ピクシブ百科事典

アンナ・ターレス

あんなたーれす

アンナ・ターレスとは、ゾイドバトルストーリーの登場人物であり、作中における悲劇のヒロインである。
目次[非表示]

「決まり事だから一応書くけど、死ぬつもりなんてこれっぽっちもないわ。」
—アンナ・ターレス大尉の遺書より抜粋

概要

アニメに登場しない(そもそもアニメにはゼネバス帝国が存在しない)、バトルストーリーオリジナルの人物。TCG+SLGな『ゾイドバトルカードゲーム』が初出であり、後に『公式ファンブック第3巻』のバトルストーリーにも登場した。
以下の悲劇的な顛末から一部で高い人気がある。

バトルストーリーにおいて

ガイロス帝国特殊工作師団第2特務隊に所属する少尉(上では「大尉の遺書」と書かかれているが、二階級特進によるものと思われる)。
ガイロス帝国摂政ギュンター・プロイツェン・ムーロアの息子ヴォルフ・ムーロアとは幼馴染であり、お互い「ヴォルフ」、「アンナ」と呼び合う仲。

プロイツェン及びヴォルフが亡きゼネバス帝国皇帝の血を引く者であるという事を知っており、いつの日か彼が皇帝の座に就く事を夢見ていた。そのため彼等と同じくゼネバス帝国関係者の子孫の可能性が高い。

ZAC.2101年、彼女は鉄竜騎兵団(アイゼンドラグーン)として量産型デススティンガー(暴走しないようにオーガノイドシステムが弱められている)であるKFD(キラー・フロム・ザ・ダーク)に乗りヘリック共和国軍ニクシー基地を襲撃する命令を受ける。
それは生きて帰れる保証の少ない決死隊としての任務であったが、そんな状況でも彼女は「死ぬ気はない」と遺書に書き残していた。
しかしその思いも虚しく、共和国軍・閃光師団のエースパイロット・レイ・グレックの駆るライガーゼロとの戦闘で敗北、他のKFDも全滅。その際の生死は不明だったものの、機密保持の為に全機が自爆、機体と運命を共にした。

元から時間稼ぎに過ぎなかったため作戦自体は成功であり、次期皇帝であるヴォルフも喜ぶべきだったのだが、ヴォルフはレイをアンナの仇と捉えるようになってしまった。
実は因縁自体はレイがガイロス帝国からライガーゼロを強奪した時から始まっていた(この時、レイの部下はヴォルフに全滅させられている)のだが、ヴォルフがレイにこだわるようになったのはこの時からである。

ゲーム媒体への出演

PS2「ゾイドタクティクス」にも登場、声優は松来未祐が担当。
初めて顔見せしたときの乗機はジェノザウラーであった。(この時レイがライガーゼロを奪取する場面に出くわしており、せっかくの新型を破壊しなければならないことを嘆いた)
そして、次のステージでファンブックのストーリーと同様ニクシー基地への襲撃で戦死してしまう。

また、GC「ゾイドフルメタルクラッシュ」にも、乗機であり(正確には劣化版だが、コマンドでKFDのカラーリングを選択できる)当ゲームの隠し機体の一機デススティンガーと共に登場、他の参戦キャラと同様、勝ち抜きモードの最終面にて勝利することでメインパイロットとして選べる。
デススティンガー搭乗時はもちろん、荷電粒子砲のEX技にも専用の台詞がある(参戦機体のうち、荷電粒子砲を持つすべてのゾイドで確認)。下記の台詞とともに、すべてを焼き尽くそう!

「焼き尽くしなさい、荷電粒子砲!!」

余談

カードゲームで最初にキャラデザインを担当したのは後にまぶらほの押絵を担当したり、そしてフレームアームズ・ガールフレズヴェルクの絵を描いたことでも知られる駒都えーじ=サンである
キャラデザインの項を見て、「ワッザ!?」と思った人もいたとかいなかったとか…

関連タグ

ゾイド デススティンガー
ガイロス帝国

関連記事

親記事

ガイロス帝国 がいろすていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンナ・ターレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2521

コメント