ピクシブ百科事典

ジャンケンマン(メダルゲーム)

じゃんけんまんめだるげーむ

メダルゲームのジャンケンマンは、サンワイズが開発した小型のメダルゲームである。
目次[非表示]

概要

さとりの敗北


サンワイズ製の小型のメダルゲーム。初代のリリースは1985年。
じゃんけんをベースにした子供にも分かりやすいゲーム性と筐体の小ささから
スーパーマーケットの隅やデパートのゲームコーナーに置かれている事も多い。

システム

  1. 10円、またはメダルを投入すると『ジャーンケーン、』の掛け声が出る。
  2. 【グー】【チョキ】【パー】いずれかのボタンを押して筐体とじゃんけんを行う。
  3. 押した瞬間、筐体側の手がLEDで表示され、押したボタンとの勝負の判定を行う。
  4. 勝てばメダル2枚の払い出し、あいこなら再戦、負ければ10円は没収される。


バリエーション

初期バージョン

勝利後、ダブルアップを最大5階まで試みることが出来る。ダブルアップ中に負けた場合は全額没収。
無論、ダブルアップをせずに払い出しを行うこともできる。

フィーバー、ジャックポット

ダブルアップが廃された代わりに、勝利後『フィーバー!』のボイスと共にルーレットが廻り、
止まった数字と同額のメダルを獲得できる。
配当はフィーバー:1〜20枚、ジャックポット:1〜50枚。

ジャンケンマン7

勝利後、配当を決める3リールのスロットが廻る。数字が並ぶとそれに応じた枚数が払い出される。
ただし、スロットは外れる可能性もあり、外れた場合は配当ゼロで終了する。

かったら あげる!!

勝てばメダルの代わりにカードを獲得できる。枚数は1〜2枚のランダム。
バーコードバトラー』の専用カードが景品になった事もある。

元祖ジャンケンマン、ジャンケンマン21

1回100円のプライズゲームになった。ゲーム前に欲しいプライズを選択し、勝てば獲得。
メダルを払い出さないのに『元祖』を名乗っているのはどうかと思うが、正統進化ではある。

余談

『ジャーンケーン』と掛け声を発しているが、(プライズ選択を含む『元祖』以外は)10円/メダルを入れた時点ですでにボタンの受付は始まっている。
そして掛け声の途中でボタンを押すと『ポン!』で強制的にキャンセルできる。
あいこの際の掛け声『あーいこーで、』でも同様である。
この為『ジャーポン!あーしょ!あーしょ! ズコー』という、上の理屈を知らないと
ただの奇声にしか聞こえないボイスを作り出して笑いこけた(当時の)子供も多いのではなかろうか。
特に20〜30代

関連タグ

エレメカ レトロゲーム じゃんけん 昭和 ズコー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンケンマン(メダルゲーム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98734

コメント