ピクシブ百科事典

ローラン

ろーらん

フランス語の男性名、および姓。
目次[非表示]

概要

フランス語の男性名(Laurent)。または(Roland, Rolland)。

男性名のローラン(Laurent)は、ラテン語ラウレンティウス(Laurentius)から派生した名前で、他言語ではローレンス / ロレンス(:Lawrence,Laurence)、ローレンツ / ロレンツ(:Lorenz)、ロレンツォ:Lorenzo)、ロレンソ西:Lorenzo)となる。

ローランという名の人物

実在の人物

架空のキャラクター

その他

  • SoundHorizon』のコアなファンの呼称。Sound Horizon Kingdomの臣民(国民)

表記揺れ

ロラン

関連タグ

人名一覧 名字 欧州人名の一覧 中東人名の一覧 外国人名

騎士ローラン

カール大帝(シャルルマーニュ王)に仕えた騎士
スペイン遠征においてバスク人の奇襲を受けた際、撤退戦においてその名を残し、以後キリスト教と騎士道に殉じた人物として知れられる。
史実上では明確な資料に乏しい人物だが、のちにキリスト教騎士道讃嘆の物語として、彼を主人公とした多くの伝奇が執筆された。
その有名なものが、『ローランの歌』と『狂えるオルランド』である。

伝説におけるローラン

シャルルマーニュ王の近臣である円卓の十二勇将(パラディン)の筆頭。
真偽は定かでないが、シャルルマーニュ王のとされる場合が多い。
武勇に優れた忠臣であり、王からの信頼も厚い模範的な騎士。ただ一方で騎士道を重んじるあまり、合理性に欠いた判断を下してしまうことがある。
王からは信頼の証として、彼には聖剣デュランダルが下賜されていた。
また「オリファン」という良く響く角笛を持っていたが、これが彼の命運を分けることとなった。

ダンテの『神曲』では、多くの殉教者たちと共に天国で過ごしている姿が描かれている。

ローランの歌

史実準拠で描かれた吟遊詩人たちによる伝承緑。
おもにスペイン遠征での悲劇を大きく取り沙汰しており、彼の奮戦と最期について描かれている。

あらすじ

ローランは数々の武勲を挙げ、スペイン遠征に挑む。
サラセン(イスラム)帝国との戦いを有利に進めていったフランク王国は、サラセンの王から停戦の申し出を受け、シャルルマーニュはローランに使者の派遣を相談した。ローランは継父であるガヌロンを推挙するが、ガヌロンは「ローランは自分を謀殺して所領を奪うつもりか」と要らぬ疑心に駆られ、遂にはローラン抹殺を決断してしまう。

ガヌロンはサラセン側の将軍と意気投合して裏切りを持ちかけ、ローランを殿軍に推挙する。
そして会談の地を後にしたローランたちに対し、サラセン側はガヌロンの計画通りに20万の大軍を進撃させ、奇襲を図った。ガヌロンの裏切りを知ったローランだったが、親友オリヴィエの「角笛を吹け」という進言を騎士道による虚栄心から無視してしまい、そのままサラセン軍と激突する。当然多勢に無勢だったのだが、それでもローランと十二勇将は奮戦し続けた。
しかしさすがに20万の軍勢の前に屈し始め、時遅くにしてようやくローランは角笛を吹き、前方にいたシャルルマーニュ王の下にローランたちが裏切りによる迫撃に遭っていることが知れる。ガヌロンが取り繕っている様から王はガヌロンが逆臣に成り果てたことを見抜き、すぐさま拘束してローランの救援に向かった。

笛を吹きに離脱していたローランは、戻ってサラセンの王が仲間たちを討ち取る姿を見て怒り、奮起する。
その勢いでサラセンの王に迫って彼の右拳を斬り落とし、さらに彼の王子の首まで討ち取って見せる。
ローランの勢いに気圧されたサラセン軍は撤退。しかしすぐさまエチオピアから援軍を要請し、5万大軍が押し寄せる。
この戦いでオリヴィエが斃れ、とうとうローランも力尽きてしまう。
デュランダルだけは明け渡すまいと、最期の力を振り絞って岩に叩きつけるが、結局岩の方が真っ二つに割れてしまい、ローランは婚約者の身を案じながら息を引き取った。

エチオピア軍はその後シャルルマーニュ王の軍に敗れ、ガヌロンも助命嘆願を受けながらも八つ裂きの刑となった。
デュランダルはローランの遺体と共に回収され、シャルルマーニュ王の元に帰った。

狂えるオルランド

イタリアで執筆された伝奇作品。
ファンタジー要素がかなり濃い作品で、筋書きも『ローランの歌』までの前日談として描かれている。
ローランも「オルランド」と名前を変えており、性格も勇猛果敢な一方で忠臣としての側面が薄くなり、ややもとすると脳筋寄りな豪傑的な性質が強くなっている。

そして“狂える”の表題通り、劇中では発狂すること場面がしばし存在する
また本作自体が冒険譚であり、オルランドの発狂の原因も「異教徒との戦いをすっぽかして異国の姫・アンジェリカの捜索に明け暮れるオルランドへの罰」という、『ローランの歌』からは程遠いほど奔放なオルランドの性格故とされる。

発狂したオルランドは様々な奇行を重ねるのだが、中でも飛び抜けてヤバかったのは「アンジェリカに振られたショックで全裸で諸国を放浪する」という、騎士道どころか人間としてヤバいもの。
さすがにこれにはちゃらんぽらんキャラで知られる十二勇将の盟友・アストルフォも動かざるを得なくなり、彼の理性を取り戻すために「地上で失われたものがすべて行きつく」とされる“月の世界”へと旅立つ羽目になった。

関連タグ

騎士 中世 フランス
デュランダル

pixivに投稿された作品 pixivで「ローラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62259

コメント