ピクシブ百科事典

目次[非表示]

生涯

1891年1月26日、宮城県仙台市で宮城県警の刑事の子として生まれた。甘粕家は米沢上杉家の家臣で、祖先は上杉謙信上杉景勝に仕えた武将・甘粕景持
1912年に陸軍士官学校を卒業したが、ひざの怪我を理由に歩兵科から憲兵科への転科で迷い、上官である東條英機の助言で憲兵となり、1921年には大尉となって麹町憲兵分隊長となった。
1923年、関東大震災の混乱時、甘粕は無政府主義者の大杉栄に妻の野枝、さらに甥の橘宗一を本部に強制連行して厳しい取調べの末に死に至らしめ、遺体を遺棄したとされる(甘粕事件)。軍事法廷で裁かれ禁固10年の判決を受けた。ただし、この事件には捜査過程も含めて疑わしい点が多く、甘粕が実際に関与していたのかどうかも含めて、左から右まで異論が唱えられている。
1926年に仮出獄して予備役となり、フランスに留学。1930年に満州に移り、南満州鉄道の職員となったが、関東軍特務機関長の土肥原賢二大佐の指揮の下、特務工作員としての暗躍を始める。
1931年の満州事変の時は奉天に潜入して、中国人の仕業に見せかけた爆弾テロを起こし、紫禁城を追われて幽閉されていた溥儀を脱出させた。
翌年の満州国建国では警務司長に就任し、満州協和会理事や中央本部総務部長などを歴任。その一方で、満州国が裏で主導していたアヘン売買を主導していたとされる。1939年には満洲映画協会(満映)理事長に就任した。
1945年8月8日にソ連が対日参戦し、8月15日には玉音放送日本敗戦。甘粕は満映の敗戦処理を行ったのち、8月20日に服毒自殺した。享年54歳。

人物・評価

日本・日本軍・関東軍の傀儡国家であった満州国。その中で怪しい経歴を持った甘粕も満州を裏から支配した人物の一人として見られているが、一方で硬骨漢的な言動から関東軍から煙たがれており、同じ日本人からも冷遇されていた。満映所属の満州人や中国人からは分け隔てなく接したことから好意的な印象を持つ人物も多い。森繁久彌などの人物に満州を素晴らしい国家にしようという理想を熱く語って酔いしれていたと言う。

時代の混乱期に、歴史の裏舞台で様々に怪しく暗躍していたことから、この時代を扱った歴史作品では主人公にとって敵にも味方にもなる怪しい人物として登場する。

関連タグ

昭和 日本軍 関東軍 憲兵 満州国

坂本龍一 映画『ラストエンペラー』にて甘粕正彦役を演じている。
甘粕正彦(相州戦神館學園八命陣):当項目の人物を、ゲームメーカー「light」のゲーム「相州戦神館學園八命陣」におけるラスボスに据えたキャラ。同作品のライターによる前々作「Diesirae」でも彼と同じように実在の人物超のつく魔人となって大ボスを務めている。

関連記事

親記事

大日本帝国陸軍 だいにほんていこくりくぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甘粕正彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16411

コメント