ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

CV:田中秀幸(箱田真紀版ドラマCD)/土田玲央(ヒーローズ)


暗黒竜と光の剣』および続編の『紋章の謎』(ともにリメイク版含む)に登場。

クラスは「ソシアルナイト」→「パラディン」。


マケドニアの貴族出身で、シスターレナの実の。争い事は好まないが、マケドニア国の王子ミシェイルの命令で派兵されることになる。DS版以外では、レナがミシェイルからの求婚を拒絶したことが原因とマチスは思っているが、裏設定によるとこれは誤解である。


登場初期はオレルアン王国周辺を占拠する敵兵として出現する。妹であるレナの説得で仲間にできるのだが、そのレナが行動範囲に居ても自分から話しかけてこないどころか攻撃をしかけてくる。

レナ…お前は今どこにいるんだ」とつぶやきながら実妹に槍を突き立てる様に多くのプレイヤーがツッコミを入れたであろう。

新・暗黒竜と光の剣』では兵種変更システムの恩恵で攻撃できるようになったレナから返り討ちにされるというギャグまで加わった。


上記のようなゲームシステム上の行動や、SFC版第二部のEDの肩書きが「レナのバカ兄貴 マチス」と書かれたためファンからも「バカ兄貴」と呼ばれている。

ちなみに彼の死亡時のセリフも「ばかな兄ちゃんを許せ」なので、一応自覚はあるようだ。

しかし、久々に会った妹を見て「好きな男でもできたか」「まちがっても盗賊なんかにゃ恋するなよ」と妙に的を射た台詞を言ってレナを動揺させる等、意外と勘が鋭く侮れない一面を持つ。


また、情けない面はあるもののそれ以外は「争い事が苦手」という通り穏やかでフランクな人柄であり、良い意味で貴族出身であるという面を感じさせない。総じて「愛すべき馬鹿」と呼べる人物である。


なお、「新・紋章の謎」におけるマイユニットとの会話では、シスコン属性を大いに発揮し、バカ兄貴っぷりに拍車をかけている。そして妹のために一念発起し、最強の男になるための訓練をしようとするのだが…?妹が行方不明だというのにのんきな兄である。


容姿編集

バカな兄貴

赤髪の角刈りにハの字眉毛と、いかにも頼りない顔をしている。

また、顔つきは実の妹のレナとは似ておらず、共通点をあげるならせいぜい髪色ぐらいである。まあ、後発作品に顔も髪も似てないきょうだいがいくらでも出てくるのでまだマシな方なのだが。


FC版ではビラクと全く同じ顔グラフィックだった(所謂使いまわし)。

SFC版にて描き分けられ団子っ鼻の顔に、DS版では鼻がシャープになったので少しシュッとした顔つきになり、レナと顔が似てきた。

DS版より前に出た「ファイアーエムブレムTCG」では、ソシアルナイト版はナヨっとした立ち方をしているが、パラディン版では眉の角度が上がっており、姿勢もピンとしていて勇ましさを感じさせる。

ファイアーエムブレム0では負傷した所をレナに回復させてもらっているイラストとなっている。プロモーションカードなので通常パックには封入されていない。


キャラクター性能編集

上述したように争い事が苦手な性格故かユニットとしての実力はイマイチ。FC,SFC版では武器レベルが良く伸び、HPと力もそこそこ伸びるので全く使えないワケではないが、とにかく速さが伸び悩む。またソシアルナイトは序盤から優秀なユニットが揃っているため、彼のために序盤から育ててるユニットを割く必要がないのも問題である。


SFC版ではキャラ設定を反映したのかFC版では6ポイントあった幸運の初期値が0にされたので、とにかく必殺の一撃が怖い。


「新・暗黒竜」では元々そこそこ伸びた力・守備の成長率が上がったものの、肝心の武器レベルが戦闘回数によって上昇するようになったため、アイデンティティを失う事に…ただその代わりなのかHPの成長率が+40%もされて90%になっているため、壁役ぐらいには使えなくも無い。

「新・紋章の謎」でも成長傾向は変わらず。FC・SFC版ではユニットとしてはビラクよりマチスの方が成長率がほんのちょっぴりマシな程度だったが、リメイクではビラクの成長率がかなり良くなっているため大きく水をあけられた…


箱田真紀コミック版において編集

彼を語る上で欠かせないのが箱田真紀のコミック版である。まず容姿が原作とは似ても似つかない短髪サラサラヘアーの美青年となり、ジュリアンに嫉妬されるレベルのイケメンとなっている。また、離反した理由もレナのためという事は変わらないが、マルスたちにあえて捕縛される事でアリティアの置かれてる状況を伝え、作戦を読み当てるなど彗眼をもちマルスから「あなたのような軍師がいれば心強い」と言わしめる程のキレ者として描かれており、ゲームでの彼を知っている者からしたらもはや誰てめぇ状態である。


…が、一応コレには理由がありコミックの連載開始が1993年3月であり、彼を今のイメージとして定着させた『紋章の謎』が、その約一年後の1994年1月に発売されたため、まだ無個性だった『暗黒竜』時代の彼を作者がキャラ付けしたところ全く公式のイメージとかけ離れてしまっただけなのである。

イケメンかつ出来た人物だったのもあのレナの兄であり、貴族でもあるのだから「きっとこんな感じだろう」と、作者のイメージがあったものと思われる。

なお『紋章の謎』が発売された後は公式のイメージに近づけるためか初期のキレ者ぐあいは影を潜め、どんどん地味な扱いになり最終的には戦場には出ず輸送隊隊長になり仲間うちから「軍師と呼ばれた男も今じゃ輸送隊」と揶揄われるようなぞんざいな扱いに…哀れマチス。

