ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

海洋堂から発売されているアクションフィギュアシリーズの総称。

関節部分にリボルバージョイントと呼ばれるクリック式の共通規格関節を仕込んでおり、何度動かしてもへたらず、保持力が高く、可動域が広いという特徴がある。何より、関節パーツを共有化することで生産コストを安くする事が出来るという利点があり、初期のラインナップは税込み1995円という破格値であった。現在は諸般の事情で大型化し値上がりしているが、それでもお手頃価格帯である。

一方、可動域については『特定ポーズをとること』を前提としているため、同価格帯の他シリーズのアクションフィギュアと比べると可動にはクセがある方である。これは主任造形士の山口氏が開発した独自の可動方式「モノシャフトドライブ(通称:山口式可動)」を採用しているためであり、慣れればアクロバティックなポーズを簡単に再現出来る強みがある。

2006年から販売が開始され、販売15年を突破している海洋堂の長寿シリーズである。

リリース当初は掌サイズの小型可動フィギュアシリーズであったが、人気を博したことで様々なジャンルの立体化を手がけることになり、ロボットものに始まり・美少女・特撮・文化財や仏像にいたるまで手がけることになった。

現在は海洋堂が商品化したいキャラクターをあらかた出し尽くしたこともあってリボルテックシリーズとしての商品展開はまばらになっており、主任造型士の山口勝久が手がけるアメイジング・ヤマグチシリーズがメイン商品になっている。


シリーズ

  • リボルテックヤマグチ

原型師・山口勝久が可動を手がける基幹シリーズ。

新世紀エヴァンゲリオン戦国BASARAどこでもいっしょなど多種多様なシリーズがラインナップされている。

  • リボルテックよつば

よつばと!の可動フィギュア。可動するフィギュアはよつばダンボーのみで、よつばと絡められる同スケールの風香は固定フィギュアだが、ダンボーにはamazonバージョンなどのバリエーションが存在する。

  • フロイラインリボルテック

女性素体ELFを用いた、女性キャラ専門シリーズ。

フロイラインはドイツ語の未婚女性に対する敬称で「お嬢さん」的な意味合い。

ボディラインの美しさに定評があったが現在休止中。

北斗の拳シリーズの可動フィギュア。海洋堂の可動フィギュアシリーズの原点とも呼べるシリーズであり、過去のフィギュアの原型を流用しつつ可動軸をリボルテックに改めたものとなっている。販売当時話題を呼んだグロテスクな死に様を再現したモードもばっちり受け継がれている。

『負けモード』と称して破れた衣装や痛々しい表情が付属する、年齢制限からして危ないシリーズ。箱のベロにはM字開脚のとらせ方が描いてある。

  • 特撮リボルテック/ムービーリボ

作品データについての解説も詳しい、特撮専門のシリーズ。

1箇所が軸可動するだけというメーサー殺獣光線車轟天号のような『どこが可動だよオイ!』なんてシロモノもラインナップされている。

二次裏等でも話題となったあのウッディもこのラインナップ。

現在はムービーリボに改名されている。

  • リボルテックタケヤ

造形作家・竹谷隆之が原型を制作するシリーズ。

四天王や阿修羅などの仏神がラインナップされている。

最近では「ゲゲゲの鬼太郎」もこのシリーズに加わった。

「マブラヴ オルタネイティヴ」シリーズに登場する戦術機の可動完成品。

アニメーション製作会社のピクサーの作品に登場するキャラクターを題材としたシリーズ。

前述の『特撮リボルテック』シリーズから独立したもので、ウッディは現在こちらのシリーズにラインナップされている。

  • アメイジングヤマグチ

 デッドプールスパイダーマンなどのアメコミキャラをアクションフィギュア化したシリーズ。

可動部分はリボルバージョイントとモノシャフトドライブを使用している。

基本的に原作準拠であり、非映像化キャラも立体化されている。

 アメコミに限らず日本の漫画作品も随時立体化しており、僕のヒーローアカデミアの主役緑谷出久オールマイトなどがラインナップされている。

リボルテックが本来目指していたというオリジナルの組み換えヒーローフィギュアで、リボルバージョイントの開発にも携わった漫画家内藤泰弘氏がプロデュースしている。

一般の店舗には流通しておらず、購入するには直営店の海洋堂ホビーロビー東京へ赴くか公式サイトの通販を利用しなければならない(2013年の新シリーズからはamazon取扱開始)。

かつてのミクロマンを彷彿とさせるメッキ頭部とクリアボディが特徴で、リボルバージョイントの特性の1つである「差し替え」を最大限駆使し、オリジナルのヒーローやマシンを組み上げることができる。

そのコンセプトから武装神姫を思い出したものもいなくはない。サイズ似てるし。

関連タグ

figma 武装神姫 内藤泰弘 オリハルコン・レイカル

関連記事

親記事

海洋堂 かいようどう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 916798

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました