ピクシブ百科事典

タグ付け戦争

たぐづけせんそう

タグ付け戦争は作品に付けるべきタグを巡って繰り広げられる「タグ付け」「タグ削除」「再タグ付け」の不毛な争いである。
目次[非表示]

概要

 これはpixivなど、タグで作品を管理するサイトにて、タグの編集、追加、削除あるいは置き換えなどで発生する編集合戦の一つである。
 類似した行動には同様に分類を行うカテゴリー親記事といったもの対するものなどが存在する。

詳細

 タグで作品を管理しているサイトにおいて「作品内に多くの要素が含まれている(描かれているキャラクターカップリングなど)」「異なる題材を描いた複数の作品を漫画形式などの特殊機能でまとめて投稿している」等の理由により、作品に複数のタグを付けたい場合が存在する。
 にもかかわらず、たいていのサービスにおいて、作品につけられるタグの数は制限されている。
 しかし、「絵師等が多数のタグをロックしている、あるいは属性が多すぎて他のユーザーが自由にタグを編集できない」「タグの表記ゆれの統一を試みるユーザーの存在」「感想タグネタタグを付けたがるユーザーが集まる」等の理由により発生するとされている。
 また、これらの行為が加熱するとサーバーに負担がかかる等の理由により、運営管理人等によりアカウント停止等の制裁を受ける可能性も存在する。
 また、投稿者にとっても「それらのタグが本当に望ましいものか」という点が存在する。

pixivの場合

 pixivの場合、一つの作品につけられるタグの数は10個であり、投稿者がタグをロック可能である。
 また、他のユーザーがタグの追加や削除の操作を行うと一定時間(大体5分程度といわれている)経過するまで次の操作を行えない仕様になっている。
 これらの仕様(恐らくは過去に行われた「タグ荒らし」、すなわちタグで作品や作者およびタグ自体の誹謗中傷を行う行為、の対策と思われる)のため、ある程度編集合戦は抑制されているように見える。

編集合戦

 著名なユーザーや作品であるためタグ編集を行う人数が多かったり長時間張り付くユーザーが存在する場合、「気に入らないタグを削除」して「自分がふさわしいと考えるタグに置き換える」という行為が発生する場合がある。
 特にトレパク関連やその他著作権関連でインターネット上で話題となったユーザーの作品等に(それが正しいか正しくないかにかかわらず)発生する場合がある。
 またピクシブ百科事典において各種事情により「特定のタグを使用させたくない」、あるいは「特定のタグを使用させたい」と考えるユーザーも存在していると思われ、彼らは複数アカウントを用いて工作しているといわれている
 これらの結果によりデータベースへのアクセスが増えサーバーに負担が掛かり、運営は何らかの手段をとる必要が発生する。

予防策

 これらの行為を予防するには、編集者がコメントで話し合ったり、投稿者が残すべきタグをロックし、望ましくないタグの編集を行ったユーザー(投稿者はタグの編集を行ったユーザーの数字IDが確認できる)をブロックしたり、その情報を共有したり、あまりに恣意的な場合は運営に荒らし悪質ユーザーとして通報するなどして、争いを収めることが望ましい。

関連項目

タグ 無能な働き者 無自覚な荒らし 自治厨

コメント