントとは正反対の性格であり、とりあえず女性を見かけると口説きにかかる。曰く「美しい女性に声をかけないのは礼儀に反する」「軍の女性の名前はすべて暗記済み」だが、基本的に歯の浮くような美辞麗句ばかりなので成功率は極めて低い。
任務中でさえナンパに勤しむせいで間の抜けた失態を晒すことも多々あり、キアランの風聞を貶めている感は否めないが、当人は知ったことかと言わんばかりに常に思考が前向きで切り替えも早く、幾度あえなく玉砕しようが、手痛いしっぺ返しを受けようが、へこたれずに女性へアタックし続ける(無駄な)バイタリティに溢れた人物。
なお、女好きではあるが男が嫌いなわけではなく、むしろ友好的に接していることが多い。

愛すべき馬鹿を地で行くムードメーカー的存在である一方で、主君であるリンへの忠誠心は篤く、彼女を侮辱する者には憤りを露わにすることも。
リン編の敵将であるイーグラーラングレンとの戦闘会話や、一部のキャラとの支援会話においては、普段見せないシリアスな一面を窺い知れるので必見。ここからもわかるように、ケントには小言を言われながらも絶対的な信頼を寄せており、「相棒関係を解消するつもりはない」と言い切っている。
女性好きな面についても、下心と同時に「女性を守るのは騎士の務め」という騎士道精神を備えており、困っている女性には己が身を度外視してでも力になろうとし、主君や世の女性を守れるよう強くなるために自己鍛錬を怠ることはない。
良くも悪くも、自分に嘘をつかず「今」を全力で生きている男と言えるだろう。

そもそも本編を見てみるに、ブルガルで武器調達そっちのけでナンパしていたおかげで探し人のリンを労せず見つけられたり、人見知りなフロリーナのために彼が結成した「リンディス傭兵団」のおかげで彼女が自信をつけるきっかけになったりと、なんだかんだ結果的には良い方向に動いていたりする。ラッキーマンな彼だからこそ為せるわざだろうか?

ユニット性能

クラスはソシアルナイトパラディン

HPと力がよく伸び、その他はやや低めという、癖のあるパワータイプ。従来の赤ソシアルに割り当てられていた成長傾向を持つ。その時々で伸び方に差が出やすい成長率をした能力値が多く、最終パラメータに想像がつきにくいユニット。ただし、どのような育ち方をしても一定の耐久と火力は確保できるため、まるっきり役に立たなくなることもない。

属性は風。支援相手はケント、フィオーラセーラレベッカプリシラルイーズイサドラの7人。支援Cの会話は全て第一声が「お」。
誰と組んでも攻撃・命中・必殺には補正がかかり、長所を伸ばしつつ短所も補える。組むのはやや難しいが、できれば組んでおきたいところ。
ナンパの成功率を物語るように、進行速度は全体的に遅め。足並みや属性相性を踏まえると、フィオーラかプリシラがいいだろう。

レベッカとフィオーラの二名とはペアエンドが存在し、レベッカとのペアエンドでは前作『封印の剣』に登場するウォルトの父親となる。
なお見ての通り、ケント以外の支援会話の相手は全て女性であり、それでいてキアラン関係者の中では唯一リンとの支援がない。これはリンに嫌われている訳ではなく、親友ケントの思いを汲んで自ら身を引いた為である(ケントとの支援会話B参照)。

関連イラスト

キアランの伊達男
烈火赤緑



関連タグ

ファイアーエムブレム 烈火の剣
ケント

ナンパ被害者

リンディス レベッカ セーラ プリシラ
フィオーラ イサドラ ルイーズ マーク(女性を選んだ場合)

カップリングタグ

セイレベ
セイプリ

関連記事

親記事

烈火の剣 れっかのけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイン(烈火の剣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2660

コメント