ピクシブ百科事典

甘粕正彦(相州戦神館學園八命陣)

あまかすまさひこ

甘粕正彦とは、相州戦神館學園八命陣および万仙陣の登場人物。
目次[非表示]

概要


CVヘルシー太郎/伊藤健太郎(CS版)
身長:?(190cmの神野とほぼ同じだと思われる)
体重:?

相州戦神館學園八命陣及び相州戦神館學園万仙陣の登場人物。
現実世界では大日本帝国特高警察憲兵大尉、麹町憲兵分隊長を務める男。辰宮百合香などからは甘粕大尉と呼ばれる。
長髪で、各所の意匠が金色の戦真館のものに似た軍服を着用し、白いマントを羽織った若い男性。
刀身が黒い軍刀を携えている。

べんぼうの神野明影の主であり、なおかつ裏勾陳の百鬼空亡を喚び寄せた存在。唯一空亡の攻撃対象にならず、ある程度制御することができる。また、べんぼうと同盟関係にある逆十字の首領・柊聖十郎とも事実上の同盟関係にある。

テーマ曲は「PARAISO」及び「アラヤ」

モデルは実在した大日本帝國憲兵大尉の甘粕正彦

↓以下ネタバレ注意

























 相州戦神館學園八命陣ラスボス
 その正体は柊四四八と同じく、邯鄲を統べる盧生である。誰よりも最初に邯鄲へと足を踏み入れ、その驚異的な意志力と勇気を以って邯鄲を制覇した、最初にして最強の盧生。
 最初は邯鄲法を研究していた聖十郎のモルモットとして邯鄲に関わったが、見事盧生として聖十郎の術に適合。その後、余生が長くない聖十郎の為に少しずつ夢を現実に持ち帰りながら攻略を進め、現実時間で10年かけて単独で邯鄲を制覇した。
 なお、物語開始時点で邯鄲を制覇した盧生は彼一人のみである。前人未到、すなわち何の知識もない状態から踏破した尋常成らざるその意志力から、二番目以降の邯鄲攻略者が現れてもまず彼には敵わないだろうとされている。

相州戦神館學園八命陣では、主に中盤からの登場となり、物語終盤から本格的に四四八たちの前に姿を現し、最終決戦で柊四四八と激戦を繰り広げる。

相州戦神館學園万仙陣では、柊聖十郎との出会いや(柊四四八の)邯鄲一周目における甘粕の動向を知る事ができる。また、最終決戦では時を超えて登場し、ラスボス黄錦龍を打倒するべく、柊四四八やクリームヒルト・ヘルヘイム・レーベンシュタインと手を組み、三大盧生の力で以って万仙陣崩しに挑む。

人物

八命陣の作中で起こった事のほとんどの発端を担っており、諸悪の根源。
しかし、基本的に彼自身の思想は善人的であり、四四八が戦真館の教えの中で最も気に入った「戦の真」と同じく 「我も人、彼も人。故に平等、基本だろう」 と語るなど、倫理・人道に厚い人格者である。
愛や勇気などの「人間の輝かしさ」を心から愛しており、そういったものを示す人物には心からの尊敬を抱く。しかし、邯鄲におけるループの中において、高度文明化された社会では「愛も勇気も覚悟も無い堕落した存在」が世界に溢れかえっているのを目撃してしまい、甘粕は深く嘆き悲しんだ。



 上記の事から思想そのものはまさに人格者なのだが、問題はその上で「人の素晴らしいところを滅ぼしたくない」という願望、欲求に対し積極的な事である。
 彼曰く「魔王として君臨したい」
 甘粕の望みは「自身が脅威として君臨し、神話級の天変地異が常に発生し続ける過酷な世界の中で、人々が勇気と愛と覚悟を胸に抗う姿を見る事」である。
 それを実現する為に、盧生を大量に見出して世の人々全てをその眷属として接続し、人類全員を邯鄲に叩き込む。そして、人々が立ち向かうべき試練と立ち向かう為の力を与え、人の勇気を絶やさない世界、彼の望む楽園(ぱらいぞ)を顕現させようとした。

続編の万仙陣では、最終決戦にて過去から時間を超えて乗り込んできてしまった。
柊四四八に対する知識は殆ど無いものの、「未来の自分が認めた漢」として四四八のことを認め、それを以って「我がぱらいぞの萌芽はいたるところに」として歓喜。
さらには傍迷惑な事にこれからも未来干渉によってありとあらゆる人類の転換期に現れ、人の勇気と愛を鑑賞しに来ると宣言してしまった。


 基本的な倫理観を弁えてるにも拘らず、作中の凶行を起こしているので非常に快楽主義的。
一方で刹那的な性格でもあり、「興が乗った」「ついついやり過ぎた」等、その場の「ノリ」で自身の目的すら御破算にしてしまう事も。

 逆十字の首領である柊聖十郎とは主と眷属の関係だが、甘粕本人は聖十郎のことを「親友」と呼び、どこまでも生に執着し努力を怠らない聖十郎を尊敬している


聖十郎から見れば甘粕は当初は邯鄲法のモルモットに過ぎず、「羨ましがる」対象であり屈辱を晴らしたい憎い相手であり、親友などとは欠片も思っていない。
 神野明影百鬼空亡の二柱の廃神は、甘粕が盧生としての力を使い、ぱらいぞを創り出すための「脅威」として慎重に吟味しつつ呼び寄せた存在。
口が利ける神野とは趣味嗜好が正反対ながらも良好な関係を築いており、仲の良い上司と部下のような感じである。作中では会社の会議で企画を練るかのように 登場人物たちを苦しませるための方法論などについて楽しげに相談している。

 一目見て「こいつラスボスだ」と分かるレベルの凶悪な顔つき、ドスの利いた声など、第一印象ではどう頑張っても善人には見えない。
最終決戦で瀕死になると「諦めなければ夢は必ず叶うと信じているのだァッ!」と、まるで主人公のような台詞を叫んで奮起しており、魔王でありながら勇者やバカと形容される人物である。
 また、声はヘルシー太郎氏の演技が光っており、特に技名を叫ぶ際にいちいち気合いを入れすぎる癖がある。だがそれがいい。

能力

 邯鄲の夢において長じる資質は創法の形・咒法である。
戦艦伊吹のような巨大構造物から、リトルボーイツァーリ・ボンバのような核兵器、果ては近未来の宇宙兵器であるロッズ・フロム・ゴッドといった高度な知識と精密に創り出す事が求められる物体を一瞬で創形可能。
 魔王を自称し、「人の勇気を絶やさぬ為に人々に試練を与える」という価値観から、相性の良い存在の属性は「審判」「裁き」であり、神話において災害や厄災を引き起こす破壊神・邪神・悪神などといった様々な神話の最高神クラスに匹敵する存在の召喚を得意としている。
意志力については阿頼耶識から「ありえない」と称されるほどのものを持ち、「一人で全人類と戦える」との事。

創形


急段


終段




関連タグ

軍人
勇者
馬鹿
魔王

pixivに投稿された作品 pixivで「甘粕正彦(相州戦神館學園八命陣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230279

コメント