ピクシブ百科事典

クレイジークライマー

くれいじーくらいまー

「クレイジークライマー」は日本物産(ニチブツ)が1980年に販売したアクションゲーム
目次[非表示]

概要

「クレイジークライマー」は日本物産1980年に販売したアーケードゲーム。開発には、現在「乗換案内」シリーズで有名なジョルダンが関わっている。筐体はテーブル筐体とアップライト筐体が存在し、セガがライセンスを取得して販売したものも存在する。また北米ではタイトーアメリカがライセンス販売している。

操作系はレバーが2本で、それぞれがキャラの左右の腕に連動しており、それを駆使してビルの外壁を上りながら屋上を目指すもの。
グラフィッカーとして関わっていた藤原茂樹氏によれば、開発初期はレバー1本とボタン2個で、レバーで左右移動、それぞれのボタンで左右の腕を上げる仕様だったという。
営業サイドの売れないという意見に反してヒット作となった。
ファミコンやLSIゲームなどに移植され、時代と共にグラフィックを向上させた移植版も少なくない。

BGMには「子象の行進」、「ピンクパンサーのテーマ」、「しらけ鳥音頭」などを使用しているがおそらく無許可使用である。ただし、「しらけ鳥音頭」のみはゲーム中に使用され印象的であるためか、許可を取って移植版でも使用されている。

1988年に続編のアーケードゲーム「クレイジークライマー2」が販売されている(2015年PS4アーケードアーカイブスに移植)

各機種 比較動画



関連タグ

日本物産 レトロゲーム アクションゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「クレイジークライマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172

コメント