ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エヴァンゲリオンMark.07

えゔぁんげりおんまーくせぶん

劇場版SFアニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に登場する架空の兵器。
目次 [非表示]

【注意】この記事には『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』のネタバレを含んでいます。


概要

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』に新たに登場するエヴァンゲリオン。正式名称は「Evangelion Mark.07」。


Mark.04シリーズに続く、NERVの量産型EVA。

初号機に似た顎の装甲が付いた髑髏のような頭部が特徴で、額部分と眼窩奥にNERVのマークがある。機体色は薄いグレーで、装甲の造りは他のEVAと比べると簡素なものになっている。頭上にはエンジェル・ハイロゥのような光の輪が取り付けられ、高速での飛行能力を有する。


一体一体の戦力はMark.09(アダムスの器移行中間形態)の光線のような破壊力こそ有さず、歴戦のアスカらに言わせれば雑魚同然だが、問題は先の量産型以上の恐ろしいまでの物量であること。可能な限りの弾薬や武装を装備してきたヴィレ側の戦力でもあっという間に弾切れに追い込まれた。

主な攻撃法は組みつきや噛みつきなどといった単純なものだが、NERV本部へと進攻する新2号機改8号機の行手を阻む際には一つの渦のような形に集まり妨害するなどの集団行動も可能(まるで虫か鳥の様に画面上を埋め尽くすように現れ、アスカ達に組付いて嚙みつき攻撃を繰り出してくる髑髏の軍団というインパクトは、もはやホラーの領域である)。最終的には新2号機と改8号機のダブルATフィールドにより全機殲滅された。


余談

デザイン当初は顔が髑髏ではなく、エヴァオップファータイプと同じ仮面だったが、エヴァの区別に難儀していた庵野監督の思いつきによりデザイン当初のMark.07の仮面のデザインをローマ数字として扱えばいいと思い至り、オップファータイプの仮面とされた経緯がある。


デザイナーの山下いくとによると、当初はコアのみでA.T.フィールド発生以外に機能を持たないエヴァとしてデザイン案を出したが、最終的にはそのデザイン案は44Bや4444Cに当てられたとのこと。本編での動向を見る限り、機能面が非常にシンプルな点自体は原案と大きく変わっていないと言える。


これほど大量の数をNERVが用意できた理由は不明だが、ニアサードインパクト/サードインパクト後の世界では人類がエヴァンゲリオンへと強制進化させられたエヴァンゲリオン・インフィニティと呼ばれる首無しのエヴァンゲリオンが大量に点在している為、それらに頭部やダミーシステムなどの戦闘用の後付け改造を施したのかもしれない。

あるいはエヴァンゲリオン・インフィニティに変貌したものの中で首のあるもののみをMark.07として運用している可能性も否定はできない。


予言イラスト?

(嘘バレ)07+09号機


関連タグ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

EVA量産機

関連記事

親記事

エヴァンゲリオン えゔぁんげりおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81691

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました