ピクシブ百科事典

レイブン

れいぶん

ワタリガラスの英語名、またはキャラクターの名称。
目次[非表示]

詳細は『レイヴン』の項目を参照。

レインの表記ゆれという扱いだが、一部の作品ではレインが正式表記とされる場合もある。
日本人が発音するとこうなるが、正確には『レイヴン』。「え」の口をして「ぶ」の発音すると近いかもしれない。

「ティーンタイタンズ」のレイブン

概要

初登場は1980年の『DC Comics Presents #26』に収録された「Where Nightmares Begin!」。
若手ヒーローチーム「ティーンタイタンズ」のメンバーとして知られる。

原作コミックでの表記はRavenだが、カートゥーンネットワークによる日本語版ではレイブンを正式表記としている。
アニメーション作品は多くのバージョンでタラ・ストロングが声を当てており、日本語版の吹き替え小平有希
灰色肌と、「Azarath Metrion Zinthos(アザラス・メトリオン・ジントス)」という呪文はアニメ版オリジナル要素。

人物

無題


本名:レイブン(Raven)

ゴッサムシティのカルト集団「チャーチ・オブ・ブラッド」の儀式によって魔界の帝王トライゴン(Trigon)の子を身ごもった地球人の女性アンジェラ・ロスがレイブンの母親。アンジェラは「アザラス(Azarath)」という異次元の寺院に保護され、Arellaという名を与えられた。悪魔の能力を宿して産まれたレイブンはアザラスの僧侶たちにより「感情の抑制」を教え込まれた。

自身のを覆う暗闇を周囲の空間に投影し、物理的な実体を持つとして操ることができる。また幽体離脱、飛行、テレポーテーション、他者の感覚や精神を読み取るテレパスとしての能力を備え、これを応用し仲間のダメージを回復させる描写もある。

一方で、トライゴンは地球とアザラスに侵略する意図を持っており、娘であるレイブンの存在自体がそれを成し遂げるための鍵となっている。その野望はタイタンズやジャスティスリーグによって阻止されてはいるが、トライゴンが復活し襲ってくるたびにレイブンも悪堕ちのリスクにさらされ、タイタンズの敵対者となってしまうことがある。

Reven



他のバージョン

Emoticlones

セブンレイブン


無印#6『レイブンの謎(Nevermore)』、TTG!#25『レイブンの真意(Colors of Raven)』などに登場。悪堕ちに繋がる魔力の暴発を防ぐために、レイブンは絶えず感情を抑制している。これらの感情はときにEmoticlonesと称する『コスチュームの色が異なるレイブン』の姿で描写される。

またTTG!ではレイブン以外のメンバーも同様の分裂現象を起こすエピソードがある。

ホワイトレイブン

Azarath Metrion Zinthos


原作において、トライゴンの影響から脱したことを受けて白のコスチュームに着替えたことがある。が、トライゴンはその後も度々復活したため、レイブンの白コスチュームも限られた時期しか使用されていない。
アニメ版では上記のEmoticlonesの一体(一態)として顕れた他、複数のエピソードでレイブン本人が白コスチュームを着用している。

ダークレイブン

Demon Raven


悪魔化したレイブン。瞳のない四つの眼を持ち、アニメではさらに赤肌白髪とトライゴンの分身とも言うべき姿になっている。

レイチェル・ロス

悪堕ちしたダークレイブンがタイタンズに倒された後、レイブンの魂はチャーチ・オブ・ブラッドによって人間の少女として再生。
司祭であるブラザー・ブラッドとの婚姻を強要されるが、タイタンズによって救出され、チームに復帰する。
その後、母方の姓をとったレイチェル・ロス(Rachel Roth)の名でハイスクールに入学している(2004年)。

レディ・レガサス

Lady Legasus


TTG!#37『レディ・レガサス(Legs)』で登場。
いつものクロークを取り上げられたレイブンが、脚技を駆使するファイター「レディ・レガサス(Lady Legasus)」に転向。

関連イラスト

魔法少女
レイヴン


レイブンちゃん
Raven (Teen Titans)


Raven
Zatanna & Raven


レイヴン
レイブン



関連タグ

DC / DCコミック / スーパーヒロイン / 悪魔

ティーンタイタンズ / ザターナ / エンチャントレス

raven / teentitans

pixivに投稿された作品 pixivで「レイブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1655006

コメント