ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

英:Humanoid robot。人間型のロボットを指す言葉。
四肢と頭・胴体で構成された要素さえ満たしていれば、まんま機械である見た目や、人間そっくりのアンドロイドの様なものまで様々。
人のように振舞えるがデフォルメされているようなロボットも含まれる事がある。

人型ロボットの様々な言い換えとその用法

ヒューマノイドロボット英訳に同じ。主に現実におけるロボット工学などで使われる。
アンドロイド主にフィクションにおける生身に近い人型ロボットを指す。
自動人形フィクションにおける用語の一つ。
機械人形自動人形とほぼ同じ。
ロボ娘 / ロボっ娘ロボットの女の子を好む人々によるファン用語。


関連タグ

ロボット ロボット工学 ヒューマノイドロボット アンドロイド

関連動画

『日・米・韓・露』4ヶ国の人型ロボット

日本国
【Experimental Legged Robot for Inspection and Disaster Response】(2018年1月18日公開)

※本田技研工業(本社所在地:日本国東京都港区南青山二丁目1番1号)開発 二足歩行人型プロトタイプ・ロボット『E2-DR』(2017年9月に発表されたが既に開発は中止され再開の見込み無し・動画はIEEE Spectrum 公式YouTubeチャンネルより転載)

カナダ・バンクーバーで2017年9月に開催されたロボット産業関連の展示会「IROS 2017」で世界初披露された。

はしごの昇降、階段の昇降、時速4kmでの二足歩行、がれきの上での4足歩行による移動、構造物の隙間を横ばいで進み、雨天時の歩行およびはしごの昇降も可能なプロトタイプ・ロボット。

詳細はIEEE Spectrum 公式ページ『Honda Unveils Prototype E2-DR Disaster Response Robot』(外部リンク)を参照の事。

アメリカ合衆国
【More Parkour Atlas】(2019年9月24日公開)

※Boston Dynamics(本社所在地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ミドルセックス郡
ウォルサム市)開発 二足歩行人型ロボット『ATLAS』(動画はBoston Dynamics 公式YouTubeチャンネルより転載)

油圧駆動採用により同重量の人型二足歩行ロボットの電動サーボモーターの10倍強のトルクを実現。

但しボストン・ダイナミクス社の『ATLAS』は(日本含む)世界のロボット技術と比較して技術レベルが10年以上先進しており、比較・対象となる他メーカーの人型ロボットも存在しない。

詳細はBoston Dynamics 公式サイト『Atlas®』(外部リンク)を参照の事。

大韓民国
【DRC 2015 Team KAIST Full Video】(2015年6月16日公開)

※韓国科学技術院(本部所在地:大韓民国大田広域市儒城区)開発 二足歩行人型ロボット『DRC-Hubo』(DARPAロボティクス・チャレンジ2015年6月本戦23チーム中1位優勝・動画は公式YouTubeチャンネル『HuboLab KAIST』より転載)

2015年6月5日から2015年6月6日まで開催されたDARPAロボティクス・チャレンジ本戦では、韓国科学技術院(KAIST)によって開発された二足歩行ロボット『HUBO+(DRC-HUBO)』が、全8種目の課題すべてに成功、最高タイムで優勝した。

詳細は韓国科学技術院(KAIST) 公式サイト『Hubo Lab @KAIST』(外部リンク)を参照の事。

ロシア連邦共和国
【Special report of Russia-24 channel: Skybot F-850 flight】(2019年8月22日公開)

※Android Technics(本部所在地:ロシア連邦共和国チェリャビンスク州マグニトゴルスク)設計 二足歩行人型ロボット『FEDOR (Final Experimental Demonstration Object Research)』(動画はロシア連邦宇宙局Roscosmos YouTubeチャンネル『Roscosmos Media』より転載)

2019年8月22日、『FEDOR』搭乗のソユーズMS-14搭載型ソユーズ 2.1aロケットがバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げ。

2019年8月27日、国際宇宙ステーション(ISS)ズヴェズダ側ドッキングポートとソユーズMS-14側クルス自動ドッキングシステム間のドッキングに成功。

2019年8月30日、ISSにおいて『FEDOR』の遠隔操縦試験を実施。

2019年9月6日、『FEDOR』搭乗のソユーズMS-14帰還モジュールが国際宇宙ステーション(ISS)から分離、地球へ向けて降下を開始。

2019年9月7日、『FEDOR』搭乗のソユーズMS-14大気圏突入カプセルが指定地域への地上降下に成功、地球帰還の目標を無事に達成。

詳細はIEEE Spectrum 公式ページ『Russian Humanoid Robot to Pilot Soyuz Capsule to ISS This Week』(外部リンク)を参照の事。

関連記事

親記事

ロボット ろぼっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「人型ロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62815

コメント