ピクシブ百科事典

安珍清姫

あんちんきよひめ

和歌山に伝わる伝説。
目次[非表示]

和歌山県に伝わる「安珍・清姫伝説」のこと。
歌舞伎浄瑠璃の演目「道成寺」で有名。

概要

 「伝承」なので異同も多いが、一般的には以下のような内容とされる。

 奥州の僧侶安珍は熊野参詣の途中、宿を借りた真砂の庄の司・清次の娘である清姫に迫られ、「参詣の帰りに寄る」と約束する。しかし、参拝を終えた安珍は真砂を素通りし、裸足でボロボロの状態で追ってきた清姫にも「人違い」と嘘をつき、更には熊野権現に祈願して彼女を金縛りに遭わせる。
 怒りに身となった清姫は逃げる安珍を追い、彼の隠れた道成寺の鐘に巻きついて彼を焼き殺し、自らは蛇身のまま入水する(鐘は溶けたとも)。
 その後、蛇道に転生した二人が道成寺住持のに現れて供養を頼む。そこで法華経供養を行うと、天人となった二人が夢に現れ、熊野権現と観音菩薩の化身であった事を明かしたという。

バリエーション

『大日本国法華験記』・『今昔物語集』

『大日本国法華験記』は、この伝承の最も古い記録。
上記の内容とは主に次の点で異なる。

  • 登場人物の名前は記されていない。
  • 安珍にあたる僧の熊野詣に老僧が同道している。
  • 清姫にあたる女性は寡婦で家長。
  • 女は騙されたと気づいて一室に篭り、法華験記ではそのまま、今昔物語集では頓死した後、大毒蛇になる。
  • 僧を焼き殺した後の蛇の行方は描かれていない。
  • 僧だけが夢に現れ、法華経の書写を頼む。
  • 供養の結果、女は忉利天、僧は兜率天に転生する。

『道成寺縁起絵巻』

上記の内容とは主に次の点で異なる。

  • 人物名は、清次の他は記されていない。
  • 清姫にあたる女性は清次の「娵(嫁)」。
  • 僧を焼き殺した後の蛇の行方は描かれていない。
  • 供養の結果、女は忉利天、僧は兜率天に転生する。

『日高川草紙』

上記の内容とは大幅に異なる。
 三井寺の僧・賢学は、遠江国橋本宿の長者の娘と結ばれることを夢で神に告げられる。その地を訪れた彼は、修行の妨げとなることを恐れ、長者の娘である幼い花姫を刺して逃げる。
 約十年後、清水寺に参った賢学は、そこで一目惚れした娘と結ばれる。しかし、彼女が一命を取りとめ美しく成長した花姫であることに気づくと、因縁の恐ろしさを感じ、彼女を捨てて熊野へ向かう。花姫は彼を追うが、賢学は更に逃げ、ついに彼女は日高川を越えるために蛇となり追いすがる。とある古い寺に逃げこんだ賢学は鐘の中に匿われるが、蛇と化した花姫は巻きついて鐘を壊し、賢学を引きずりこみながら川へと沈んでいった。その後、僧たちは二人のために念仏供養を行ったという。

その他

その他のバリエーションとしては、

  • 僧が幼い娘と戯れに結婚の約束をしたのが原因だったり、
  • 娘の親が僧について冗談で将来の夫と教えていたのが原因だったり、
  • 女が、僧が熊野参詣の定宿としていた家の娘だったり……等々。
また、清姫の故郷では、幼い清姫が一目惚れの後に身投げした(男を追いかけたり殺したりしていない)という伝承もあるという。

後日談

 安珍・清姫の出来事から400年余り後の正平14年(1359年)、道成寺で鐘を再鋳し鐘供養を行っていると、一人の白拍子が現れて舞を披露したが、鐘に近づくと蛇身と化し、鐘を落として中に消えてしまった。この白拍子は清姫の怨霊とされる。その後、鐘の音色は悪くなり、付近に病や災いが相次いだため、鐘は山に放置された。
 それから更に200年余り後の天正13年(1585年)、豊臣秀吉による根来攻めの際、その鐘を仙石秀久が合戦の合図につかい、そのまま京都に持ち帰って妙満寺に納めたという。

関連タグ

古事記 今昔物語集 雨月物語 まんが日本昔ばなし 清姫(Fate)
妖怪 白拍子 怨霊 魑魅魍魎 陰陽座 ヤンデレ 一目惚れ

pixivに投稿された作品 pixivで「安珍清姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68520

コメント