ピクシブ百科事典

シト新生

しとしんせい

TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版第1弾。
目次[非表示]

概要

第1話~第24話を再編集した『DEATH』編と、第25話をリメイク(後の「Air」)した前半部の『REBIRTH』編の2部構成。
なお、サブタイトルの「シト新生」は、DEATH&REBIRTH の直訳「死と新生」と「使徒新生」とを掛けている。
略称は「デスリバ」、「春エヴァ」など。

概要

TVシリーズ版の最終回「世界の中心でアイを叫んだけもの」人類補完計画等の伏線や謎が完全に回収されていなかった。その伏線回収の為に作られたのがこの劇場版である。
1996年4月に完全新作の劇場版を公開することを発表し、1996年11月1日に東京都内においての記者会見ではTVシリーズ総集編+第25~26話のリメイク版をセットにした完結編「シト新生」の公開を発表。ちなみに前売り券は20万枚以上売れた。

だがREBIRTH編の制作が予定より難航し、1997年の春の公開に間に合わない事が判明。総監督の庵野秀明が謝罪を行い、REBIRTH編の完全版である「Air/まごころを、君に」の公開を発表する。
夏公開予定の完全新作の劇場版はお蔵入りになってしまったものの、10年後の2007年には完全新作ともいえる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」公開された。

ちなみに現時点で「シト新生」としての映像そのものは、VHS、LD、リニューアル前のDVDにしか収録されておらず、入手困難で視聴するのは難しくなっている。
だが、2015年の夏に発売される新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX」にシト新生のHDリマスター版が収録される事が判明。気になる方はこの機会に買って見よう。


『DEATH』編

TVシリーズ(第1話~第24話)を再構成・一部修正し、新作カットが追加された総集編。
しかし時系列を無視してまとめたものであるため、TVシリーズを見ていないと本編の理解は難しい。
これは制作者も初見の者は念頭に置いておらず「一見さんおことわり」とのこと。
WOWOWでは更に修正(リマスター、21話~24話の一部映像をカット)がなされた「DEATH (TRUE)」が放映され、その後発売・レンタルされたVHSLD、初期DVDではさらにさらに編集されたの「DEATH (TRUE)2」が収録されることとなり、近年発売されているDVD版ではこの「DEATH (TRUE)2」が収録されている。
ちなみにカットされた映像は「ビデオフォーマット版」としてLDやDVDに収録されている。

『REBIRTH』編

ストーリー内容はリメイク版第25話「Air」の前半部分まで。
具体的にはEVAシリーズが上空より旋回してくるところで、主題歌である魂のルフランが流れ、スタッフロールとなる。その為弐号機と量産機の戦いは描かれていない。
量産機旋回のシーンから魂のルフランが流れ「完」となるまでの場面を劇場で観た瞬間がエヴァの盛り上がりのピーク」と評する古参のファンも少なくない。


備考

予告編1では、ベートーベンの第九の音楽に合わせてTVシリーズの映像をつなぎ合わせたものとなっている。
予告編2では、ジュゼッペ・ヴェルディ「レクイエム(怒りの日)」を使用。フラッシュカットを多用した演出となっており、また『REBIRTH』編のコンテや映像、台詞なども入っている。

なお、ニコニコ動画では、本作の予告編2のMAD動画がいくつかアップされている。

参考リンク

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 - Wikipedia
ニコニコニュース 『今夜「エヴァンゲリオン」旧劇場版地上波初放送、もう見られない幻の「シト新生」』

pixivに投稿された作品 pixivで「シト新生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 979

コメント