ピクシブ百科事典

遠坂夫婦

とおさかふうふ

遠坂夫婦とは、『Fate/zero』に登場する遠坂時臣と、その妻である遠坂葵(旧姓:禅城)がメインのイラストに使用されるタグ
目次[非表示]

概要

二人が結婚したのは本編より九年前、遠坂時臣が「配偶者の血統の能力を最大限引き出した子を成す」という禅城の体質に目を付けたことがきっかけだった。
若き魔術師である時臣のプロポーズを受け、葵は遠坂家に輿入れをする。

葵は神秘的なもの・雰囲気・場所を好み、魔術師の価値観にも一定の理解を示している。
時臣の魔術師としての冷酷な価値観も全て理解したうえで盲愛しており、著者の虚淵玄をして空の境界黒桐幹也に通じるものがあると語っている。(曰く「女コクトー」)
また奈須きのこは、「時臣の最大のラッキーって葵さんと出会えたコトじゃね?」とも言っている。
(関連して「雁夜の最大のアンラッキーって葵さんが幼なじみだったコトじゃね?」とも)
遠坂家に輿入れすることを幸福に感じており、時臣の判断によって桜と引き離された時も覚悟というよりも諦観であった。

時臣は雁夜と対峙した際、葵について「母体として優秀すぎた」とだけ言っていたが、内心で雁夜を「恋敵」として認識していたことから、夫としての愛情はある程度は抱いていた模様である。
また2009年のコンプエース2月号付録のドラマCD「迷わぬ人々」では、迷子になった凛を捜索していた筈がいつの間にかデートに発展し、夫婦仲の良好さを読者に存分に見せつけてくれた。

娘たちについて

禅城の家系は「配偶者の血統の能力を最大限引き出した子を成す」という特殊な体質であり、遠坂凛間桐桜が時臣を遥かに凌ぐ素質を持って生まれたのは、葵のお陰である。
しかし姉妹の両方ともが才能があり過ぎたため、本人が家門の加護を得ない限りは怪異が寄って来るか、保護を名目に魔術協会にホルマリン漬けにされるだろうという事態に陥ってしまう。
詳しくは遠坂時臣の項目を参照。
ちなみに何故二人も子供を作ったのかというと、虚淵氏によれば
「たぶん出生当時の凛には何かしら夭折を危惧させるものがあったんでしょうね。だから時臣も慌てて葵さんにワンモアセッ(以下略)」

関連タグ

Fate/zero 遠坂時臣 遠坂葵 遠坂親子

pixivに投稿された作品 pixivで「遠坂夫婦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 497637

コメント