ピクシブ百科事典

ギャラクシアン

ぎゃらくしあん

ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)が1979年にリリースした業務用シューティングゲーム。
目次[非表示]

解説

ナムコが開発・発売したトップビュー形式のシューティングゲームで、アーケード版は1979年に発売。
左右移動・単発ショット自機を操作し、画面上方で大編隊を組んだ敵を全て倒せば1面クリアという点は前年に発売され大ヒットを呼んだタイトーの『スペースインベーダー』を踏襲しているが、敵が編隊を離れて飛来するという要素を加え、画面デザインなども含めて斬新な印象を与えた。

また、その後は多くの家庭用ゲーム機PCにも移植され、続編として『ギャラガ』、『ギャプラス』が作られた。

その後、1990年の「国際花と緑の博覧会」(花博)のアトラクションとして最大28人による同時プレイが可能な『ギャラクシアン3』(正確には3は3乗のような表記。末尾のンの斜め上に表示)が登場し、更にUGSFシリーズとして再編され、世界観の広がりを見せている。

余談

  1. ファミコン版は、リセットボタンを連打すると「シバの女王」や「ナウシカ・レクイエム」が聴ける隠し音楽モードに入れる。
  2. カセットビジョン版は日本物産の『ムーンクレスタ』に近い別ゲーム。これはこれで当時としてはスピード感のある良ゲーだった。
  3. 後年には、ミニゲームとして『ギャラクシアン』やそのアレンジ版が収録されているナムコのゲームがいくつかある。
  4. 2017年公開の映画『超スーパーヒーロー大戦』ではゼビウスと共に現実世界を破壊しようとするエイリアンとして登場した。


関連動画

ギャラクシアン3、プロモーション動画


外部リンク

wii バーチャルコンソールアーケード版の紹介
wikipedia

関連タグ

ナムコ レトロゲーム STG UGSF 宇宙戦争
ギャラガ ギャプラス ギャラクシアン3

さんまの名探偵
ファミリーコンピュータ用ソフトとして1987年4月2日発売。ゲームセンターで遊べるミニゲームとして『ギャラクシガニ』が収録されているが、内容は典型的な縦スクロールSTG。
ボスも登場し、勝つと捜査に関するヒントを教えてもらえる。

リッジレーサー
1993年に業務用レーシングゲームとして発売された同名のゲームをプレイステーション用ソフトとして1994年に発売。ゲーム開始時にミニゲームとしてプレイ可能で、クリアすればRT RYUKYU、RT SOLVALUの2台を除いたライバルカーが使用可能になる。

仮面ライダーブレイブ
前述した「超スーパーヒーロー大戦」の劇場版限定フォームとして、ギャラクシアンの力を使った"ギャラクシアンクエストゲーマーレベル3"が登場予定。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャラクシアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8998

コメント