2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:三瓶由布子

概要

交響詩篇エウレカセブン』の主人公。14歳。11990年2月28日生まれ。
エウレカに誘われて加入したゲッコーステイトの新メンバー。

続編の『エウレカセブンAO』にも終盤で登場した。

アニメ本編

かつて大災害から世界を救ったとされる英雄アドロック・サーストンの息子。生まれてすぐに母親を、そして程なく父親も失い、姉のダイアン・サーストンも父を追うかのように消息を絶ったため、メカニック屋の祖父アクセル・サーストンと共に暮らしていた。
趣味はリフと呼ばれる空中サーフィンで、愛用のボードは憧れのリフボーダー、ホランドのレプリカモデル。世の中や将来のことに不満を抱きつつ、どうにもならずに足掻く普通の少年である。バイタリティはあるのだが、後先考えずに行動してしまうきらいがありそれが余計なトラブルを起こしてしまう事もしばしば。

空から降ってきた少女エウレカニルヴァーシュに出会い、転機を迎える。まだ「アレの毛」が生えていないらしく、ゲッコーステイトのメンバー(主にタルホ)やエウレカの子供達からはその事でしばしばからかわれていた。
また、他人の操縦するLFOに同乗することでひどく不快を覚えるらしく、序盤ではしばしばコックピット内で粗相をしてしまう。
以来メーテルら3人の孤児達から「ゲロんちょ」呼ばわりされ、月光号の弾道飛行時にはエウレカからエチケット袋を渡されてしまう。整備の腕は確かだが、なぜか家族揃ってピーキーに仕上げる癖がある。

序盤~中盤では子供っぽい言動が目立ち、エウレカやメンバーに感情をぶつけることもしばしばだったが様々な経験を積み徐々に成長、LFOの操縦技術も、経験とニルヴァーシュとの感応能力の高さから、エウレカに引けを取らないほどにまで上達、月光号を離れた後にビームス夫妻など様々な人に出会うことで精神的にも一回り大きくなった。
月光号に戻った後はエウレカと心を通わせていき、サバイバルも経験した終盤ではもろい部分もありながらエウレカを支えるパートナーとして、子供達の父として立派に成長した。

えうれかせぶん


(画像右の方)
容姿も少し変化しており、表情はとても凛々しく父親らしい顔をするようになったことが窺える。
また最終話の住民票(12006年4月2日発行の模様)によればエウレカと籍を入れており、16歳で三児の父親になっている(この後、更に2人増えているため実質は子供が5人という大家族となっている)。

余談だが、彼の誕生日と中の人の三瓶由布子さんの誕生日は同じ2月28日である。

漫画版

アニメ版とは若干設定が異なっており、コーラリアンに人間側の王として選ばれた存在。
打たれ強く、エウレカを守る為に銃を持った相手を倒すなど、戦闘能力はかなり高い。
この項目は書きかけです

続編『AO』

エウレカセブンAO』では、放送当初からフカイ・アオ父親候補としてファンから名前が挙げられるも、本編でその姿を表すことはなかった。ただ、アオ側の世界(エウレカ側から見て未来)とリンクしたエウレカが度々その名前を口にしており、二人が夫婦になっていることは示唆されていた。
また突如として出現したニルヴァーシュ(Mark-1)の新兵器・クォーツガンは、もともとレントンの設計したニルヴァーシュ用の兵器であることも明かされている。

レントン 2 new


……そして第22話のEDにて、前髪が白髪になったレントンが登場。
CV藤原啓治氏であり、その衣装や背格好から初見でホランドと間違えたファンもいた。22話では荒廃した世界(AO世界の未来)を彷徨いながら、エウレカのいる世界(AO世界の過去)へと飛ぶすべを探す。そしてエンディングでSpecVに酷似したニルヴァーシュspec-V3を呼び寄せ、エウレカが待つ過去を目指すべくエウレカが呼んだセブンスウェルへと飛び込んでいった。
『完結篇』では、アオが二度目のクォーツガンを撃った影響で生まれたポールライトから時空を超え、そこで初めてアオと邂逅する。
スカブが本来レントン側の世界の存在であること、そしてスカブが進化を遂げたことで「時間移動」を習得して過去に転移して「スカブバースト」の根本的な原因を生み出していたことを明かし、その責任が自分とエウレカにあると感じていた。
当初はアオに事実を告げた後に自分一人で決着を付けるつもりだったが、それを身勝手と感じたアオのMark-1と激突。当初は「アーキタイプ」(スカヴの生み出すLFOの骨格)を持つspecV-3の性能を遺憾なく発揮して圧倒するも、Mark-1に眠っていたトゥルースが目覚め形勢が逆転。アオにポールライトの中へ連れ込まれ、スカヴバーストの起きる前の磐戸島に辿り着く。そしてアオに促されてエウレカを救出し、逞しく育った息子の姿を見送りつつ元の世界へと帰った。

外部出演

ACE3』と『スーパーロボット大戦Z』では共通してガロード・ランゲイナー・サンガと親交があり、ゲイン・ビジョウにより少年恋愛団と命名された。ただし、第2次スーパーロボット大戦Zではレントンが劇場版仕様のため成立していない。

関連タグ

交響詩篇エウレカセブン
主人公 主人公補正
エウレカ ニルヴァーシュ ゲッコーステイト
少年恋愛団 世界三大恥ずかしい告白シーン
五十嵐丸太デッドマン・ワンダーランド):彼をモデルにしたキャラクター。

関連記事

親記事

ゲッコーステイト げっこーすていと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました