ピクシブ百科事典

旧ビースト

きゅうびーすと

『Fate/prototype』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

概要

Fate/Prototype』及びその派生作品に登場するビーストクラスサーヴァント

ヨハネの黙示録」に登場する「黙示録の獣」であり世界に災いをもたらす悪しき存在。東京地下の大聖杯内部にて蠢くどす黒い影の正体。かつて愛歌が旧ライダーのマスターである伊勢三杏路に埋め込んだ欠片ですら恐ろしく強烈な呪いを発している危険な存在。

マスターはかつての旧セイバーのマスターである沙条愛歌

その外見は上記の「黙示録の獣」の伝承上の姿に瓜二つであり、正に世界を喰らう獣そのものである。
その本質は人間の悪意等が結集した存在である為、英霊どころか生物ですらない、言うなれば「世界を蝕む悪しき呪いの集合体」。
明確な自我や知性を獲得している訳では無いが、世界に生まれ落ちたいと言う欲望や最低限の思考能力等は持ち合わせており、マスターである愛歌に忠誠を抱いている他、彼女との意思疎通も可能。

誕生の背景

元々『Prototype』世界における聖杯戦争の発端は、聖堂教会枢機卿の1人が極東の地で奇跡を再現させようと秘密裏に模倣聖杯を持ち出した事。魔術師達は聖杯こそが根源への道と吹き込まれて集められ、利用されていたに過ぎなかった。

本来の利用目的も、サーヴァント達を召喚する為の「小聖杯」・人々の想念を集める「地下大聖杯(セイントグラフ)」・「召喚された7人のサーヴァントの魂」の3点を呼び水として使って更なる高位存在を呼び出す事であり、枢機卿も聖杯が起動した暁には東京は聖都として生まれ変わる、と確信していた。

しかし、実はこの聖杯、「溜めこんだ人間の欲望や悪意を用いて『黙示録の獣』を呼び出し、世に災いをもたらすことで、逆説を以て失われた主の愛を証明する」と言うとんでもない目的の為に作られていた。

要するに、冬木の聖杯が途中で汚染されて「人を呪う泥」を生み出すことになってしまったのに対して、こちらは初めから濁っていたのである。

各作品での動向

Fate/Prototype

設定のみだが、同作終盤では愛歌をマスターとして、8年前の聖杯戦争で召喚されたサーヴァントの黒化版6騎と共に現界するとの事。

Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ

最終第5章にて誕生経緯が語られている。愛歌がセイバーの「故国ブリテンの救済」と言う「過去を変えなければ叶わない」願いを叶える為の存在として受肉を試みた。
そもそも、『Fate/Grand Order』で語られた様に、どれほどの大義があろうと「既に定められた正当な歴史」を歪める事は「人類史全体の崩壊」に繋がりかねない行為であるが、愛歌はそれを承知しており、むしろ「ブリテンが滅びたと言う過去を覆す為に人類史を喰らい尽くしてくれる存在」を求めてビーストを目覚めさせようとしていた。

セイバー以外のサーヴァント6騎の魂と凄まじい数の少女達の生贄(=セイバーの魂の代用品)によって不完全ながら自我と肉体の獲得に成功。最後に沙条綾香を喰らう事で完全に世界に生まれ落ちようとしたが、セイバーが綾香を救出した上に愛歌を裏切り殺害したことで試みは頓挫した。
その後は「ママ」である愛歌を失った事で暴走、無理矢理現界して不完全ながらも絶大な力で暴れまわりセイバーを追い詰めたが、最終的にはセイバーの宝具で焼き払われた。しかし完全には消滅しておらず、『Prototype』や『Labyrinth』等の関連作品に登場する事になる。

劇中の文にて雑誌連載時は「第四の獣」、「災厄の獣」と言われているため『Grand Order』に登場するビーストⅣと何らかの関係性を匂わされていたが、単行本では「第六の獣」へと訂正されている。
もっとも旧約聖書の一書であるダニエル書に書かれるローマ帝国を意味している「第四の獣」という意味で言われた可能性もあるため現状詳細は不明。
ビーストⅥの最有力候補であるバビロンの大淫婦の関連性も強くなっているが……。

Fate/Labyrinth

愛歌が異世界に移動してしまったことに気付いて世界の壁を越えて彼女に干渉、彼女を強引に元の世界へ引き戻した。

Fate/GrandOrder

直接の出番は無いが、Prototype本編の戦いを終えてアヴァロンへと至った旧セイバーへ旧マーリンが他のビーストの話をした際に『原種』と言う言葉が出て来たことから、旧ビーストが他のビーストの模倣体または劣化体である可能性が出て来た。
その為、ビーストが1体でも顕現した世界には残りの6体も顕現するというビーストの性質に旧ビーストが当てはまらない可能性も考えられる。
旧セイバーはイベントシナリオ上で「LとR」という意味深な発言をしており、後にその意味が判明した。どうやらアーサーが追跡しているビーストはビーストⅢ/Rのように一つのナンバーを複数の個体で共有する対の概念を持つ個体である模様。

関連タグ

Fate/Prototype Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ
Fate/Labyrinth Fate/GrandOrder
サーヴァント ビースト(Fate) 黙示録の獣

大人の事情/きのこラック:設定が二転三転し、『GrandOrder』で摺り合わせを行うことになった現状に関して

コメント