ピクシブ百科事典

9時間9人9の扉

くじかんくにんきゅうのとびら

9時間9人9の扉は、2009年にスパイクから発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。
目次[非表示]

正式名称は「極限脱出 9時間9人9の扉」

概要

脱出&サスペンスジャンルアドベンチャーゲーム。開発元はチュンソフト。発売元はスパイク。
本作のシナリオ&ディレクションは、Ever17などの『infinity』シリーズを手掛けた打越鋼太郎氏が担当した。
続編に善人シボウデスがあり、善人シボウデス(過去)の続編から刻のジレンマ(未来にて最終章)がある。

ストーリー

主人公の淳平が目を覚ますと、そこは客船の一室だった。記憶をたどってみると、自宅でガスマスクの何者かによって眠らされたことを思い出す。腕にはバングルがはめられており、なんとか部屋を脱出すると、同じような目に会っていた他の8人の男女に出くわす。そこに「ゼロ」を名乗る者からのアナウンスが響き渡る。
「このゲームはノナリーゲーム。制限時間は9時間。9の扉を開けて船から脱出せよ…」

登場人物

主人公の大学生。バングルナンバーは「5」。

淳平の小学校時代の幼馴染だった女子大生。バングルナンバーは「6」。
コートを羽織った壮年の男。バングルナンバーは「1」。
盲目の青年。四葉の兄。バングルナンバーは「2」。
銀髪の青年。バングルナンバーは「3」。
ニルスの妹。兄を慕っている。バングルナンバーは「4」。
オーバーオールを着た大男。バングルナンバーは「7」。
ベリーダンスのコスチュームを着た女性。バングルナンバーは「8」。
眼鏡をかけた男。バングルナンバーは「9」。
9人を拉致したノナリーゲームの首謀者。正体不明。

関連イラスト

999
999クリア記念


9時間9人9の扉


関連タグ

チュンソフト
極限脱出 善人シボウデス 刻のジレンマ

pixivに投稿された作品 pixivで「9時間9人9の扉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221808

コメント