ピクシブ百科事典

人王ゲーティア

じんおうげーてぃあ

人王ゲーティアとは、『Fate/Grand Order』で登場した人物。
目次[非表示]

この項目にはスマートフォンアプリゲーム『Fate/Grand Order』の第一部全体に及ぶ核心的なネタバレがあります。






















人王ゲーティア

無題



宝具

「主よ、生命の歓びを」

保有スキル

スキル名備考
十の王冠
賢者の智慧
愚者の智慧


我が名はゲーティア。人理を以て人理を滅ぼし、その先を目指したもの。
誰もいない極点。…誰も望まない虚空の希望(ほし)を目指し続けたもの。
私はいま生まれ、いま滅びる。何の成果も、何の報酬もないとしても。
この全霊(いのち)をかけて、おまえを打ち砕く。
———我が怨敵。我が憎悪。我が運命よ。どうか見届けてほしい。この僅かな時間が、私に与えられた物語。
この僅かな、されど、あまりにも愛おしい時間が、ゲーティアと名乗ったものに与えられた、本当の人生だ。

真の魔術王ソロモンの第一宝具により、
存在の基盤としての「七十二の魔神を束ねる魔術式」としての在り方を喪失した後に僅かな時間だけ見せた姿。

人類最後のマスターに敗北し、魔神柱が全て崩壊した後、「魔神王ゲーティア」としての残滓が人間の精神性を理解し、僅か5分の有限の命を得て、自らの意思で立ちふさがる。
光帯が消え神殿も崩壊し始めた今、この行動は最早無意味に等しかった。
つまり魔神王であったゲーティアなら取らないはずの行動だったが、敗北後に人間の精神性に目覚めた彼は勝ち逃げを許さず、敢えて消滅寸前の身体で待ち伏せに挑む。

もはや魔神としての形は無く、無残に崩れ去るのを待つばかりの人間の身体。右腕も無く至る所にヒビが入り、ボロボロになっている。
しかし、その表情は何処となくソロモン、Dr.ロマンに似ており、憑き物が落ちた様に穏やかなものになっていた。

多くの魔神は燃え尽き、神殿は崩壊した。我が消滅をもって、人理焼却も消滅する。
────だが………最後の勝ちまでは譲れない………!!
始めよう、カルデアのマスター………お前の勝ち・価値を、私の手で焼却する………!!

意地


そして新生を経て漸く得たただ1人の理解者を相手に、獣ではなく人として、十の指輪と共に無意味な、されど決して無価値ではない最終決戦に挑む。

―――刻一刻と崩れていく身体。一秒、一瞬、その全てが愛おしい。
だがそれを悔やむ間もなく、眼前の最大の好敵手とぶつかり合う。

今できることすべてを込めたその果てと途上に、短くも面白い「人生」を噛み締めながら。




―――主よ、生命(ひとののぞみ)の歓びを。












禁忌降臨庭園セイレム』ネタバレ注意!
ゲーティアから離脱した最後の魔神柱、ラウムからある情報が語られた。
ゲーティアには唯一信頼した英霊がおり、それがシバの女王だったという。どういう意味で信頼してたのかは、現時点では定かではない。








第2部『Cosmos_in_the_Lostbelt』ネタバレ注意!









配信が開始された第2部のPVの語り手は「魔術王ソロモン」の名を名乗っているが、その声は間違いなく彼のものである。

なぜ、彼が再び顕れることとなるのか。なぜ、再びソロモンの名を名乗る必要があるのか。
全てが崩壊し、残されたものは玉座と指輪のみになった時間神殿から指輪の一つを何者かが回収していったがその行方は定かではない。

そして語られた内容は新たなる脅威を告げ、かつて自身を破った人類最後のマスターを嘲るような口ぶりでありながらあの時と同じようにただ生きる為、「まだ終わらない」と「本当の闘いはこれからだ」と叫び、そして抗えと激励しているようにも聞こえるものであった。

全ては新たな聖杯探索の中へ――。

pixivに投稿された作品 pixivで「人王ゲーティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20802

コメント