ピクシブ百科事典

ドラゴンナイト(FE)

どらごんないと

任天堂のSRPG「ファイアーエムブレム」シリーズのクラス。竜に乗って戦う。
目次[非表示]

概要

飛竜にまたがって闘う騎士の兵種。シリーズ作品ほぼすべてに登場する。(「外伝」およびリメイクのEchoes以外)

ペガサスナイトとともに飛行兵種の代表格であり、こちらは物理面に特化した性能になっている。敵国の主力部隊となっていることが多いため敵将として登場することも多く、その際は他の兵種の敵将と異なって移動することがあるため注意が必要。
序盤は弱点を突かなければ撃破の難しい強敵であり、敵ドラゴンナイトが数多く登場するマップは難関としてプレイヤーの前に立ちふさがる。

使用武器は『暗黒竜』が、『紋章』から『聖魔』までが、『蒼炎』以降がである。リメイク作『新・暗黒竜』および『新・紋章』ではを用いる。

暗黒竜』および『紋章』においては「ペガサスナイト」の上位職。「飛竜のムチ」を使用することでクラスチェンジできる。
聖戦』以降はペガサスナイトと別系統の下級職。「ドラゴンマスター」などを上位職としている。ただし、『トラキア776』のみ「ドラゴンライダー」からクラスチェンジする上級職。
分岐上級職では「聖魔」で槍専門のワイバーンナイト、「覚醒」で獣馬系の斧専門のグリフォンナイト、「if」で魔法併用で魔防が高くなるレヴナントナイトがある。

ペガサス系と同じく飛行ユニットであるため弓に弱いが、守備の高さゆえ弓では思ったほどダメージを与えられないこともある。多くの作品で魔法防御が低いため魔法攻撃が有効。『蒼炎』などでは特に雷魔法が弱点として設定されている。ほか竜特攻をもつ武器を弱点とする。

シリーズを通して敵国の主力として描かれることが多く、そのため自軍に加わるドラゴンナイトも国を裏切るユニットがかなりの割合を占める。
また「赤い髪や赤い鎧の女ドラゴンナイト」もシリーズお決まり要素のひとつ。

ユニット一覧

暗黒竜/紋章

この作品ではペガサスナイトからドラゴンナイトにCCする。

マケドニア第1王女で、白騎士団を率いる。赤い鎧のため「赤い竜騎士」と称される(騎竜は緑色)。オートクレールの使い手。
マケドニア王で、竜騎士団を率いる。野心家で父を殺して王位につき、自分の意思でドルーア側にくみしていた。紋章ではマリア救出のため裏方で暗躍する。

聖戦/トラキア

クラスがペガサスと別物になり、ドラゴンナイトが下級職になって上級職のドラゴンマスターが追加された。本作は竜騎士の国トラキアの神器が槍ということもあって竜騎士は槍が主力。

レンスターで生まれ、トラキアで育った王女。リーフの兄、セリスの従姉。ゲイボルグの使い手。
トラキア王。グングニルの使い手。貧しい国のため領土拡大を目指し、卑怯な手もいとわない。
トラキア王子。アルテナの兄的存在。父亡き後グングニルを引き継ぎ、トラキア軍を率いる。
トラキアの竜騎士。
トラキアの竜騎士でディーンの妹。

封印/烈火

ベルンが竜騎士の国であるため、味方の加入は遅い。

ギネヴィア親衛隊の隊長。
ミレディの弟。

聖魔

竜騎士はグラドが抱えているが、エフラムルートでは早い時期にグラド入りするため加入は遅くない。

グレンの弟。説得されてグラドと決別する。
帝国3騎「日長石」。
帝国6将「月長石」。元は野心家の軍人だが、「魔性の槍」に触れて豹変してしまった。

蒼炎/暁

ベグニオンに竜騎士団があるが元老院管轄で、皇帝直属の神使親衛隊(天馬騎士団)と内部対立している。


覚醒

味方として加入するのはヴァルム出身の1名のみ。

ヴィオール公爵家の家臣。もとはシスターだったが、ミネルヴァと出会って竜騎士となった。
セルジュの息子。母の騎竜を受け継いでいる仮面騎士。

if

暗夜王国に竜騎士がいるが、白夜ルートでも加入者がいる。

暗夜第1王女。かなり温厚で特にカムイを溺愛している。
カミラの臣下。元々は暗殺者として育てられた。
シュヴァリエの反乱兵。豪快な性格。リョウマを頼っている。
ハロルドの息子。正義感が強く、父と魔逆の強運持ち。

その他

ムスペル第1王女。品性高潔な性格で、暴走しがちな妹にとってはよき理解者。

関連タグ

コメント