とは言え軍備に欠かせない輸送隊の隊長を任される辺り、やはりコミック版での彼は出来た人物なのであろう。


ヒーローズ編集

シスターレナの兄 マチス編集

妹のレナはいなくなるし、

 戦に出ろって尻はひっぱたかれるし、

 うちの家は俺の代で終わりかもな……

属性
兵種槍/騎馬
武器禿鷹の槍+
奥義烈風
B攻撃守備の封印2
C守備魔防の奮起3

妹やその恋人に遅れること2年、2022年11月の大英雄戦でようやく登場した。遅れた分ステータスは2年前の騎馬の基準より盛られている。

ステータスは原作再現か、速さと魔防がかなり低めだが攻撃は57と実装時で槍・騎馬としては4番目に高い数値で守備の38はジークと並ぶ同率3位である。


禿鷹系武器の槍もようやく登場。他のスキルも入手がかなり限られるスキルなので継承素材としても優秀。空いたA枠には武器とシナジーのある孤軍系のスキルが欲しいところ。


ホーム画面では妹の事を心配しつつも軍馬の音に怯えるなど、相変わらずのマチスっぷりを披露している。また、☆5レベル40まで育てるとアスク王国に召喚された経緯について触れてくる。

因みに倒された時のセリフは「バカな兄ちゃんを…許せ」と、原作再現されているので是非聞いてみよう。


余談編集

FEシリーズには沢山の兄妹(きょうだい)が存在するが、後発作品でもマチスのように「妹で説得できるのだが、その妹に問答無用で攻撃してくる」タイプの兄ユニットにはもれなく「バカ兄貴」の称号が授けられている。これを踏まえてマチスはプレイヤーから「元祖バカ兄貴」と高尚な二つ名で呼ばれることが多いが、流石にあんまりだからかファイアーエムブレム0(サイファ)では「妹想いの騎士」、ファイアーエムブレムヒーローズでは「シスターレナの兄」と無難な肩書きになっている。


なお、サイファの「妹想いの騎士 マチス」ではジュリアンに対して戦闘力が+20されるという本気を見せる(実用性はともかく)。その本気、本編でも見せてください…。スキル名は「妹は渡さん!」。しかし、一方で本心ではレナとジュリアンとの仲は認めているようで、「紋章の謎」でジュリアンに説得された時には彼の事を弟と呼ぶぐらいである…兄心は複雑なのである。


なお、ジュリアンは恋人の兄であり、元貴族でもあるマチスに対して全く敬語を使っていないという普通ならかなり失礼極まりない状態ではあるのだが、マチスはそれを咎めるようなことはしない。妹の行動によって戦場に立たされることになった(と思っている)のに恨み言一つ吐かずに妹の身を案じ続けていたり、妹の説得でまだ小規模な軍隊であったマルスの同盟軍に寝返ったりと、メンタル面でいえばかなりできた人物である


兄妹(きょうだい)という超身内であるにもかかわらず、紋章の最終章のレナを正気に戻すことができない。三枚目な顔グラ、イマイチな能力&成長率、ぞんざいな公式からの扱い、全てにおいて不遇と言える男だろう。

なお、他の「バカ兄貴」と呼ばれる人たちはイケメンだったり、美人とくっついたり、強かったり、外部出演に恵まれていたりとマチスとは比べ物にならない程優遇されている。哀れなり、マチス…。


…が、近年創作物が増加したことによりキャラクターも多種多様化し、消費者側もそれを求める傾向にあるため、彼もいい方向に再評価される時代がきっと来るだろう。2022年にはシリーズのお祭りゲームであるヒーローズにやっと実装され、10凸魔改造している召喚師もみられる。


関連イラスト編集

【FE全軍進撃】マチスジュリレナリカマチ

頼りないい兄さん。在りし日のマケドニア貴族兄妹


関連タグ編集

ファイアーエムブレム FE

暗黒竜と光の剣 紋章の謎 新・暗黒竜と光の剣 新・紋章の謎

レナ ジュリアン

アーサー…同シリーズの中の人繋がり


エルトシャン…前述の「説得に来たを斬り殺すバカ兄貴」のポジションを受け継ぐキャラ……ではあるのだが、マチスとは比べ物にならない程出来た人物であり、ネタ的ではなく本当の馬鹿がいる上、それでも騎士として忠義を貫いた彼の生き様があるのでこのように呼ばれる事はまず無い。


クレイン…バカ兄貴ポジションその2。章開始時の会話で妹を探している事をアピールしておきながら、そのを見かけるや否や容赦なく攻撃をしてくるため、名実ともに2代目バカ兄貴と呼ばれる事になる。マチスと違いクレインは名公爵家の将軍かつ非常に出来た人物であるのにもかかわらずやらかしてしまうため、ネタ的にはマチスを超えると評する場合も…部下にもバカ兄貴っぷりが感染したのか説得に来た雇い主である彼を容赦なく攻撃してくる事もネタ具合に拍車をかけてると思われる。


レイヴァン…バカ兄貴ポジションその3。ただし章限定である事、と幼い頃に生き別れている事など、理由もあるためそう呼ばれる事は無い。寧ろ特定条件で仲間だった捕虜に襲い掛かったり、返り討ちにされたりすることの方がネタにされやすい。


マカロフ

バカ兄貴ポジションその4。への攻撃は一応気付くのでバカ兄貴と呼ばれる事は無いが、それより彼はその性格と趣味のせいで借金漬けとなったばかりか姿をくらました事で妹が飛んだとばっちりを受ける事になるのでバカ兄貴では無くダメ兄貴と呼ばれる。



ブレラ・スターンランカスレイヤーの項目を参照)

アンドレイ(FEの漫画版では美形仲間)

関連記事

親記事

暗黒竜と光の剣 あんこくりゅうとひかりのつるぎ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました