ピクシブ百科事典

ドンキーコングJr.

どんきーこんぐじゅにあ

「ドンキーコングJr.」とは、1982年に任天堂が発売したコンピューターゲームのタイトルである。
目次[非表示]

※この記事ではコンピュータゲームについて記述する。
キャラクターについては、ドンキーコングJrピリオドなし)の記事を参照。

概要

ドンキーコング」の続編として、1982年アーケードゲームとして登場。
今作では、マリオに囚われたパパ(後のクランキーコング)を救出するという内容で、マリオはなんと悪役として登場する。
ただし、元を正せば『前作』でドンキーコングが悪さをした結果に過ぎない事も踏まえると、「単純にマリオが悪いと考えてしまうのはどうか」という評価もある。
この為か、後のGB版としてリメイクされた『ドンキーコング』では、Jr.もドンキーコングに協力する悪役として描かれている

長らく母親が謎だったが、大魔王の息子と違いスーパードンキーコングシリーズでリンクリーコングがクランキーの妻である事からJr.の母である可能性が高くなった。

ステージ構成

1面

前作にはなかった、を使っての昇降がある。赤いワニは動きは遅く、青いワニは動きが速い。

2面

スタート直後にジャンプ台がある。そこから一気に伸び縮みする棒にしがみつくことも出来るが、リスクが高い。
後半ではニットピッカーという鳥が体当たりを仕掛けてきたり、卵を落として来たりする。

3面

スパークを飛び越えて上へ進んでいく。赤いものはその場をグルグル回り、青いものは1周した後、1段下に下りてくる。

4面

6つの鍵を下から穴に差し込んで、パパを救出する。ここでもニットピッカーが邪魔をしてくる。
鍵を6つ差し込めば、足場が外れてマリオは落下。パパはJr.に支えられて無事に救出。以降はまた1面に戻る。
この際の演出は、AC版とFC版とでは異なり、AC版では落下したマリオが何事も無く起き上がり
去っていくJr.たちを追っていくがパパコングに蹴り飛ばされ方々の体で逃げ出す。
FC版では落下して地面に叩きつけられた後、頭上に天使の輪が出てくる(恐らくは明確な死亡表現)

移植・リメイク

1983年ファミリーコンピュータが発売された時には、前作と共にローンチタイトルとして登場。ロムカセットのパッケージは初期版と後発版とで違っている。
また、ファミコンリミックスにも登場している。
他にもインテレビジョンコレコビジョンAtariの各機種などに移植されている。

各機種比較動画



関連タグ

ドンキーコング
スーパーマリオカート:久々に出演したソフト。

関連記事

親記事

ドンキーコングシリーズ どんきーこんぐしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドンキーコングJr.」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9411

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました