ピクシブ百科事典

ゲイル(封印の剣)

あおいりゅうきし

ゲイルとは、ファイアーエムブレム 封印の剣に登場するベルン王国の竜騎士。
目次[非表示]

概要

「さらばだ、ミレディ。できるなら、もっと平和な時代に出会いたかった」

ベルン王国に仕えるドラゴンマスターで、ベルン三竜将筆頭マードックの副官。王女ギネヴィア親衛隊のミレディとは恋仲で、互いが仕えた主君の違いから彼女と敵対することになる。
自身の地位を横取りした私利私欲の塊であるナーシェンとは逆に無欲無私の男であり、恋人のためならそのナーシェンに頭を下げることを拒まず、またそんなナーシェンの戦死でさえその最期を気遣う人格者。

出世欲などを持たない人柄に加えて優秀な竜騎士でもあるため、ミレディの弟ツァイスからは実の兄のように慕われており、現三竜将筆頭のマードックや主君ゼフィールにも認められた上で本来は三竜将の地位へ推されていたが、元々が東の大国ベルンに対して西の大国エトルリアの人間であることを騒ぎ立てたナーシェンによって先の通りその地位を横取りされてしまった過去を持つ。(この出来事は小説版でもゲイルを竜将にすべきだったとマードックは悔やんでいる。)
その経緯から地位を奪ったナーシェンからは酷く警戒され一方的にライバル視されてもいるが、ゲイル自身は自分が他国人でありながらも重用してくれるゼフィールやマードックには心から感謝しており、今の自分の立場に満足しながら忠誠を尽くしている。

ナーシェン亡き後は国王からの勅命により晴れて三竜将へと昇格するが、このタイミングでの昇格は明確に敵として恋人やその弟と戦場で相対することを意味しており、後の決戦では自身との戦いで動揺を見せるツァイスに祖国と戦う覚悟を確かめると、最後には「自分の信じた道に立ちふさがる者があれば、それが誰であろうと叩きつぶせ!」と迷いを払い、彼にすべてを託した。

敵味方に分かれるミレディ、ツァイスの姉弟との関係の深さや、仲間になるキャラクターにしかないはずの属性(氷)持ちである関係から印象に残る存在だが、本編で仲間にすることはできず、クリア後のトライアルマップでしか仲間にはならない。

後付けキャラクター?

ゲイルについてはかなり後から作成されたキャラクターなのではないかという説がある。その理由としてゲイル関連のイベントはバグが多く、加えて本来の出番が終わった終章間近の23章「ベルンの亡霊」でもなぜか内部にゲイルのデータがあり、ここでゲイルを仲間にできるかどうかを考えていた形跡があるためである。

  • 以下、バグの一覧
    • イベントでの飛竜の翼の音がペガサスナイトの羽音になっている。
    • ドラゴンマスターではなく何故かドラゴンナイトで登場している章がある。
    • 敵として登場した時の行動パターンがおかしい(本来は背後から現れてロイを優先的に襲うプログラムが組まれていたと言われている)。
    • 三竜将に昇格しているはずが、戦闘時に三竜将のテーマが流れない。
    • 仲間にならないのに属性がある(これは上記の仲間入りを考えた末に消し忘れた結果と言われている)。

余談

  • 彼がどういった経緯でベルンの騎士になったのかは不明である。またゲイル=gale(疾風)という名前やバンダナから次回作烈火の剣に登場するラガルトとの関連性が稀に指摘される。かつてラガルトにはアイシャという名の女性のパートナーがおり、粛清者として彼女を始末した辛い過去が語られるが、エトルリア人であったのかなどは不明。


関連イラスト

【FE】祝・10周年!【封印】
三つの心がひとつになれば


ナーシェン中心まとめ



関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣
ミレディ ツァイス マードック ナーシェン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲイル(封印の剣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3498

コメント