ピクシブ百科事典

ライナス・リーダス

らいなすりーだす

「ファイアーエムブレム烈火の剣」に登場する人物で、暗殺組織「黒い牙」の幹部。
目次[非表示]

クラス:勇者
CV:成田剣(ヒーローズ)

概要

黒い牙」頭領のブレンダン・リーダスの次男でロイドの弟。『狂犬』の異名を持つ屈強な戦士。
好戦的な性格で、戦場においては我先にと飛び出そうとするが、兄のロイド・リーダスに諭され結局は兄に判断を任せることが多い。正直ちょっとブラコン。また、彼からの教えも遵守しており、兄と同じく、クライアントのネルガル、父の後妻ソーニャへの不信感は強く、ソーニャにとっては邪魔な存在であった。
「すっごくおっきくって、強くて口が悪くて乱暴で、でも本当は優しくって、ヘクトル様にちょっと似てるかもしれない」とニノには言われている。実際ヘクトルと戦闘に入った際も、お互いに似たような台詞を言い、兄のロイドもまたヘクトルを見て弟に通じるものがあると言う。

ベルンに潜入したエリウッド一行に出くわしたが、兄貴にいいところを見せたい一心で、言いつけを破りエリウッド達と対決。戦いの中で標的エリウッドの振る舞いから今回の任務に疑問を抱き姿を消すが、リムステラにエーギルを奪われ死亡する。その後、ロイドが封印の神殿で仇討ちに現れる。
ロイドが先にエリウッド達と戦う場合もあり、その場合、封印の神殿ではライナスが仇討ちの戦いに出る。その場合のライナスはロイドと違い感情的でニノにすら気を許さず、会話イベントも発生しない。

終章にもネルガルの手によりライナスに容姿を似せたモルフが登場、勇者の剣とトマホークを携えてエリウッド達の前に立ちはだかる。本物のライナス同様にロイドと支援を組んだ状態で現れるので厄介な存在。

余談

ライナスがときどき言葉にする「祈りな」は元ネタのマクマナス兄弟が熱心なクリスチャンであることに由来している。異名の『狂犬』、つまり「マッド・ドッグ」は西部劇などによく登場する異名。おそらく当時のスタッフは洋画が好きだったのだろう。

ヒーローズでは

他の四牙から1年遅れて2018年6月12日に大英雄として登場。

属性
武器種別
タイプ歩行
武器バシリコス(専用)
奥義月光
A攻撃速さの大覚醒3
C守備の大紋章2
斧を使うが原作のトマホークではなく、モルフとなった父ブレンダンが使っていた最上位武器の『バシリコス』を使っており、兄のリガルブレイドと対になっている。兄と武器が被らないので同時出撃させても相性が補完できるのが嬉しい。また、これまでの黒い牙メンバーは全体的に守備が低く、近接での殴り合いが不得手だったのでライナスの登場によってようやく守備の高いメンバーが登場した。
同じバシリコス使いのレイヴァンと比べると速さはやや劣るが攻撃はやや勝る。

なお、中の人は以前の作品の魔王も演じている。

関連イラスト

ハグの日ですね
狼と犬



関連タグ

ファイアーエムブレム 烈火の剣 黒い牙
ロイド・リーダス ニノ ラガルト ウハイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ライナス・リーダス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32990

コメント