ピクシブ百科事典

マゴロク・E・ソード

まごろくえくすたーみねーとそーど

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するエヴァンゲリオン初号機の武装。ただし本編未登場。
目次[非表示]

概要

マゴロク・E(エクスターミネート)・ソードとは、エヴァンゲリオン初号機用に開発された日本刀型の近接戦兵器である。通称「マゴロックス」「マゴロクソード」。
あんたバカぁ? そんな武器TV版にも劇場版にも新劇場版にも貞本エヴァにも出て来なかったわよ!」と言いたくなる読者も多かろうが、それもそのはず、このマゴロクは設定上存在するが、最後まで映像作品に登場しなかった武装である。

初出はアニメ雑誌『ニュータイプ』1996年1月号表紙の山下いくと画のイラスト。
TV版に登場するプログレッシブ・ナイフを基に作られた所謂一種の振動剣であり、刀身に触れた物体を分子結合レベルでぶった切る力を有する。また、ATフィールドに展開させることも可能(要するに超硬いバリアを叩きつけて割ることも出来るので攻防一体と言える)。
フィギュアゲームパチンコなどでは見た目が如何にもスーパーロボットっぽくなるからか採用回数が多く、『スーパーロボット大戦シリーズ』では『α』で初採用された。

エヴァンゲリオンANIMA』においては零号機弐号機も使用している。

他にも本編未登場武器としてはガンブレード型の小型剣(脇差やマンゴーシュに当たる)カウンターソードや、より大型のATフィールド刀(柄と刀身が分けられているが太刀)のビゼンオサフネも存在する。(特に言及はされていないが、分類分けという点を考えるとマゴロク・E・ソードは所謂打刀に当たるのであろう)

なおこれらの武装は旧作エヴァの設定であるが、『スーパーロボット大戦X-Ω』では新劇版EVA初号機が追加武装として使用した。

アニメ及び劇場版本編で未登場の理由


この件について山下いくと氏はtwitterでは"監督のイメージ的にありえない剣"と語っている。
どうやらエヴァンゲリオンに剣を持たせるのはNGだったらしい。

Qの予告で8+2号機が使用していたがあれは「板野一郎さんを教師に招いてのカラーCG部のアニメ表現勉強会での課題作品みたいなもの」だったとのことで例外だったようである。

余談

名前は岐阜県関市の刀匠関孫六に因むと思われる。

なお、スパロボαで追加武装として初号機の必殺技となるのだが・・・シンジは一体ドコで居合を取得したのだろうか?しかもそれに関する描写が一切無い為、EVAで居合をやるというある意味高度すぎる技である。

関連イラスト

刀装備エヴァ初号機
黒板の初号機



関連項目

新世紀エヴァンゲリオン エヴァ EVA初号機F型装備 

居合/抜刀術 

関連記事

親記事

EVA初号機 えゔぁしょごうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マゴロク・E・ソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13306

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました