ピクシブ百科事典

魔道士(ファイアーエムブレム)

まどうし

ここでは、ゲーム作品「ファイアーエムブレム」シリーズに登場するユニットを紹介。
目次[非表示]

概要

初登場は、FC用作品「ファイアーエムブレム~暗黒竜と光の剣~」

剣士や騎士(ナイト)のように力はなく、重騎士(アーマーナイト)や将軍(ジェネラル)のように高い防御力を持っているわけではないが、カダインで得た魔道の力と魔道書を武器に戦う魔法のエキスパート。 【魔道書の組み合わせ次第で、竜族とも渡り合うこともできる柔軟性】と【砂漠地帯では高い移動力を持っている】のが特徴。


暗黒竜と光の剣

【アリティア側】

  • マリク:第一部、第二部に登場。アリティア出身の魔道士。カダインで修行していたが、マルスが打倒ドルーアを掲げて立ちあがった事を聞きアリティア軍に力を貸す。 第二部では、カダインで友のエルレーンと一悶着はあったが師匠のおかげで事なき得た。風の超魔法「エクスカリバーの書」を所有している。

  • リンダ:第一部、第二部に登場。アカネイア出身の女魔道士。魔道はカダインで修行して得たものではなく父から教わった。光の超魔法「オーラの書」を扱うことができる唯一の魔道士でもある。第一部では、父の敵から逃げた先でマルスと出会い力を貸してくれる。第二部では、ニーナ王女からある任務を任されていたところをマルスに出会い力を貸してくれる。

  • エルレーン:第二部に登場。マリクと魔道を競いあった仲だったが、あることから亀裂が生じ一時は敵対する。 が、師匠の言葉を聴いてアリティア軍に力を貸してくれる。 電撃魔法「トロンの書」を所有している。

  • ユベロ:第二部に登場。グルニアの王子でウェンデルの教え子の一人。争いを好まぬ優しい心を持っているが「ファイアーの書」を所有している。


【ドルーア側】

  • マケドニア兵:第一部に登場。ファイアーの書やサンダーの書を武器としている。

  • ドルーア兵:第一部の後半から登場。エルファイアーの書やサンダーの書、ブリザーの書を武器としている。

  • カダインマージ:第一部、第二部に登場。使用する魔道書は同上。

  • ダークマージ:第一部終盤に登場。使用する魔導書は、先述の魔導書の他に最上級魔法「ボルガノンの書」を武器としている

  • アカネイア兵:第二部に登場。エルファイアーの書の他にもブリザーの書やボルガノンの書を武器としている

  • 親衛隊:第二部終盤に登場。トロンの書やボルガノンの書を武器としている。

関連タグ


ファイアーエムブレム

pixivに投稿された作品 pixivで「魔道士(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント