ピクシブ百科事典

日本物産

にほんぶっさん

TVゲーム「クレイジークレイマー」とニチブツの愛称で知られたゲームメーカー。現在はゲーム事業は行っていない。
目次[非表示]

Frontier Spirit in the Amusement
Frontier Spirit of Amusement

概要

1970年に大阪で起業し、1978年にアーケードゲーム業界に参入したが、いくら当時のゲーム業界が著作権におおらかだったとはいえブロックくずしのコピー品やスペースインベーダーのコピー品を取り扱っていた為にタイトーに訴えられた(後に和解)。またギャラクシアンでもやらかしてしまいナムコに訴えられた事がある(後に和解)。

1980年に代表作となるアクションゲーム「クレイジークライマー」をリリースし、シューティングゲーム「ムーンクレスタ」と共にニチブツの表の顔となった。

1983年に、自社オリジナルのキーボード付き家庭用ゲーム機マイビジョンを発売するも、発売されたROMカセットがテーブルゲームのみであったことと、¥39800と言う高価が災いして埋もれてしまう。後に「マグマックス」でファミコンに参入すると、「クレイジークライマー」や「テラクレスタ」といった同社の人気タイトルの他、「コスモポリスギャリバン」や、今や別の意味で有名になってしまった「セクロス」等のタイトルをリリース。またPCエンジンでは、家庭用ゲーム機初のオリジナルタイトル「F1サーカス」をリリースし、F1ブームにあわせて各社がレースゲームで鎬を削る中で大ヒットさせた。

※F1サーカスの大ヒット具合を物語るエピソードとして、当時F1に参戦していたロータスのスポンサーとなり、ニチブツのロゴが車体に貼られていたと言う話がある。

1983年には業務用初の脱衣麻雀ゲームをリリース。その後、脱衣麻雀ゲームの内容に関して業務用タイトルの業界団体JAMMAAOUと対立した結果、両団体から飛び出して脱衣麻雀ゲーム中心にシフトしていき、AV業界と組んで実写映像が表示される脱衣麻雀ゲームといったアダルトゲームを展開した。

その後、業務用の脱衣麻雀と共に、家庭用ゲームで一般向けタイトルをリリースしていたが、2001年発場合のタイトルを最後にゲーム事業から撤退し、自社ビルも人手に渡ってしまい、現在は著作権管理と在庫販売のみ行っている。

主なゲームタイトル


関連イラスト

MOON CRESTA
MOON CRESTA(修正&分離)


伝説のコスプレイヤー
バニラちゃん〜バニラシンドローム



関連リンク

Nichibutsu Web site

pixivに投稿された作品 pixivで「日本物産」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54761

コメント