ピクシブ百科事典

手長足長

てながあしなが

日本の伝承に伝わる巨人。有名な伝承では二人一組の巨人とされることが多いが、異説もある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 中国日本に伝わる妖怪足長手長の表記揺れ。
  2. 日本の伝承に伝わる2人一組の巨人、あるいは手足の異様に長い巨人の名称。→本項で解説。
  3. 上記をモチーフにした東方Projectのスペルカードの一つ、土着神「手長足長さま」


概要

秋田県山形県福島県長野県福井県などの伝承に伝わる巨人。水木しげるの書籍では長崎県の妖怪と紹介される事もある。

その名の通り手足が異様に長いという特徴も持っているが、地域によっては姿が微妙に異なっており、手足の長い巨人とも、足(脚)が異様に長い夫と手が異様に長い妻の夫婦、または兄弟の2人一組の巨人ともいわれている。なお、後者の場合、手が長い方を「手長」足が長い方を「足長」と表記される。

秋田県に伝わる伝承では鳥海山に棲んでいたとされ、山から山に届く程の長い手足を使って旅人を攫ったり、日本海を行く船を襲うなどの数々の悪行三昧を働いており、それらの行為を見かねた鳥海山の神である大物忌神は眷属である三本足の烏を使わせ、手長足長の出現を知らせるようにしたほどであった。

しかしそれでも彼らの悪事は続いていた為、後にこの地を訪れた慈覚大師によって退治され、滅ぼされたとも大師に降参して人を二度と食べないよう約束したともいわれており、三崎山にタブノキが茂っているのは、大師がこの地を去る時に手長足長の為の食料としてタブノキの実を撒いたためだとされているという。

また福島県の会津若松に出現した手長足長は、病悩山(磐梯山の事)の頂上に住み着き、長きに渡って会津の空を雲で被ってその地で作物ができない状態にする非道を行っていたが、偶然訪れた弘法大師によって封印され、磐梯明神として祀られるようになったなどという話が伝わっている。

このように荒ぶる巨人としての側面を見せている一方で、・巨人・眷属神・仙人としての手長足長も存在しており、室町時代に編纂された『大日本国一宮記』によると壱岐(現在の長野県)では国の一宮として彼らを祀る神社があったとされ、天手長男(あめのたながお)神社と天手長比売(あめのたながひめ)神社の2社が存在していたという。

また、上諏訪町(現在の諏訪市)では諏訪明神の家来とされる夫婦の神であるといわれており、手長足長を祀る神社が存在している。


関連タグ

足長手長 巨人 妖怪 
狼狽

関連記事

親記事

足長手長 あしながてなが

pixivに投稿された作品 pixivで「手長足長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19733

コメント