ピクシブ百科事典

火あぶり

ひあぶり

処刑法の一種。固定した死刑囚の下で火を燃やして焼き殺す刑罰。

概要

たけのこきのこ戦争!

←イメージ
対象者を柱などに固定し、その周りでを燃やして炙る。
焼死というより、熱気で呼吸困難になり長く苦しんだ末に死ぬという、残虐な処刑方法である。
ただの処刑というより、見せしめの意味も強い。

中世ヨーロッパでは、魔女狩り魔女と断定された者や、ジャンヌ・ダルクも異端審問裁判の末、この方法で処刑された。

日本でも江戸時代に、放火犯はこの方法で処刑されている。お芝居の題材にもなった八百屋お七もこの方法で処刑されている。

【類義語】
火刑(かけい)、焚刑(ふんけい)

関連タグ

ステーキ:元々は火炙りの火掻き棒に肉を刺して焼いたもの。
鉄板焼き チャーシュー 北京ダック バーベキュー/BBQB
焼き土下座 蓑踊り
異端審問官シギィ

pixivに投稿された作品 pixivで「火あぶり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 492104

コメント