ピクシブ百科事典

無明三段突き

むみょうさんだんづき

『コハエース』や『帝都聖杯奇譚』、そして『Fate/GrandOrder』に登場するサーヴァント、沖田総司のスキル及び宝具。
目次[非表示]

「我が秘剣の煌めき、受けるが良い!」

無明三段突き(むみょうさんだんづき)

「一歩音超え、二歩無間、三歩絶刀……!」 『無明三段突き』!

『平晴眼』の構えから踏み込みの足音が一度しか鳴らないのにその間に3発の突きを繰り出す(即ち目にも止まらぬ速さで、相手は一突きもらったと思った瞬間、既に三度突かれていた)、秘剣『三段突き』。超絶的な技巧と速さが生み出した、必殺の『魔剣』。
平晴眼の構えから“ほぼ同時”ではなく、“全く同時”に放たれる平突きで、放たれた『壱の突き』に『弐の突き』『参の突き』を内包する。放たれた三つの突きが“同じ位置”に“同時に存在”しており、この『壱の突きを防いでも同じ位置を弐の突き、参の突きが貫いている』という矛盾によって、剣先は局所的に事象崩壊現象を引き起こす。事実上防御不能の剣戟であり、また結果から来る事象崩壊を利用しての対物破壊にも優れる。

簡単に言うと『燕返し』を三つに纏めた結果に起きるタイムパラドックス的なSF理論問題を利用した何か……の様なものだろうか。
もしくは牙突三重の極み
具体的な事は、多分経験値氏しか分からない

史実での『三段突き』による別説では、「頭・喉・みぞおちの急所三か所を素早く突く動作」の説も伝われており、矛盾を逆に犯さずに別々に分けて突けば、それも原理的には可能と言えるのではないかと思われる。
なんにせよ、それも経験値氏しか分からない


なお無明とは「煩悩(ぼんのう)にとらわれ、仏法の根本が理解できない状態」を指す単語にあり、複雑にもある意味、彼女を示していると言えるのかもしれない。

Fate/GrandOrder』においての性能

  • 無明三段突き
  • 種別:対人魔剣
  • 最大補足:1人

この作品における桜セイバーの宝具として採用。
カードの種類はQuick。性能は【敵単体に超強力な防御無視攻撃[Lv.1]&防御ダウン大(3ターン)<オーバーチャージで効果UP>】となっており、防御ダウンの効果もなかなか大きく、宝具後の追撃を強化することにもなる。
実装当時、単体攻撃型の宝具を持つセイバーは彼女の他にはカエサルしかいなかったこともあって、多くのマスターが彼女を引こうと躍起になったとされる。
一時は見た目としては牛若丸の宝具に近いと言われたこともあるとか。

関連タグ

帝都聖杯奇譚/コハエース Fate/Grandorder 桜セイバー 宝具

pixivに投稿された作品 pixivで「無明三段突き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31573

コメント