ピクシブ百科事典

伊勢三杏路

いせみあろ

伊勢三杏路とは、『Fate/Prototype』シリーズの登場人物。長らく「伊勢三少年」と呼ばれていた。
目次[非表示]

概要

Fate/Prototype』及びその前日譚『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』の登場人物。

病弱……と言うより半死半生の少年。しかし、それ程の境遇に遭いながらも自分の運命や周囲の人間を恨まないどころか世界中の人間の幸福を願うと言う精神性を持ち、その姿はまるで聖人の様。

長らく「伊勢三少年」と言う仮称で呼ばれていたが、『蒼銀のフラグメンツ』最終第5巻の書き下ろしエピソードにて本名が判明した。

関連人物

フラグメンツ

伊勢三玄莉
『フラグメンツ』のライダーのマスターであり、父親。
向こうからは利用価値は魔力のみと言う冷淡な印象を向けられている。

ライダー(フラグメンツ)
伊勢三玄莉のサーヴァントだが、玄莉の行いや人間性に対して憤っている。
一時は玄莉を含めた伊勢三一族の抹殺も考えていたが、杏路の聖人の如き精神性を目の当たりにした事で彼にかつての友の姿を重ね、思いとどまった。

沙条愛歌
旧セイバーのマスターで規格外の能力の持ち主。
彼女が伊勢三一族の拠点を襲撃した時に偶然杏路を見つけてその精神性に興味を持ち、「ビーストの欠片を埋め込まれてなお30分誰も憎まなければ助ける」と言う最悪の所業を行い、元々病弱だった杏路の寿命を更に削った。

Prototype

旧ライダー
杏路のサーヴァント。杏路が「幸福だった英雄」を望んだことで召喚され、契約した。
互いにかけがえのない友人となり、杏路は死の間際に令呪を全て使いライダーを受肉させた。
しかし、ライダーは杏路の過酷な境遇及び彼に何一つ報いなかった世界に対しての憎悪を募らせ、「杏路を蘇らせて人並みの幸福を与える」と言う望みの為、無関係の人間の大量虐殺も厭わない程に暴走してしまう。

関連タグ

Fate/Prototype Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ

クラウディア・オルテンシア(銀髪に金色の目、病弱だが聖人の如き精神性を持ち、共通点が多い)

pixivに投稿された作品 pixivで「伊勢三杏路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 900

コメント