ピクシブ百科事典

ファラリスの雄牛

ふぁらりすのおうし

古代ギリシアの拷問および処刑器具である。 受刑者は悶え苦しみながら死んでいくため非常に残酷な刑具として知られる。

概要

新たな死刑の手法を欲しがっていたシチリア島アグリジェントの僭主であったファラリスアテナ真鍮鋳物師であったペリロスが献上したもの。
真鍮製の雄牛の像で中が空洞になっており、人間が一人入るスペースがある。
更に雄牛の口にはトロンボーンのような機能を持った管があり内部の空洞と繋がっている。

背中の扉から受刑者を閉じ込めて下から火で加熱すると内部の温度は450度まで上がり、火事と違い煙が出ないため死ぬ最後まで意識を失わず、焼けた空気から逃れるため外と繋ぐ管から必死に呼吸をしようとして牛が鳴くような音を鳴らすのだという。
(ちなみに普通の火あぶりでは炎によるショックで死ぬより前に煙で気絶し窒息死する。)
いうなれば人間を死ぬまで意識を持たせたままオーブンの中で焼き、苦悶の絶叫も牛の鳴き声に変えるという非常に悪趣味な刑具である。

最初の犠牲者は製作者のペリロス自身でこの刑具の実験台にされた。
そしてファラリス自身もまた僭主を追われこの雄牛の中で焼き殺されたと伝わる。

関連項目

拷問 処刑 鬼畜

  • 安珍清姫
    • 日本の伝承。美貌の青年僧が美女に惚れられてしまい、嘘をついて美女から逃げようとした結果、嫉妬に狂った美女が火を吹く蛇に変化し、難を逃れるためにこもった梵鐘ごと焼かれてしまう。ある意味、日本版ファラリスの雄牛。

pixivに投稿された作品 pixivで「ファラリスの雄牛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 374985

コメント