ピクシブ百科事典

第12の使徒

だいじゅうにのしと

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に登場する使徒。

TVアニメ版の第12使徒についてはレリエルを参照。

この記事は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレを含みます。























ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qに登場する使徒。TV版のアルミサエルを彷彿とさせるが、今回は黒いコードの束のような姿をしており、先端は赤く発光している。全身がコアであり、攻撃を受けた際には巨大なコアの塊となり、防御。アヤナミレイの前では、笑う綾波レイの巨大な顔に変化した。

2本の槍とリリスの骸と共に、セントラルドグマの最深部にて活動を停止したエヴァンゲリオンMark.06の内部に潜伏していた。劇中、エヴァンゲリオン第13号機が突き刺さっていた槍を引き抜き、更にエヴァンゲリオンMark.09がその頭部を切断したことで切断面から外部へ放出、活動を再開する。

詳細はエヴァンゲリオンMark.6の項目を参照。

関連記事

親記事

使徒 しと

兄弟記事

コメント